第76期名人戦7番勝負/第3局「終局直後」 | 柔らかい手~個人的将棋ブログ
2018年05月10日

第76期名人戦7番勝負/第3局「終局直後」

テーマ:ブログ

名人戦棋譜速報(有料。要登録。)

 

 

【 投了図・111手目▲8一飛 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 銀、歩5

△佐藤名人: 角、金、銀

 

昨日、決着をみました

大注目の第76期名人戦7番勝負/第3局は

上図111手までで、先手・羽生竜王が勝利。

 

【速報版】「羽生竜王快勝!番勝負を再びリード」

名人戦/第3局・夕食休憩前までの流れ

 

終局時刻は午後8時4分。

開幕戦に続き先手番で見事勝利を飾った

羽生竜王がシリーズの対戦成績を2勝1敗し

再びリードを奪いました。。

 

【 終局直後 】

 

羽生竜王

 

作戦が良くなく

封じ手の辺りは失敗したと思った。

 

 

 

53手目▲7八玉(羽生竜王の封じ手)。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 歩

△佐藤名人: 歩2

 

 

3四桂(87手目)は思い切って攻めていったが

最後まではっきりとは分からなかった。

 

 

 

87手目▲3四桂。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 銀、歩5

△佐藤名人: 銀

 

 

(勝ちを意識したのは?の問いに)

▲7三銀(103手目)と打って、こちらに何も技が利かなければとは

思っていましたが、最後まではっきりとは分からなかったです。

 

 

 

103手目▲7三銀。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 歩5

△佐藤名人: 角、銀

 

 

 

 

佐藤名人

 

序中盤は常に指し手が難しい局面が続いた。

9四歩(68手目)からの攻めが良くなかった。

何か辛抱しないといけなかったかもしれない。

 

 

 

94手目△9四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 歩

△佐藤名人: 歩2

 

「5二の金を動かすのもバランスのいい形ではないので

『それなら』と思って攻めたのですが。」(佐藤名人)

 

 

 

 

名人戦/第3局の棋譜はこちら

 

 

□□□

 

名人戦/第3局終局直後の感想。。

 

上々の出だし

 

名人戦/第3局・一日目の所感。。

 

手番を渡す前に。。羽生竜王の封じ手は

 

 

 

決戦の舞台は奈良県。。

 

名人戦/第3局開幕前夜

 

 

慶春onLINE

 

 

 

 

 

 

 

 

慶春さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス