本日も第76期A級順位戦/9回戦「久保王将-稲葉八段は静かなる熱闘」 | 柔らかい手~個人的将棋ブログ
2018年01月12日

本日も第76期A級順位戦/9回戦「久保王将-稲葉八段は静かなる熱闘」

テーマ:ブログ

名人戦棋譜速報(有料。要登録。)

第76期A級順位戦対戦表

 

 

 

 

羽生竜王、痛恨の黒星に衝撃が走った

昨日に続きまして、本日も第76期A級順位戦の9回戦

「久保利明王将-稲葉陽八段」が行なわれています。。

 

 

 

2手目△8四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲久保王将: なし

△稲葉八段: なし

 

先手は久保王将

その初手は角道を開く▲7六歩から。

対します、稲葉八段は2手目に飛車先を突く

△8四歩と返し、対局はスタート。。

 

早々と居飛車を明示した後手に対して

振り飛車党現党首・久保王将は、次に。。

 

 

 

3手目▲7八飛。

 

上図での持ち駒

 

▲久保王将: なし

△稲葉八段: なし

 

颯爽と飛車に手を掛け、7筋へと振り

「三間飛車」を投入しました。。

 

久保王将の今期ここまでの成績は

26戦16勝10敗(.615)。順位戦は5勝2敗で

豊島将之八段と並び優勝争いのトップに立ちます。。

 

また、同じく豊島八段の挑戦を受ける

第67期王将戦も先週、開幕を迎え黒星スタート。

本局は順位戦単独首位と新年初白星が懸かります。

 

この手をみて

稲葉八段が飛車先を決めてから(4手目△8五歩)

自らの角道を開くと(6手目△3四歩)。。

 

 

 

7手目▲6六歩。

 

上図での持ち駒

 

▲久保王将: なし

△稲葉八段: なし

 

久保王将は3分の少考で角道を止め

持久戦模様の駒組みを指向しました。。

 

 

 

18手目△1四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲久保王将: なし

△稲葉八段: なし

 

その後

両者は息を合わせて玉の囲いを目指しますが

上図の局面で稲葉八段が1筋の端歩を突いて

先手の意向を尋ねると。。

 

 

 

19手目▲1八香。

 

上図での持ち駒

 

▲久保王将: なし

△稲葉八段: なし

 

久保王将は17分の考慮の後

1筋の端歩を受けずに香車を一段上げて

堅くて遠い「穴熊」を明示しました。。

 

 

 

24手目△3三角。

 

上図での持ち駒

 

▲久保王将: なし

△稲葉八段: なし

 

午前の対局は上図24手目まで進行。

玉を「穴熊」に納めた久保王将は(21手目▲1九玉)

銀のハッチを閉める前に、7筋の位を確保。。

先の模様に思いを馳せます。。

 

この手をみて

稲葉八段が角を3三の地点に上げたところで

昼食休憩突入となりました。。

 

【 お昼のオーダー 】

 

両者ともに

「サービスランチ(牛肉の照り焼き)」

 

サービスランチ登場ということは

本局の舞台は西の総本山・関西将棋会館にて。。

 

 

 

26手目△8四飛。

 

上図での持ち駒

 

▲久保王将: なし

△稲葉八段: なし

 

午後の対局開始の一手で

久保王将は角を自陣最下段へと引き下げます。。

(25手目▲5九角)

 

この手に対し

稲葉八段がフワリと飛車を浮かすと。。

 

 

 

27手目▲2八銀。

 

上図での持ち駒

 

▲久保王将: なし

△稲葉八段: なし

 

久保王将は22分時間を費やし

このタイミングで「穴熊」の銀のハッチを閉めました。

 

 

 

36手目△4三金。

 

上図での持ち駒

 

▲久保王将: なし

△稲葉八段: なし

 

久保王将は金も連結し、「穴熊」を完成。

対します稲葉八段も玉の入城をすませてから

上図で「高美濃囲い」を完成しました。。

 

次に、久保王将が角を4筋に上げて

戦列復帰に備えラインを変えると(37手目▲4八角)。。

 

 

 

38手目△1五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲久保王将: なし

△稲葉八段: なし

 

稲葉八段は懐深く

1筋の歩を突き越し、間合いを計りました。。

 

稲葉八段の今期ここまでの成績は

35戦19勝16敗(.543)。順位戦は4勝4敗。

 

前期のA級では初参戦、初優勝の快挙を成遂げ

名人戦の桧舞台に姿を現した、稲葉八段ですが

同世代の佐藤天彦名人との番勝負は善戦空しく

2勝4敗で敗れ、名人奪取は成らず。。

 

大きな経験を糧に臨んだ今期の順位戦は

3連敗を喫するなど振るわず、一時は下位に低迷しましたが

レース終盤に差し掛かると、地力を発揮し現在は2連勝中。

五分の星に戻し、降級圏内から脱出しました。

 

とはいえ、今期の降級枠は3つ。

残留争いも混戦模様となっており、番付1位とはいえ

まだまだ予断を許さず、まずは本局に必勝を期します。

 

 

 

50手目△5ニ金。

 

上図での持ち駒

 

▲久保王将: なし

△稲葉八段: なし

 

気になる両者の対戦成績は

ここまで5戦して、久保王将の3勝2敗と拮抗。

 

優勝、残留を懸け、ともに絶対に負けられない一戦に

両者は時間と手数を存分にかけて駒を組み合いますが

稲葉八段が銀を頭上に乗せた玉の横腹に金を連結し

囲いを引き締めた、次の瞬間。。

 

 

 

51手目▲4六歩。

 

上図での持ち駒

 

▲久保王将: なし

△稲葉八段: なし

 

久保王将は4筋の歩を突き合わせ

満を持しての仕掛けを開始しました。。

 

稲葉八段はすぐに△同歩(52手目)と応じて、以下

▲同角~△4五歩~▲5七角に△4四角~▲4七銀~

△3三桂をみて、下図59手目▲3七桂と進行。。

 

 

 

59手目▲3七桂。

 

上図での持ち駒

 

▲久保王将: 歩

△稲葉八段: なし

 

しかし、すぐの開戦には至らず。

両者は囲いに桂馬を跳ねて、さらに力を溜めた

上図の局面で、夜戦に備えて夕食休憩に突入。。

 

【 夕食のオーダー 】

 

久保王将: 親子丼、温そば

稲葉八段: カツ丼、温うどん

 

夕食休憩の時間になっても、なお

駒を組み合い、ジッと間合いを計り合いながら

両者は水面下で読みと駆け引きを繰り広げます。。

 

果たして、静かなる熱闘を最後に制するのは。。

終盤戦からも目が離せません。。

 

 

 

 

□□□

 

藤井四段、スペシャリストから見事勝利

 

藤井四段、圧勝で2018年初白星

 

 

 

□□□

 

昨日決着!

王将戦/第1局終局直後の感想

 

思わぬ大差のスタートも。。

 

王将戦/第1局・一日目の所感と封じ手予想

 

急所の長考。。

 


□□□

 

羽生竜王、祝・国民栄誉賞受賞決定。

 

指し初め式。。公式戦取組が再開

 

 

 

 

□□□

  

羽生永世七冠、かく語りき

 

 

 

永世七冠達成の興奮はさめず。。

 

世紀の瞬間、その余韻

 

 

  

□□□

 

前人未到空前絶後の偉業達成!

 

羽生永世七冠、いまなお進化の途中で

 

 

竜王戦/第5局・一日目の所感。。

 

風は先手に。。

 

 

世紀の決戦、舞台は鹿児島。。

 

竜王戦/第5局開幕前夜

Behind the game

 

 

将棋の代名詞・羽生棋聖の現在地

 

過去の衝撃、未来への衝撃

 

 

【速報版】「羽生棋聖、圧勝」

羽生棋聖今期成績一覧

 

□□□

 

前哨戦の先に見据えるものは。。

 

点はすでに線上に。。

 

 

□□□

 

羽生棋聖、悲願の竜王奪取に王手!

竜王戦/第4局終局直後の感想

 

一方的な、この余韻。。


竜王戦/第4局・一日目の所感。。

 

デザインはシンクロするか。。

 

 

 

 

第4局の舞台は新潟

 

竜王戦/第4局開幕

 

 

慶春onLINE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

慶春さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス