第76期名人戦7番勝負/第2局「終局直後」 | 柔らかい手~個人的将棋ブログ
2018年04月21日

第76期名人戦7番勝負/第2局「終局直後」

テーマ:ブログ

名人戦棋譜速報(有料。要登録。)

 

 

【 投了図・103手目▲9五角 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲佐藤名人: 金、歩

△羽生竜王: 角、銀、桂、歩5

 

昨日、決着をみました

大注目の第76期名人戦7番勝負/第2局は

上図103手までで、先手・佐藤名人が勝利。

 

【速報版】「佐藤名人快勝、番勝負は振り出しへ」

名人戦/第2局・夕食休憩前までの流れ

 

終局時刻は午後7時22分。

開幕戦の借りを返す見事な快勝を飾った佐藤名人が

番勝負成績を1勝1敗のタイに戻しました。

 

【 終局直後 】

 

佐藤名人

 

厚みを築いて主張していく将棋だったが

あまり自信はなかった。

 

▲5五同銀直(99手目)で

何もなければ勝ちかもしれないと思った。

 

 

 

99手目▲5五同金直。

 

上図での持ち駒

 

▲佐藤名人: 角、金、歩

△羽生竜王: 角、銀、桂2、歩5

 

 

 

35手目▲1六歩。

 

上図での持ち駒

 

▲佐藤名人: 歩

△羽生竜王: 角、歩

 

「ちょっと中央で何を指せばいいかわからなくて。

(本譜の)▲1六歩もどうかとは思ったのですが

バランスは取れていましたか」

 

(終局後の感想戦で佐藤名人がコメント)

 

 

 

 

羽生竜王

 

ゆっくりした展開は分が悪い気がして

早めに仕掛けたが、構想に問題があった。

 

3五歩(47手目)と

攻められた辺りはもうだめだった。

 

 

 

47手目▲3五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲佐藤名人: 歩

△羽生竜王: 歩3

 

 

 

60手目△2ニ歩。

 

上図での持ち駒

 

▲佐藤名人: 銀、歩

△羽生竜王: 角、歩2

 

「これが確実な攻めで、こちらがつらいで」

 

(同、羽生竜王がコメント)

 

 

 

 

名人戦/第2局の棋譜はこちら

 

 

 

□□□

 

名人戦/第2局・一日目の所感

 

分岐の封じ手、羽生竜王の決断は。。

 

名人戦/第2局開幕前夜

 

問われる真価も名人らしく

 

 

 

 

□□□

 

春の本場所、ついに開幕。。 

 

  

第一人者は更なる進化と未だ見ぬ高みへ。。

 

第45回将棋大賞決定「最優秀棋士は羽生竜王」

 

 

□□□

 

「将棋界の一番長い日」は劇的なフィナーレ。。

 

因縁の鬼勝負は劇的な終結

 

A級/最終戦「渡辺棋王-三浦九段は角換わり」

 

 

 

□□□

 

ふさわしき、伝説の始まり

 

 

午前の準決勝では羽生竜王に勝利!

 

歴史的初手合い「羽生竜王-藤井五段」実現

 

藤井六段前期成績一覧

 

慶春onLINE

 

 

 

慶春さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス