第76期名人戦7番勝負/第3局「羽生竜王優勢で最終盤戦突入」 | 柔らかい手~個人的将棋ブログ
2018年05月09日

第76期名人戦7番勝負/第3局「羽生竜王優勢で最終盤戦突入」

テーマ:ブログ

名人戦棋譜速報(有料。要登録。)

 

3連覇を目指す佐藤天彦名人に

通算100期目のタイトル獲得が懸かる「永世七冠」

羽生善治竜王が挑戦する、第76期名人戦7番勝負。

 

ここまで2局を消化し、ともに譲らず1勝1敗。

あらためて仕切り直しとなった注目の第3局が、昨日より

奈良県奈良市「法相宗大本山 興福寺」にて開幕。。

 

 

 

名人戦/第3局・柔らかいプレビュー

 

第3局の先手は羽生竜王。

その初手は角道を開く▲7六歩から。。

 

 

 

2手目△8四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: なし

△佐藤名人: なし

 

対します、佐藤名人は

2手目に飛車先を突く△8四歩と返し

対局はスタートとなりました。。

 

早々と居飛車を明示し

戦型の選択権を先手に委ねた名人に対して

羽生竜王の意向が明らかとなる、次の3手目は。。

 

 

 

3手目▲2六歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: なし

△佐藤名人: なし

 

羽生竜王は3分の少考で気息を整えてから

3手目▲2六歩として「角換わり」を指向しました。。

 

 

 

9手目▲6八銀。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: なし

△佐藤名人: なし

 

序盤の駆け引きを入れながら

佐藤名人は羽生竜王の申し出を受けて立ち

「角換わり」の定跡手順の進行へ。。

 

迎えた上図で、羽生竜王が銀を6筋に上げ

後手からの角交換、あるいは角交換拒否に備えると。。

 

 

 

10手目△7七角成。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: なし

△佐藤名人: 角

 

佐藤名人は3分の少考で角交換を敢行。。

手損のない「ノーマル角換わり」となりました。。

 

 

 

17手目▲4七銀。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 角

△佐藤名人: 角

 

角交換成立後

羽生竜王は攻撃の銀を中央へと繰り出す動きを見せ

「ノーマル角換わり」の常套手段「腰掛銀」を目指します。

 

この手をみて、佐藤名人は次に。。

 

 

18手目△7四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 角

△佐藤名人: 角

 

7筋の歩を突いて、飛車のコビンを開き

「早繰り銀」か「棒銀」投入に含みを持たせますが。。

 

 

 

24手目△6四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 角

△佐藤名人: 角

 

1筋の端歩を突き合った後

佐藤名人は上図で銀を保留したまま6筋の歩を突くと

次に、羽生竜王が桂馬を跳ねたのを見て。。

(25手目▲3七桂)

 

 

26手目△6三銀。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 角

△佐藤名人: 角

 

右銀を7筋ではなく、歩を突いた6筋に繰り上げ

先手と同じく「腰掛銀」模様へとシフトしました。。

 

 

 

31手目▲8一飛。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 角

△佐藤名人: 角

 

互いに右銀を自陣に保留したまま

同形模様の進行となると、上図で佐藤名人は

先手が突いた9筋の端歩を受けずに、飛車を引き下げ

自らの構想を着々と盤上に反映させていきます。。

 

 

 

35手目▲9五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 角

△佐藤名人: 角

 

一方、後手に追随して飛車を自陣最下段へと引き下げた

羽生竜王は、佐藤名人が9筋を受けずに6筋の歩を突いた

次の瞬間、9筋の歩を突き越し端の位を確保。。

 

9筋にかける手数を省略した佐藤名人に対して

羽生竜王は手数をかけて確保した端の位が、のちのち

意味を持ってくるとの主張を、盤上に反映させました。

 

 

 

40手目△7五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 角

△佐藤名人: なし

 

歩を突いた6筋に角を投入した(36手目△6四歩)

佐藤名人は玉を戦場から遠ざけてから(38手目△3一玉)

7筋の歩を突き合わせ、先に仕掛けを開始しました。。

 

この手に対し、羽生竜王は。。

 

 

 

41手目▲5七角。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: なし

△佐藤名人: なし

 

突き合わされた7筋の歩を取り込む前に

手持ちの角を自陣の中央へ投入し、臨戦態勢へ。。

 

この手をみて、佐藤名人は

7筋の歩を取り込み(42手目△7六歩)、以下

▲同銀~△7四銀~▲7五歩~△6三銀~▲7七金に

△5四歩をみて、下図49手目▲3五歩と進行。。

 

 

 

49手目▲3五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: なし

△佐藤名人: 歩

 

羽生竜王は7筋を押さえて逆に位を確保すると

返す刀で、反対サイドの3筋で歩を突き合わせ

流れるようにスムーズに反撃に転じました。。

 

 

【 一日目終了図・52手目△5ニ金 】

 

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 歩

△佐藤名人: 歩2

 

一日目は上図52手目まで進行。

3筋で歩交換が成立後、先手の角の当たりとなった

金を佐藤名人が5筋に寄せた局面で、羽生竜王が

次の手を封じて、二日目に指し掛けとなりました。

 

 

「主張の交差。。封じ手は羽生竜王」

 

 

一夜が明けて

迎えた本日、決着の二日目。。

 

 

 

53手目▲7八玉。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 歩

△佐藤名人: 歩2

 

注目の羽生竜王の「封じ手」は▲7八玉。

不安定だった玉を金の傘に入れる自然な一手から

二日目はスタートとなりました。。

 

ここで手番が回って来た佐藤名人は

15分の考慮の後、位をとった筋の歩を突き合せることなく

ジッと角を自陣に引き下げ、手番を再び先手に渡します。。

(54手目△4ニ角)

 

 

 

55手目▲4六角。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 歩

△佐藤名人: 歩2

 

ならば、と羽生竜王は7分の考慮で

3筋に張り出した角を下げ、ヒモの付いていない

後手の桂馬を機微にに狙いました。。

 

この手に対し、佐藤名人は

銀を立てて桂馬を守ります(56手目△6四銀)。。

 

 

 

60手目△5五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 歩

△佐藤名人: 歩2

 

開戦ムードが高まる中

両者はギリギリまで駒組みを調整すると

上図で佐藤名人が中央5筋の歩を突き合わせ

先に仕掛けを開始しました。。

 

 

 

61手目▲3四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: なし

△佐藤名人: 歩2

 

しかし、羽生竜王もすぐに反撃。

23分の考慮でしっかりと読みを入れてから

3筋に歩を突き立て、後手の銀を叩きます。。

 

佐藤名人はすぐに△同銀(62手目)と応じて、以下

▲5五歩~△3五歩に下図65手目▲5六銀と進行。。

 

 

 

65手目▲5六銀。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 歩

△佐藤名人: 歩2

 

佐藤名人は3筋の、羽生竜王は5筋の位を

それぞれあらたに確保し、互いの歩が五段目でガッチリと

スクラムを組んだ上図の局面で、午前の対局は終了。。

昼食休憩突入となりました。

 

【 昼食のオーダー 】

 

羽生竜王: 大和肉鶏テリヤキセット

 

 

 

佐藤名人: カツカレーセット、アップルジュース

 

 

 

午後の対局開始の一手で

佐藤名人は自陣に引いた角を3三の地点に繰り上げ

争点とした天王山・5筋の位に強烈な戦力を足します。。

(66手目△3三角)

 

 

 

67手目▲4六角。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 歩

△佐藤名人: 歩2

 

この手に対し

羽生竜王も角を自陣から4筋の戦場に繰り出し

5筋に利きを対して、後手からの攻勢に備えますが。。

 

次の瞬間

 

 

 

68手目△9四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 歩

△佐藤名人: 歩2

 

佐藤名人は13分の考慮の後

何と先手に位を取らせた9筋の歩をぶつけ

意表の端から、いざ開戦を告げました。。

 

羽生竜王は▲同歩(69手目)と応じて、以下

△同香~▲9五歩~△7四歩~▲同歩~△7五歩に

▲7三歩成~下図76手目△7六歩と進行。。

 

 

 

76手目△7六歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 桂、歩2

△佐藤名人: 銀、歩

 

羽生竜王は後手の手に乗りながら

銀との交換で桂馬を捕獲し、「と」金を作ると。。

 

 

 

81手目▲8五金。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 桂、4

△佐藤名人: 銀、歩

 

自玉の頭上を守る要の金を上昇させて

佐藤飛車を果敢に狙う大胆は構想で反撃開始。。

 

 

 

87手目▲3四桂。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 銀、歩5

△佐藤名人: 銀

 

羽生竜王はそのまま強気に前に出て

佐藤玉を一気呵成に仕留めに行きますが。。

 

 

 

88手目△7七銀。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 銀、歩5

△佐藤名人: なし

 

手番を握った佐藤名人は、ここで反撃。。

いよいよ手に汗握る最終盤戦へと突入します。。

 

 

 

94手目△4一玉。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 銀2、歩5

△佐藤名人: 金

 

しかし、後手の攻勢は続かず

羽生竜王が再び後手玉へと襲い掛かった

上図の局面で、夜戦に備えて夕食休憩に突入。。

 

名人戦/第3局の棋譜はこちら

 

形勢は先手優勢。。

果たしてこのまま羽生竜王が仕留めるのか。。

あるいは、佐藤名人が切り返すのか。。

 

名人戦/第3局はいよいよクライマックスへ。。

 

速報版はこちら

 

□□□

 

名人戦/第3局・一日目の所感。。

 

手番を渡す前に。。羽生竜王の封じ手は

 

 

 

決戦の舞台は奈良県。。

 

名人戦/第3局開幕前夜

 

 

慶春onLINE

 

 

慶春さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス