「横歩取り」のねじり合い。。第59期王位戦・紅組/3回戦「羽生竜王-村山七段を振り返ろう」 | 柔らかい手~個人的将棋ブログ
2018年04月07日

「横歩取り」のねじり合い。。第59期王位戦・紅組/3回戦「羽生竜王-村山七段を振り返ろう」

テーマ:ブログ

第58期王位戦中継サイト
第59期挑戦者決定リーグ対戦表

 

 

 

 

今回は、昨日行なわれました

第59期王位戦挑戦者決定リーグ・紅組/3回戦

大注目の「羽生善治竜王-村山慈明七段」の模様を

振り返らせていただきます。

 

 

 

2手目△8四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲村山七段: なし

△羽生竜王: なし

 

本局の先手は先手は村山七段。

その初手は角道を開く▲7六歩から。

対します、羽生竜王は2手目に飛車先を突く

△8四歩と返し、対局はスタート。。。

 

 

 

4手目△3ニ金。

 

上図での持ち駒

 

▲村山七段: なし

△羽生竜王: なし

 

続く3手目に、村山七段も飛車先を突くと

羽生竜王は角道は閉じたまま△3ニ金とし

「角換わり」模様の序盤の出だしに。。

 

 

 

8手目△8五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲村山七段: なし

△羽生竜王: なし

 

しかし、村山七段が次に飛車先を決めることなく

後手に追随し、角に金を連結すると(5手目▲7八金)

「横歩取り」模様の進行へと変化しました。。

 

 

 

15手目▲3四飛。

 

上図での持ち駒

 

▲村山七段: 歩3

△羽生竜王: 歩2

 

そのまま確立された定跡手順で進行し

互いに飛車先で歩を交換して迎えた上図の局面で

村山七段が2筋の浮き飛車でお隣り3筋の歩を取り

戦型は両者得意の「横歩取り」に決定しました。。

 

羽生竜王は上図から、次に

3筋に回った先手の飛車先を角で受けると。。

(16手目△3三角)

 

 

 

20手目△8四飛。

 

上図での持ち駒

 

▲村山七段: 歩3

△羽生竜王: 歩2

 

玉を6二の地点に上げてから

飛車を8四の地点に引き、浮かせて構えました。。

 

 

 

27手目▲7七桂。

 

上図での持ち駒

 

▲村山七段: 歩3

△羽生竜王: 歩2

 

一方、玉を立てて「中住まい」とした

村山七段はオーソドックスな「金開き」に構えると

先手の飛車先を受けるよりも先に、左の桂馬を跳躍し

直接相対峙する角のラインを止めました。。

 

続けて、▲8五歩と打てれば

後手の飛車先も収めることが出来ますが。。

 

 

 

28手目△2四飛。

 

上図での持ち駒

 

▲村山七段: 歩3

△羽生竜王: 歩2

 

羽生竜王は飛車を横へとスライドさせて

がら空きの2筋に合わせ、先手陣に揺さぶりをかけます。

この手に対し、村山七段が自陣に歩を打ち込むと。。

(29手目▲2七歩)

 

 

 

30手目△8四飛。

 

上図での持ち駒

 

▲村山七段: 歩2

△羽生竜王: 歩2

 

一歩を打たせたことに満足して

羽生竜王は再び8筋に飛車を戻しました。。

 

 

 

38手目△7五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲村山七段: 歩

△羽生竜王: 歩2

 

村山七段は8筋にも歩を打ち込み

後手の飛車を追い払ってから(33手目▲8五歩)

玉の左右に金銀を並べて自陣の囲いを完成します。。

 

一方、追われた飛車を引かずに5筋の戦場に構えた

羽生竜王は中央に向けて絞り込むように自陣を整えると

上図の局面で、頭の丸い桂馬の上空で歩を突き合わせ

角道を通したまま、先に仕掛けを開始します。。

 

この手に対して、村山七段は

スッと6筋の歩を突いて(39手目▲6五歩)

桂頭を守るべく、飛車の横利きを通しました。。

 

 

 

53手目▲2八玉。

 

上図での持ち駒

 

▲村山七段: 歩2

△羽生竜王: 歩2

 

飛び道具を乱舞し華々しい戦いになりやすい

「横歩取り」ですが、あくまでも桂馬で壁を作り

村山七段は角を自陣取り込んだまま指し進め

局面は次第に膠着状態へ。。

 

羽生竜王は飛車を左右に動かしながら

僅かな隙を見い出そうとしますが、対照的に

村山七段は持久戦も辞さずと、玉の入城を完了。。

長い長い序盤の駆け引きが続きます。。

 

 

 

67手目▲9七角。

 

上図での持ち駒

 

▲村山七段: 歩3

△羽生竜王: 歩3

 

細かな局地戦の後

村山七段は上図でついに、居角を解除。。

9筋の端から7筋の歩を狙います。。

 

この手に対し

羽生竜王が飛車の真下に銀を上げたのをみて。。

(68手目△6三銀)

 

 

 

69手目▲6五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲村山七段: 歩2

△羽生竜王: 歩3

 

小刻みに移動を繰り返し、現在は6筋の居を構える

羽生飛車の頭上目掛けて、村山七段は歩を突き立て

いよいよ戦端を開きます。。

 

羽生竜王はこの歩を桂馬で払い(70手目△同桂)

以下、▲同桂~△同飛~▲6六銀~△6四飛~▲6五歩~

△3四飛に▲7五銀をみて、△7四銀~▲6六銀~△8六歩~

▲同角に下図82手目△8五銀と進行。。

 

 

 

82手目△8五銀。

 

上図での持ち駒

 

▲村山七段: 桂、歩3

△羽生竜王: 桂、歩4

 

村山七段は模様を解して角の活用を目指しますが

羽生竜王はそうはさせじと、押さえ込みに掛かります。。

 

 

 

92手目△2七歩。

 

上図での持ち駒

 

▲村山七段: 銀、桂、歩2

△羽生竜王: 歩3

 

金の重石で先手の飛車・角を同時に押さえつけた

羽生竜王は上図で敵将の頭上に鋭く歩を突き立て

力づくで終盤戦突入を告げました。。

 

 

 

104手目△5八成桂。

 

上図での持ち駒

 

▲村山七段: 桂2、歩

△羽生竜王: 歩4

 

しかし、そうは行っても駒が密集し

先手陣は重厚ですが、羽生竜王は上図の局面で

飛車を差し出し、勝負に出ました。。

 

 

 

125手目▲2三飛。

 

上図での持ち駒

 

▲村山七段: 金、桂2

△羽生竜王: 歩4

 

後手の猛攻に対して

村山七段は玉を1筋のほら穴に隠して徹底抗戦。。

まるで「穴熊」のような切ったり貼ったりの攻防から

機をみて反撃に転じ、しぶとく食らいつきますが。。

 

 

「羽生竜王-村山七段」の棋譜はこちら

 

 

【 投了図・134手目△5一玉 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲村山七段: 金、桂2

△羽生竜王: 飛、桂、歩4

 

しかし、羽生竜王は全く動じず

先手の反撃をヒラリとかわした上図の局面をみて

村山七段は無念の投了を告げました。

 

ねじり合いを見事に制した

羽生竜王は好調さと充実感をうかがわせながら

これで年度をまたいで公式戦5連勝。

 

来週の水呼日(11日)

いよいよ開幕を迎える「春の本場所」

第76期名人戦7番勝負へ、迷いなく突き進みます。

 

 

 

□□□

 

第一人者は更なる進化と未だ見ぬ高みへ。。

 

第45回将棋大賞決定「最優秀棋士は羽生竜王」

 

 

□□□

 

 

神童・藤井六段、新年度も白星発進

 

 

 

□□□

 

第68回NHK杯がスタート

1回戦で夢のカードが実現。。

 

「1回戦で藤井六段-今泉四段が実現」

   

 

□□□

 

詰将棋界最大の祭典

第15回詰将棋解答選手権に神童登場

 

「藤井六段、貫禄の4連覇達成」

 

 


□□□

 

名人戦は11日(水)開幕。。

 

【速報版】「名人挑戦者は羽生竜王に決定!」

 

 

□□□

 

「将棋界の一番長い日」は劇的なフィナーレ。。

 

因縁の鬼勝負は劇的な終結

 

A級/最終戦「渡辺棋王-三浦九段は角換わり」

 

 

 

□□□

 

ふさわしき、伝説の始まり

 

 

午前の準決勝では羽生竜王に勝利!

 

歴史的初手合い「羽生竜王-藤井五段」実現

 

藤井六段前期成績一覧

 

慶春onLINE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

慶春さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス