豪腕はいまだ沈黙。。第31期竜王戦ランキング戦1組/2回戦「渡辺棋王-稲葉八段を振り返ろう」 | 柔らかい手~個人的将棋ブログ
2018年02月22日

豪腕はいまだ沈黙。。第31期竜王戦ランキング戦1組/2回戦「渡辺棋王-稲葉八段を振り返ろう」

テーマ:ブログ

第30期竜王戦中継サイト

第31期ランキング戦1組トーナメント表

 

 

 

2手目△3四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲稲葉八段: なし

△渡辺棋王: なし

 

今朝のエントリーでもご紹介させて頂きました通り

本日は第31期竜王戦ランキング戦2組トーナメントに

注目の三浦弘行九段が登場。1回戦を戦います。。

 

一昨日火曜日(20日)は、ランキング戦の1組に

「将棋ソフト冤罪事件」の告発者・渡辺明棋王が登場。

今期、無念の陥落となった虎の子のタイトル奪還に向け

稲葉陽八段との2回戦に臨みました。。

 

先手は稲葉八段。

その初手は飛車先を突く▲2六歩から。

対します、渡辺棋王も2手目に同じく飛車先を突く

△8四歩と返して、対局はスタート。。

 

 

 

5手目▲7八金。

 

上図での持ち駒

 

▲稲葉八段: なし

△渡辺棋王: なし

 

続く3手目に、稲葉八段が角道を開くと

渡辺棋王は追随せずに△3ニ金(4手目)と返して

態度を保留し、先手に手番を渡しました。。

 

この手をみて

稲葉八段も同じく角に金を連結すると。。

 

 

 

6手目△8五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲稲葉八段: なし

△渡辺棋王: なし

 

渡辺棋王は飛車先を決め

「角換わり」での勝負を指向しました。。

 

 

 

9手目▲6八銀。

 

上図での持ち駒

 

▲稲葉八段: なし

△渡辺棋王: なし

 

そのまま定跡手順の進行となり

上図で稲葉八段が銀を8筋ではなく6筋に構えて

後手からの角交換、あるいは角交換拒否に備えると。。

 

 

 

10手目△7七角成。

 

上図での持ち駒

 

▲稲葉八段: なし

△渡辺棋王: 角

 

渡辺棋王はケレン味なく、角交換を敢行。

手損のないノーマル角換わりとなりました。。

 

 

 

24手目△8四銀。

 

上図での持ち駒

 

▲稲葉八段: 角

△渡辺棋王: 角

 

角交換成立後

次なる焦点は右銀のポジショニングとなりますが

オーソドックスな「腰掛銀」に構えた稲葉八段に対して

渡辺棋王はより攻撃的な「棒銀」を採用しました。。

 

上図から次に

稲葉八段が右の金を立て、自陣をはかったのをみて

(25手目▲4八金)

 

 

 

26手目△7五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲稲葉八段: 角

△渡辺棋王: 角

 

渡辺棋王は7筋の歩を突き合わせ

早くも仕掛けを開始しました。。

 

この手に対し、稲葉八段は同歩とは応じずに

右の桂馬を跳躍させて(27手目▲3七桂)、以下

△7六歩~▲同銀~△7三銀~▲4五桂~△4四銀に

▲7五銀~△7四歩をみて、下図35手目▲6六銀と進行。。

 

 

 

35手目▲6六銀。

 

上図での持ち駒

 

▲稲葉八段: 角、歩

△渡辺棋王: 角

 

稲葉八段は前に出た後手の反動を利用して

4筋に桂馬の起点を作ると、左の銀をポジションを変えて

戦場に二枚の銀を並べる好形を築きました。。

 

この間に、「棒銀」を自陣に引き下げ

飛車先を軽くした渡辺棋王は8筋の歩を突き合わせ

追撃を試みますが(36手目△8六歩)。。

 

 

 

41手目▲2四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲稲葉八段: 角、歩

△渡辺棋王: 角、歩

 

後手の飛車先を重心低く受けた稲葉八段は

すかさず自らの飛車先で歩を突き合わせ反発。。

メリハリの利いた攻防で均衡を保ちます。。

 

 

 

59手目▲8九飛。

 

上図での持ち駒

 

▲稲葉八段: 角、歩2

△渡辺棋王: 歩

 

互いに飛車先の歩を切ると

自陣の整備に取り掛かり、端歩を巡る攻防の後

渡辺棋王は先に手持ちの角を投入し形を決めました。

(58手目△5四角)

 

この手をみて、稲葉八段は

駒の足りない8筋へ飛車の援軍を送ります。。

次に、渡辺棋王は左の桂馬を跳躍(60手目△3三桂)。。

駒組みが沸点に達した、次の瞬間。。

 

 

 

61手目▲7五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲稲葉八段: 角、歩

△渡辺棋王: 歩

 

稲葉八段は7筋の歩を突き合わせ、宣戦布告。

いよいよ戦いの火ぶたが切って落とされました。。

 

渡辺棋王は強く△同歩(62手目)と応じて、以下

▲7四歩~△4五桂~▲7三歩成~△同金に▲6五桂~

△7四金~▲5五桂~△6五銀をみて▲7ニ角~△6六銀~

下図73手目▲8一角成と激しく進行。。

 

 

 

73手目▲8一角成。

 

上図での持ち駒

 

▲稲葉八段: 飛

△渡辺棋王: 銀、桂2、歩3

 

互いに我が道を行く熱き攻め合いとなり

稲葉八段が角で飛車を捕獲し、馬を作りますが

手番を握った渡辺棋王は、上図から次に。。

 

 

 

74手目△5七桂成。

 

上図での持ち駒

 

▲稲葉八段: 飛

△渡辺棋王: 銀、桂2、歩4

 

稲葉玉の頭上に桂馬を叩き込み腕まくり。。

力尽くでねじ伏せに掛かりました。。

 

が、しかし

 

 

 

83手目▲7ニ飛。

 

上図での持ち駒

 

▲稲葉八段: 銀2

△渡辺棋王: 金、銀、桂3、歩5

 

渡辺棋王自慢の豪腕は、本局も不発。。

代わりにすぐさま反撃に転じた稲葉八段の攻めは

鋭く厳しく、形勢はあっという間に後手へと傾きます。。

 

 

【 投了図・99手目▲4五桂 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲稲葉八段: 金、銀2、桂、歩2

△渡辺棋王: 飛、金、銀、桂、歩5

 

上図の局面をみて渡辺棋王、無念の投了。

稲葉八段が攻守に切れをみせ、見事完勝を飾りました。

 

この結果、稲葉八段は1組ベスト4進出。

「久保利明王将-広瀬章人八段」の勝者と

決勝進出を懸けて準決勝を戦います。。

 

一方、本局も勝負どころで精彩を欠いた

渡辺棋王は4位決定戦に回り、裏街道からの

決勝トーナメント進出を目指します。。

 

 

 □□□

 

羽生竜王も新たな第一歩

 

 

王位戦・紅組/1回戦「羽生竜王、受賞後初白星」

 

 

 

 

□□□

 

王将戦/第4局・一日目の所感

 

攻めるのか、渡すのか。。

 

舞台は尼崎。。

 

王将戦/第4局開幕前夜

 

 

□□□

 

美しき挑戦は叶わず。。

 

里見三段、奨励会退会決定

 

 

□□□

 

ふさわしき、伝説の始まり

 

 

 

午前の準決勝では羽生竜王に勝利!

 

歴史的初手合い「羽生竜王-藤井五段」実現

 

藤井五段今期成績一覧

 

慶春onLINE

 

 

 

慶春さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス