本日は第77期順位戦B級2組/1回戦「藤井九段は三間飛車投入」 | 柔らかい手~個人的将棋ブログ
2018年06月13日

本日は第77期順位戦B級2組/1回戦「藤井九段は三間飛車投入」

テーマ:ブログ

名人戦棋譜速報(有料。要登録。)

第77期B級2組順位戦対戦表

 

 

昨日、「豊島将之八段-稲葉陽八段」のA級/1回戦で開幕した

将棋界一年の中心軸となります今期の第77期順位戦は、本日

B級2組/1回戦が一斉対局にて行われ、振り飛車党のカリスマ

藤井九段も登場。関西将棋会館にて大石直嗣七段と対戦中。。

 

 

 

2手目△3四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲藤井九段: なし

△大石七段: なし

 

先手は藤井九段。

その初手は角道を開く▲7六歩から。

対します、大石七段も2手目△3四歩と角道を開き

含みを持たせて、対局はスタートとなりました。。

 

対戦相手や状況に応じて

居飛車と振り飛車を使い分ける大石七段に対して

藤井九段の作戦が明らかとなる、注目の3手目は。。

 

 

 

3手目▲7五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲藤井七段: なし

△大石七段: なし

 

藤井七段はそのまま7筋の歩を伸ばし

順位戦の開幕戦で「三間飛車」投入を明示しました。。

 

この手をみて

大石七段は1筋の端歩を突いて、手番を渡すと。。

(4手目△1四歩)

 

 

 

5手目▲7八飛。

 

上図での持ち駒

 

▲藤井九段: なし

△大石七段: なし

 

藤井九段は5分の考慮で

ジッと気息を整えてから、飛車に手をかけると

宣言通りに7筋へと振り、「三間飛車」投入。。

 

すると、次の瞬間。。

 

 

 

6手目△8八角成。

 

上図での持ち駒

 

▲藤井九段: なし

△大石七段: 角

 

大石七段は1分の少考の後、角交換を敢行。。

先手が角道を止め「石田流」の駒組みを目指す前に

フットワーク軽く、先に角を捌きました。。

 

 

 

12手目△4ニ玉。

 

上図での持ち駒

 

▲藤井九段: 角

△大石七段: 角

 

角交換成立後

藤井九段が居飛車を解除すると(11手目▲4八玉)

飛車先を保留し、1筋の端歩を突き越した大石七段も

先手に追随し居玉を解除し4筋に上げました。。

 

自然な駒組みを進める藤井九段は、この手をみて

玉を3筋へと寄せ安定させると(13手目▲3八玉)

次に、大石七段が銀を6筋に上げたのをみて。。

(14手目△6ニ銀)

 

 

 

15手目▲7四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲藤井九段: 角

△大石七段: 角

 

藤井九段は機敏に7筋の歩を突き合わせ

飛車先から軽く仕掛けを開始します。。

 

が、しかし

 

 

19手目▲3八銀。

 

上図での持ち駒

 

▲藤井九段: 角

△大石七段: 角

 

大石七段は同歩と応じずに

飛車を7筋に合わせると(16手目▲7ニ飛)

藤井九段は歩を突き合わせたまま玉の囲いを目指し

上図で振り飛車の相棒「美濃囲い」を完成。。

 

この局面で、切りよく

午前の対局は終了、お昼休憩突入となりました。。

 

【 お昼のオーダー 】

 

藤井九段: なし

大石七段: きつねうどん定食(明太子ごはん)

 

 

 

21手目▲6六歩。

 

上図での持ち駒

 

▲藤井九段: 角

△大石七段: 角

 

午後の対局開始の一手で、大石七段も

「美濃囲い」の中へ玉の入城を完了(20手目△2ニ玉)。

すると、藤井九段は6筋の歩を突き、ジッと自陣を広げます。。

 

この手に対し

大石七段が5筋の歩を突いて(22手目△5四歩)

先手の5五角の筋を消したところで。。

 

 

 

23手目▲7三歩成。

 

上図での持ち駒

 

▲藤井九段: 角、歩

△大石七段: 角

 

藤井九段は午前中に突き合わせた7筋の歩を

このタイミングで取り込み、再び仕掛けを開始します。。

 

大石七段は△同銀(24手目)で歩を払い、以下

▲5六歩~△6ニ金~▲7七銀に△4四角~▲6七金~

△6四銀~▲7四歩~△7五銀~▲5五歩をみて

下図34手目△同角と進行。。

 

 

 

34手目△5五同角。

 

上図での持ち駒

 

▲藤井九段: 角

△大石七段: 歩2

 

7筋で歩の交換が成立すると

大石七段は先手の誘いに素直に乗る形で

スルスルと、銀と角を前方へと迫り出します。。

 

藤井九段は上図から、次に

天王山の位に張られた後手の角頭目掛けて

金を突き出すと(35手目▲5六金)。。

 

 

 

39手目▲4五金。

 

上図での持ち駒

 

▲藤井九段: 角

△大石七段: 歩2

 

自陣に引き下がった後手の角を目印に

藤井九段はそのまま金を上昇させ、起点に据えました。。

 

まだ角の逃げ場所には困らない大石七段は

次に、先手の飛車を押さえ込みにかかりますが。。

(40手目△7六歩)

 

 

 

41手目▲7三歩成。

 

上図での持ち駒

 

▲藤井九段: 角

△大石七段: 歩2

 

藤井九段は、そつなく

7筋の歩を突きだして手番を握ります。。

 

大石七段は今度は△同金(42手目)で歩を払い、以下

▲3四金~△4ニ角~▲6七銀~△3三歩に▲3五金~

△5ニ飛をみて、下図49手目▲5七歩と進行。。

 

 

 

49手目▲5七歩。

 

上図での持ち駒

 

▲藤井九段: 角

△大石七段: 歩

 

先手の金を押し戻した

大石七段が飛車を5筋に合わせると

藤井九段は貴重な一歩を投入し、手厚く受けた

上図の局面で、夜戦に備えて夕食休憩に突入。。

 

【 夕食のオーダー 】

 

藤井九段: なし

大石七段: 親子丼、冷そば

 

まだ本格開戦には至らず、形勢も互角。

夕食休憩明けからの終盤戦に期待が高まります。。

 

 

 

□□□

 

 

本日は女流将棋の大一番!

 

第29期女流王位戦5番勝負/第4局

 

 

 

 

 

□□□

 

「札幌決戦」を伊豆で制す。。

 

横山朝日アマ名人が初防衛に成功

 

 

 

 

□□□

 

藤井女流2級が誕生!

 

大器、覚醒。。女流将棋界も百花繚乱

 

 

 

 

□□□

 

棋聖戦/第1局終局直後の感想

 

勢い、そのままに。。

 

 

 

嵐の予感

 

棋聖戦開幕前夜。。

 

 

 

□□□

 

王位戦挑戦者は、豊島八段に決定

 

時代の波、極めて高し。。

 

 

 

□□□

 

名人戦/第5局終局直後の感想

 

勝因は動かざること。。

 

 

名人戦/第5局・一日目の所感

 

「本命」の封じ手。。動くのは果たして

 

舞台は大須・万松寺

 

いざ名古屋決戦へ!

 

 

 

□□□

 

叡王戦はお先に決着。。

 

説得力ある結末。。高見叡王誕生

 

 

 

□□□

 

実現なるか、東海将棋会館。。

 

神童の磁場に。。

 

 

  

慶春onLINE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

慶春さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。