大熱戦はマジカルに。。第67回NHK杯/準々決勝「山崎八段-斎藤七段を振り返ろう」 | 柔らかい手~個人的将棋ブログ
2018年02月13日

大熱戦はマジカルに。。第67回NHK杯/準々決勝「山崎八段-斎藤七段を振り返ろう」

テーマ:ブログ

第67回NHK杯将棋トーナメント
決勝トーナメント表

 

 

 

 

今回は日曜日に放送された注目カード

第67回NHK杯将棋トーナメント/準々決勝

「山崎隆之八段-斎藤慎太郎七段」の模様を

振り返らせていただきます。

 

 

 

2手目△6ニ銀。

 

上図での持ち駒

 

▲斎藤七段: なし

△山崎八段: なし

 

ともに関西所属ながら、力戦派の英雄・山崎八段に

居飛車の正統派・斎藤七段と棋風は正反対の両雄。。

 

本局も先手・斎藤七段の初手▲7六歩に対して

山崎八段は2手目に角道を開くでも、飛車先を突くでもなく

△6ニ銀と返し、いきなりらしさをみせて対局はスタート。。

 

 

 

5手目▲2五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲斎藤七段: なし

△山崎八段: なし

 

そのまま歩を突かずに駒組みを進める

山崎八段に対して、斎藤七段が飛車先を決めると。。

 

 

 

6手目△7四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲斎藤七段: なし

△山崎八段: なし

 

山崎八段は挑発的に7筋の歩を突いて

飛車のコビンを開き、先手からの仕掛けを誘います。。

 

 

 

12手目△7三銀。

 

上図での持ち駒

 

▲斎藤七段: 歩2

△山崎八段: なし

 

序盤から自由奔放に模様を描く山崎八段に対して

あくまでも自然な手を重ねる斎藤七段は注文に応じ

二枚の歩をかすめとり、飛車を7筋へと旋回しました。。

 

すると、山崎八段は想定内と銀を繰り上げ

遠征してきた斎藤飛車に移動を勧告します。。

 

 

 

29手目▲2五銀。

 

上図での持ち駒

 

▲斎藤七段: 歩2

△山崎八段: なし

 

後手の主導ながらも歩得となった斎藤七段は

飛車を元居た2筋に引き戻すと、その先に銀を乗せ

シンプルながらも破壊力抜群の「棒銀」を投入。。

 

上図から次に、山崎八段が

右の銀を戦場に繰り出し(30手目△6四銀)

角の前途を開いたのをみて。。

 

 

 

31手目▲4五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲斎藤七段: 歩2

△山崎八段: なし

 

斎藤七段は機敏に4筋の歩を突き合わせ

先に仕掛けを開始しました。。

 

山崎八段は△同歩(32手目)と応じて、以下

▲3六歩~△4六歩~▲4八飛~△7ニ飛~▲4六飛に

△4五歩~▲4八飛~△7六飛をみて、下図41手目

▲6九玉と進行。。

 

 

 

41手目▲6九玉。

 

上図での持ち駒

 

▲斎藤七段: 歩3

△山崎八段: 歩

 

互いの飛車が躍動し、盤上が活気づきますが

斎藤七段は突進してきた後手の飛車先を放置し

このタイミングで居玉を解除し、6筋に寄せました。。

 

 

 

50手目△4六飛。

 

上図での持ち駒

 

▲斎藤七段: 歩

△山崎八段: 歩

 

攻めは細かく歩を利かせて模様を動かし

守りは飛車が移動し宙に浮いた「棒銀」を引き戻し

自陣を厚くして斎藤七段は中盤の攻防に備えます。。

 

しかし、一方の山崎八段はその間に

銀と桂馬を戦場に放り出し、迫力ある模様を張ると

上図で飛車を4筋へと振り、威勢よく飛車交換を要求。。

 

この手に対し、斎藤七段が

「交換したければ、そちらからどうぞ」と銀を引き

手番を渡すと(51手目▲3九銀)、山崎八段はヒラリと

かわして飛車交換保留し、力を溜めます(52手目△3六飛)。。

 

 

 

71手目▲4四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲斎藤七段: 香、歩

△山崎八段: 金、歩2

 

双方、敵陣に馬を作っていざ開戦となると

いち早く、龍も作った斎藤七段が攻勢を強めます。。

上図で金を叩いて吊り上げると(72手目△同金)。。

 

 

 

73手目▲4七香。

 

上図での持ち駒

 

▲斎藤七段: 歩

△山崎八段: 金、歩3

 

4筋で出番を待つ後手の飛車目掛けて

香車を投入、金もろとも厳しく射抜きますが。。

 

 

 

74手目△4七同飛成。

 

上図での持ち駒

 

▲斎藤七段: 歩

△山崎八段: 金、香、歩3

 

待ってましたと言わんばかりに

山崎八段は飛車を突進させて香車を捕獲。。

さらに熱く、激しく盤上を燃やします。。

 

 

 

89手目▲8ニ飛。

 

上図での持ち駒

 

▲斎藤七段: 銀

△山崎八段: 角、銀、桂、歩3

 

しかし、逆に燃料を得た格好の斎藤七段が

さらにアクセルを踏み込み、山崎八段は防戦一方。。

もはやここまでかと、思われましたが。。

 

しかし、5筋の金を取らずに

勢い込んで打ち込んだ、上図の飛車の王手が

痛恨の勇み足となり、次の山崎八段渾身の一着

△7ニ銀(90手目)で形勢の針が極端に振れます。。

 

 

「山崎八段-斎藤七段」の棋譜はこちら

 

 

【 投了図・112手目△7六桂 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲斎藤七段: 飛、角、金、銀2、香、歩

△山崎八段: 金、歩3

 

いかにも詰みそうだった後手玉に詰みはなく

逆に上図で放たれた桂馬の王手で先手玉は寄り切り。。

大熱戦は意外な結末、山崎八段がマジカルな逆転勝利で

ベスト4進出を決めました。

 

 

 

□□□

 

棋王戦/第1局・終局直後の印象

 

豪腕沈黙。。精彩は戻らず

 

 

舞台は宇都宮。。

 

棋王戦/第1局開幕前夜

 

 

□□□

 

王将戦/第3局は久保王将に凱歌

 

 

 

王将戦/第3局・一日目の所感

 

ともに難解、ひねりどころ。。

 

第3局は栃木決戦

 

王将戦/第3局、開幕前夜

 

 


□□□

 

羽生竜王、祝・国民栄誉賞受賞決定。

 

指し初め式。。公式戦取組が再開

 

 

 

 

□□□

  

羽生永世七冠、かく語りき

 

 

 

永世七冠達成の興奮はさめず。。

 

世紀の瞬間、その余韻

 

 

  

□□□

 

前人未到空前絶後の偉業達成!

 

羽生永世七冠、いまなお進化の途中で

 

 

竜王戦/第5局・一日目の所感。。

 

風は先手に。。

 

 

世紀の決戦、舞台は鹿児島。。

 

竜王戦/第5局開幕前夜

Behind the game

 

 

将棋の代名詞・羽生棋聖の現在地

 

過去の衝撃、未来への衝撃

 

 

【速報版】「羽生棋聖、圧勝」

羽生棋聖今期成績一覧

 

□□□

 

前哨戦の先に見据えるものは。。

 

点はすでに線上に。。

 

 

□□□

 

羽生棋聖、悲願の竜王奪取に王手!

竜王戦/第4局終局直後の感想

 

一方的な、この余韻。。


竜王戦/第4局・一日目の所感。。

 

デザインはシンクロするか。。

 

 

 

第4局の舞台は新潟

 

竜王戦/第4局開幕

 

 

慶春onLINE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

慶春さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス