第43期棋王戦5番勝負/第1局「終局直後」 | 柔らかい手~個人的将棋ブログ
2018年02月13日

第43期棋王戦5番勝負/第1局「終局直後」

テーマ:ブログ

第43期棋王戦中継サイト
中継ブログ

 

【 投了図・189手目▲4九角 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲渡辺棋王: 桂、歩4

△永瀬七段: 飛、角、金、銀、桂、香、歩5

 

昨日、決着をみました

注目の第43機棋王戦5番勝負/第1局は

上図189手までで、先手・渡辺棋王が勝利。

 

「渡辺棋王、泥沼の白星発進」

 

 

中盤までの渡辺棋王の完勝模様から一転

永瀬七段が終盤で粘りに粘って徹底抗戦。。

いつ果てるとも知れない泥沼の攻防となるも

渡辺棋王が辛うじて白星発進を決めました。。

 

 

【 終局直後 】

 

渡辺棋王

 

―― 終盤はかなり大変に見えましたが。

 

入玉されてしまったので

ちょっと攻めかたがおかしかったですね。

 

―― 序盤からうまく

作戦が決まったように見えましたが。

 

歩を4枚持って収まった

あたりはうまくいっていると思ったのですが。

 

 

 

53手目▲2八飛。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺棋王: 角、歩4

△永瀬七段: 角、歩

 

飛車を取ったあとに

方針が一貫していませんでした。

ちょっとチグハグでしたね。

 

 

 

89手目▲6ニ同角成。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺棋王: 飛、香、歩

△永瀬七段: 桂2、歩5

 

 

―― 勝ちを意識されたのは?

 

▲2九金(169手目)から飛車が取れて

ようやく寄るか駒が取れるかという形になったので。

それまでは相入玉の可能性が出てきたなと思っていました。

 

 

 

169手目▲2九金。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺棋王: 桂、歩2

△永瀬七段: 角、桂、香、歩4

 

 

―― シリーズとしては大きな1勝だと思いますが。

 

次局以降に継続できるように頑張ります。

 

 

 

 

永瀬七段

 

―― 序盤はかなり苦しい局面が

続いたように思いましたが。

 

勝負どころができないような気がしたのですが。

 

―― 中盤から終盤は、反撃というか

永瀬さん独特の粘りが出たように思いますが。

 

 

 

148手目△3三香。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺棋王: 角、金、歩

△永瀬七段: 飛、金、香、歩4

 

入玉できればという将棋なので

勝ちにはなかなかならないので楽しみは少ないのですが。

少し勝負どころができて、もう少し差を縮める延命策が

あったのかと思います。

 

―― 今日は雁木でしたが、予定ですか?

 

 

 

30手目△6三銀。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺棋王: なし

△永瀬七段: なし

 

今日はこれでと。

 

―― 惜しくも敗れましたが、第2局以降に向けては?

 

序盤でかなり苦しくなってしまったので

その点を修正して頑張りたいなと思います。

 

 

 

 

棋王戦/第1局の棋譜中継はこちら

 

 

 

□□□

 

棋王戦/第1局・終局直後の印象

 

豪腕沈黙。。精彩は戻らず

 

 

舞台は宇都宮。。

 

棋王戦/第1局開幕前夜

 

 

□□□

 

王将戦/第3局は久保王将に凱歌

 

 

 

王将戦/第3局・一日目の所感

 

ともに難解、ひねりどころ。。

 

第3局は栃木決戦

 

王将戦/第3局、開幕前夜

 

 


□□□

 

羽生竜王、祝・国民栄誉賞受賞決定。

 

指し初め式。。公式戦取組が再開

 

 

 

 

□□□

  

羽生永世七冠、かく語りき

 

 

 

永世七冠達成の興奮はさめず。。

 

世紀の瞬間、その余韻

 

 

  

□□□

 

前人未到空前絶後の偉業達成!

 

羽生永世七冠、いまなお進化の途中で

 

 

竜王戦/第5局・一日目の所感。。

 

風は先手に。。

 

 

世紀の決戦、舞台は鹿児島。。

 

竜王戦/第5局開幕前夜

Behind the game

 

 

将棋の代名詞・羽生棋聖の現在地

 

過去の衝撃、未来への衝撃

 

 

【速報版】「羽生棋聖、圧勝」

羽生棋聖今期成績一覧

 

□□□

 

前哨戦の先に見据えるものは。。

 

点はすでに線上に。。

 

 

□□□

 

羽生棋聖、悲願の竜王奪取に王手!

竜王戦/第4局終局直後の感想

 

一方的な、この余韻。。


竜王戦/第4局・一日目の所感。。

 

デザインはシンクロするか。。

 

 

 

第4局の舞台は新潟

 

竜王戦/第4局開幕

 

 

慶春onLINE

 

 

 

慶春さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス