土壇場で底力。。第89期ヒューリック杯棋聖戦5番勝負/第4局「羽生棋聖完勝、決着は最終戦へ」 | 柔らかい手~個人的将棋ブログ
2018年07月10日

土壇場で底力。。第89期ヒューリック杯棋聖戦5番勝負/第4局「羽生棋聖完勝、決着は最終戦へ」

テーマ:ブログ

第89期棋聖戦中継サイト
中継ブログ

 

前人未到の11連覇を目指す羽生善治棋聖に

豊島将之八段が挑戦する、第89期棋聖戦5番勝負。

 

ここまで3局を消化し、豊島八段が2勝1敗とリード。

悲願の初タイトル奪取に王手をかけて迎えた大一番

第4局が本日、新潟県新潟市「高島屋」にて開幕。。

 

 

 

棋聖戦/第4局・柔らかいプレビュー

 

 

第4局の先手は、羽生棋聖。

カド番に立たされもう後のない本局の初手は

飛車先を突く▲2六歩から。。

 

 

 

2手目△8四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: なし

△豊島八段: なし

 

対します、豊島八段も

2手目に同じく飛車先を突く△8四歩と返し

注目の対局はスタートとなりました。。

 

 

 

4手目△8五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: なし

△豊島八段: なし

 

早々と相居飛車が確定すると

次に両者は息を合わせて飛車先を決め

大一番の戦型は「相掛かり」に決定。。

 

 

 

6手目△3ニ金。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: なし

△豊島八段: なし

 

続く5手目に、代えて▲7八金とする手も有力でしたが

羽生棋聖は▲7六歩と角道を開き、「横歩取り」への変化をみせ

後手の出方をうがかいます。。

 

この手に追随して、後手も角道を開けば

「横歩取り」への進行が濃厚となりましたが、豊島八段は

ノータイムで△3ニ金と返し、先手に手番を渡しました。。

 

すると。。

 

 

 

9手目▲6八銀。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: なし

△豊島八段: なし

 

羽生棋聖は後手の飛車先を角で受け(7手目▲7七角)

そのまま「角換わり」を目指す定跡手順の進行に。。

 

迎えた上図の局面で

羽生棋聖が銀を6筋に上げて、後手からの角交換

あるいは角交換拒否に備えると。。

 

 

 

10手目△7七角成。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: なし

△豊島八段: 角

 

豊島八段は1分の少考で角交換を敢行。

手損のない「ノーマル角換わり」となりました。。

 

 

 

18手目△7四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 角

△豊島八段: 角

 

角交換成立後、次なる焦点は右銀の活用。。

羽生棋聖が4筋の歩を突き、「腰掛銀」をみせると

豊島八段は飛車のコビンを開き含みを持たせますが。。

 

 

 

28手目△6三銀。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 角

△豊島八段: 角

 

双方、銀を自陣に留めたまま駒組みは進行。。

同形模様の進行となった上図の局面で豊島八段は

銀を6筋に上げて、先手と同じく「腰掛銀」模様に。。

 

 

 

33手目▲4八金。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 角

△豊島八段: 角

 

次に9筋の端歩を突き合ってから

羽生棋聖は「▲6八玉+4八金+2九飛」型の

最新形に自陣の駒を組み上げました。。

 

一方の豊島八段も、上図から次に

右の金を立てれば、先手のリバースモードとなる

「△4ニ玉+6ニ金+8一飛」型が完成しますが。。

 

 

 

34手目△5ニ金。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 角

△豊島八段: 角

 

豊島八段はここも1分の少考で

△5ニ金と上がり玉と連結、自陣を引き締めました。。

 

が、しかし

この手をみて羽生棋聖が次に6筋の歩を突くと。。

(35手目▲6六歩)

 

 

 

36手目△6ニ金。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 角

△豊島八段: 角

 

豊島八段はノータイムで

5二の地点に構えたばかりの金を6筋に寄せ

「△4ニ玉+6ニ金+8一飛」型を完成。。

 

敢えて一手を損する

趣向の戦術で手番を先手に渡しました。。

 

 

 

38手目△5四銀。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 角

△豊島八段: 角

 

羽生棋聖は動じることなく、1分の少考で

銀を中央5筋に繰り出し「腰掛銀」に形を決めると

豊島八段はもすぐに追随し、銀を同じく5筋に構え

戦型はおなじみの「角換わり相腰掛銀」に決定。。

 

 

 

43手目▲4五桂。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 角

△豊島八段: 角

 

戦型が決まると、豊島八段は再び

玉を左右に移動させながらパスを繰り返します。。

その間に、手堅く玉の「入城」を完了した羽生棋聖は

右の桂馬をポーンと戦場へと跳躍させました。。

 

この手に対し、豊島八段が次に

狙われた銀を桂先に上げてかわしたのをみて。。

(44手目△4四銀)

 

 

 

45手目▲2四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 角

△豊島八段: 角

 

羽生棋聖は飛車先2筋の歩を突き合わせ

自然な指し手を重ねつつ、仕掛けを開始しました。。

 

豊島八段は△同歩(46手目)と応じて、以下

▲同飛~△2三歩~▲2九飛~△6五歩~▲同歩~

△7五歩~▲6九飛に下図54手目△7六歩と進行。。

 

 

 

54手目△7六歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 角、歩2

△豊島八段: 角、歩

 

2筋で歩を交換し、羽生棋聖が一歩を手にすると

豊島八段はすかさず反撃に転じて、中盤の押し合いへ。。

羽生棋聖が飛車を6筋へと振り直し、新たな拠点を作っても

豊島八段は構うことなく7筋から踏み込み攻勢を強めます。。

 

 

 

62手目△6七歩。

 

▲羽生棋聖: 角、歩3

△豊島八段: 角、歩

 

歩の突き捨てを連発し敵陣を乱した豊島八段は

羽生棋聖が8筋のキズを消したのをみて(61手目▲8六歩)

先手の飛車先に嫌らしく歩を垂らしました。。

 

ここで手番の羽生棋聖は。。

 

 

 

63手目▲2ニ歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 角、歩2

△豊島八段: 角、歩

 

12分の考慮の後

タダの歩を取り込むことなく、敵陣2筋を歩で叩き

鋭く攻め合いを求めました。。

 

この手をみて

ここまで消費時間わずか14分と早指しを進めた

豊島八段の手が止まり、長考へ。。

 

 

 

64手目△4五銀。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 角、歩2

△豊島八段: 角、桂、歩

 

32分の長考の末に

豊島八段も叩かれた歩を取り込むことなく

銀を突き出し、桂馬を食いちぎると。。

 

 

 

66手目△6五銀。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 角、銀、歩2

△豊島八段: 角、桂、歩2

 

羽生棋聖の▲同歩(65手目)をみて

もう一枚の銀を桂馬の利きに放り出し、捌きに出て

上図の局面で午前の対局は終了、お昼休憩に突入。。

 

【 お昼のメニュー 】

 

羽生棋聖: 庭うどん(温)、天ぷら、おにぎりのセット

豊島八段: ハンバーグランチ

 

 

 

68手目△6五桂。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 角、銀2、歩2

△豊島八段: 角、銀、桂、歩2

 

午後の対局開始の一手で

羽生棋聖が戦場に張った二枚の銀のうち

右の銀で後手の銀を捕獲すると、豊島八段はすぐに

桂馬を跳ねて銀交換が成立。。

 

ここで、羽生棋聖は中に浮く桂馬ではなく

2筋の歩を前に出して、敵陣の桂馬を剥がしました。

(69手目▲2一歩成)

 

この手をみて、豊島八段は再び長考へ。。

 

 

 

70手目△5五角。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 角、銀2、桂、歩2

△豊島八段: 銀、桂、歩2

 

49分の長考の後

ここは勝負と豊島八段は天王山・5筋の位へ

手持ちの角を打ち込み、攻勢を続けます。。

 

逸る後手に対して、あくまでも冷静な

羽生棋聖は7筋に歩をあてがい、王手を防ぐと。。

(71手目▲7七歩)

 

 

 

72手目△6八銀。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 角、銀2、桂、歩

△豊島八段: 桂、歩2

 

先手の飛車先にガツンと銀を投入。。

この手には1時間と17分を費やした豊島八段は

気合と焦りを交錯させつつ、アクセルを強く踏み込みます。。

 

が、しかし。。

 

 

 

83手目▲6四銀。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 銀、歩3

△豊島八段: なし

 

百戦錬磨の羽生棋聖は

後手の胸中を見透かしたような懐広い指し回しで

模様をリードし、大捌きの手配を巧みに整えました。。

 

上図から次に

豊島八段は桂馬で角を払い(84手目△8六桂)、以下

▲5五銀~△同歩~▲6五銀~△2一飛~▲5四桂~

△3一玉に下図91手目▲8六金と進行すると。。

 

 

 

91手目▲8六金。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 角、銀、桂、歩3

△豊島八段: 角、銀、歩

 

一連の捌きが終わると、後手玉を敵陣最下段へと落とし

自玉の頭上の懸念を消した、羽生棋聖が形勢を握ります。。

 

 

 

111手目▲5三角成。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 金、銀、桂、歩4

△豊島八段: 香、歩

 

形勢を損ねた豊島八段は、それでも

あの手この手で食らいつき、勝利への執念を燃やしますが

しかし、勝者のメンタリティーがついに目を覚ました羽生棋聖は

つけ入る隙を与えることなく、勝負を決めに前に出ます。。

 

棋聖戦/第4局の棋譜中継はこちら

 

【 投了図・133手目▲3ニ金 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 飛、金、桂2、歩6

△豊島八段: 角、銀2、歩

 

豊島八段は最後まで最善を尽くすも

羽生棋聖の牙城は崩れず、上図の局面をみて

無念の投了を告げました。。

 

終局時刻は午後7時8分。

土壇場でさすがの底力を発揮した羽生棋聖が

カド番を凌ぎ、決着は最終戦までもつれ込みました。。

 

 

□□□

 

棋聖戦/第4局開幕前夜。。

 

勝負は繊細にして、詳細に。。

 

 

 

 

 慶春onLINE

 

慶春さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス