第76期名人戦7番勝負/第2局・一日目「まずは角換わり模様から」 | 柔らかい手~個人的将棋ブログ
2018年04月19日

第76期名人戦7番勝負/第2局・一日目「まずは角換わり模様から」

テーマ:ブログ

名人戦棋譜速報(有料。要登録。)

 

 

3連覇を目指す佐藤天彦名人に

通算100期目のタイトル獲得が懸かる「永世七冠」

羽生善治竜王が挑戦する、第76期名人戦7番勝負。

 

開幕戦を羽生竜王が制して迎える注目の第2局が

本日より、石川県は小松市「辻のや花乃庄」にて

その幕を開きます。。

 

 

 

名人戦/第2局・柔らかいプレビュー

 

 

第2局の先手は佐藤名人。

連敗スタートは何が何でも避けたい本局の

初手は角道を開く▲7六歩から。。

 

 

 

2手目△8四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲佐藤名人: なし

△羽生竜王: なし

 

対します、現在公式戦6連勝中

開幕戦も制してさらに意気あがる羽生竜王は

2手目△8四歩と飛車先を突き、対局はスタート。。

 

早々と居飛車を明示し

戦型の選択権を先手に委ねた後手に対して

佐藤名人の作戦が明らかとなる、注目の3手目は。。

 

 

 

3手目▲2六歩。

 

上図での持ち駒

 

▲佐藤名人: なし

△羽生竜王: なし

 

佐藤名人は4分の考慮で

3手目▲2六歩として「角換わり」での勝負を

まずは指向しました。。

 

 

□□□

 

名人戦/第2局開幕前夜

 

問われる真価も名人らしく

 

 

 

□□□

 

叡王戦に思うこと

 

新趣向、新タイトルは名古屋から

 

 

 

 

□□□

 

長崎旅行を柔らかく。。

 

海と島々と。。

 

 

歴史、時代、文化と生活。。

 

丸かぶりの旅へ

 

 

 

 

 

□□□

 

春の本場所、ついに開幕。。 

 

  

第一人者は更なる進化と未だ見ぬ高みへ。。

 

第45回将棋大賞決定「最優秀棋士は羽生竜王」

 

 

 

□□□

 

神童・藤井六段は高校生活がスタート

 

春風にヒコウして

 

 

 

公式戦は新年度も白星発進

 

□□□

 

 

詰将棋界最大の祭典

第15回詰将棋解答選手権にも神童登場

 

「藤井六段、貫禄の4連覇達成」

 

 

 

□□□

 

「将棋界の一番長い日」は劇的なフィナーレ。。

 

因縁の鬼勝負は劇的な終結

 

A級/最終戦「渡辺棋王-三浦九段は角換わり」

 

 

 

□□□

 

ふさわしき、伝説の始まり

 

 

午前の準決勝では羽生竜王に勝利!

 

歴史的初手合い「羽生竜王-藤井五段」実現

 

藤井六段前期成績一覧

 

慶春onLINE

 

慶春さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス