2018年04月15日

第3期叡王戦7番勝負/第1局「高見六段が歴史的先勝」

テーマ:ブログ

第3期叡王戦中継サイト

中継ブログ

 

【 投了図・76手目△5七桂成 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲金井六段: 角、桂、歩3

△高見六段: 金、銀2、歩

 

昨日、決着をみました

注目の第3期叡王戦7番勝負/第1局は

上図76手までで、後手・高見六段が勝利。

 

叡王戦/第1局の棋譜中継はこちら

 

 

 

25手目▲3三角成。

 

上図での持ち駒

 

▲金井六段: 角、歩3

△高見六段: なし

 

戦型は「横歩取り」。

定跡手順の出だしから、まずは高見六段が

浮き飛車の利きを活かして2筋と8筋に歩を配置し

押さえ込みを図る趣向を披露(24手目△8六歩)。。

 

直後に金井六段は角交換を敢行。。

新たしいタイトルの開幕戦らしく、駒組みからすでに

両者の気迫と意欲が盤上を染めていきます。。

 

 

 

42手目△4五桂。

 

上図での持ち駒

 

▲金井六段: 角、歩3

△高見六段: 角

 

中盤戦は双方、ともに

現代将棋の花である桂馬が盤上の中心に。。

 

左右の桂馬を戦場に構えた高見六段は

上図から次に、金井六段が天王山の位に角を

打ち込んだのをみて(43手目▲5五角)。。

 

 

 

44手目△9七桂成。

 

上図での持ち駒

 

▲金井六段: 歩3

△高見六段: 角、歩

 

右の桂馬を敵陣9筋に成捨て宣戦布告。。

いよいよ戦いの火ぶたが切って落とされました。。

 

 

【 投了図・76手目△5七桂成 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲金井六段: 角、桂、歩3

△高見六段: 金、銀2、歩

 

 

激しい攻め合いとなった終盤戦を制したのは

後手番ながらも常に先に仕掛けた、高見六段でした。

 

上図で、金井六段は無念の投了を告げ

この瞬間、高見六段が今期よりタイトル戦に昇華した

叡王戦の開幕戦で歴史的白星を飾りました。

 

 

 

 

 

 

□□□

 

歴史、時代、文化と生活。。

 

丸かぶりの旅へ

 

 

 

 

 

□□□

 

春の本場所、ついに開幕。。 

 

  

第一人者は更なる進化と未だ見ぬ高みへ。。

 

第45回将棋大賞決定「最優秀棋士は羽生竜王」

 

 

 

□□□

 

神童・藤井六段は高校生活がスタート

 

春風にヒコウして

 

 

 

公式戦は新年度も白星発進

 

□□□

 

 

詰将棋界最大の祭典

第15回詰将棋解答選手権にも神童登場

 

「藤井六段、貫禄の4連覇達成」

 

 

 

□□□

 

「将棋界の一番長い日」は劇的なフィナーレ。。

 

因縁の鬼勝負は劇的な終結

 

A級/最終戦「渡辺棋王-三浦九段は角換わり」

 

 

 

□□□

 

ふさわしき、伝説の始まり

 

 

午前の準決勝では羽生竜王に勝利!

 

歴史的初手合い「羽生竜王-藤井五段」実現

 

藤井六段前期成績一覧

 

慶春onLINE

 

 

 

慶春さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。