またも急所で。。第76期A級順位戦/10回戦「豊島八段敗れる、優勝争いは大混戦」 | 柔らかい手~個人的将棋ブログ
2018年02月02日

またも急所で。。第76期A級順位戦/10回戦「豊島八段敗れる、優勝争いは大混戦」

テーマ:ブログ

名人戦棋譜速報(有料。要登録。)

第76期A級順位戦対戦表

 

【 投了図・150手目△4九角 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲豊島八段: 飛、金、銀、桂、歩5

△三浦九段: 銀

 

昨日行なわれました、第76期順位戦のうち

最高峰・A級のラス前となります10回戦・一斉対局

注目の「豊島将之八段-三浦弘行八段」の一戦は

上図150手までで、後手・三浦九段が勝利。

 

夕食休憩前までの流れ

 

 

 

76手目△5六同飛。

 

上図での持ち駒

 

▲豊島八段: 歩4

△三浦九段: 飛、桂

 

戦型は「横歩取り」。

残留に向けて絶対に負けられない三浦九段は

趣向の「△3三桂」型で勝負を挑みます

 

駒が組み上がってからの長い長い中盤戦を経て

上図で三浦九段が中央5筋での飛車交換に応じ

ついに、戦いの火ぶたが切って落とされました。。

 

【 投了図・150手目△4九角 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲豊島八段: 飛、金、銀、桂、歩5

△三浦九段: 銀

 

激しく踏み込む三浦九段の猛攻をしのぎ

豊島八段は強く反撃に転じ、終盤戦は手に汗握る

白熱の攻防戦となりましたが、いつ果てるとも知れぬ

死闘にピリオドを打ったのは、三浦九段でした。

 

ともに1分将棋に突入し、日付も変わった

上図の局面で豊島八段、無念にして痛恨の投了。。

 

終局時刻は午前0時53分。

熱戦を見事制した三浦九段は4勝5敗となり

最終戦の渡辺明棋王戦に自力残留を懸けます。

 

一方、またしても急所で手痛い黒星を喫した

豊島八段は6勝3敗となり、単独首位から陥落。。

昨日勝利を飾った久保王将と同星で並びました。

 

また、同じく昨日勝利を飾った羽生竜王も

最終戦が抜け番となり6勝4敗で全日程を終了。

他力ながらもプレーオフ進出の可能性を残します。。

 

他にも5勝4敗で

稲葉陽八段、広瀬章人八段、佐藤康光卯段が続き

ここ数年無風だったA級の優勝争いは残留争いともども

久しぶりの大混戦で最終戦を迎えます。。

 

 

□□□

 

C級2組では神童・藤井四段が快挙達成!

来期のC級1組昇級と中学生での五段昇段となりました。

 

【速報版】「藤井四段、無傷の9連勝で昇級決定」

 

 

 

 

□□□

 

日曜日には王将戦、女流名人戦が。。

 

第2局はともに王者が勝利。。

 

 

 

□□□

 

王将戦/第2局・一日目の所感

 

捌きどころの手応えは。。

 

 

 

 

□□□

 

「渡辺棋王-三浦九段」の所感も。。

 

それぞれの世界観

 

 

三浦九段、冤罪事件を読む

アニーと仲間たち活動の記録

 

 

□□□

 

伝統のタイトル戦

王将戦/第1局終局直後の感想

 

思わぬ大差のスタートも。。

 

王将戦/第1局・一日目の所感と封じ手予想

 

急所の長考。。

 


□□□

 

羽生竜王、祝・国民栄誉賞受賞決定。

 

指し初め式。。公式戦取組が再開

 

 

 

 

□□□

  

羽生永世七冠、かく語りき

 

 

 

永世七冠達成の興奮はさめず。。

 

世紀の瞬間、その余韻

 

 

  

□□□

 

前人未到空前絶後の偉業達成!

 

羽生永世七冠、いまなお進化の途中で

 

 

竜王戦/第5局・一日目の所感。。

 

風は先手に。。

 

 

世紀の決戦、舞台は鹿児島。。

 

竜王戦/第5局開幕前夜

Behind the game

 

 

将棋の代名詞・羽生棋聖の現在地

 

過去の衝撃、未来への衝撃

 

 

【速報版】「羽生棋聖、圧勝」

羽生棋聖今期成績一覧

 

□□□

 

前哨戦の先に見据えるものは。。

 

点はすでに線上に。。

 

 

□□□

 

羽生棋聖、悲願の竜王奪取に王手!

竜王戦/第4局終局直後の感想

 

一方的な、この余韻。。


竜王戦/第4局・一日目の所感。。

 

デザインはシンクロするか。。

 

 

 

第4局の舞台は新潟

 

竜王戦/第4局開幕

 

 

慶春onLINE

 

 

 

慶春さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス