第76期A級順位戦/9回戦「羽生竜王-佐藤九段は康光流ダイレクト向かい飛車」 | 柔らかい手~個人的将棋ブログ
2018年01月11日

第76期A級順位戦/9回戦「羽生竜王-佐藤九段は康光流ダイレクト向かい飛車」

テーマ:ブログ

名人戦棋譜速報(有料。要登録。)

第76期A級順位戦対戦表

 

 

 

本日行なわれています

第76期A級順位戦/9回戦の大注目カード

「羽生善治竜王-佐藤康光九段」

 

 

 

2手目△3四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: なし

△佐藤九段: なし

 

先手は羽生竜王。

2018年の初手は角道を開く▲7六歩から。

対します、佐藤九段も2手目に同じく角道を開く

△3四歩と返し、対局はスタートとなりました。。

 

続く3手目に

羽生竜王は▲2六歩と飛車先の歩を突き

居飛車を明示すると。。

 

 

 

4手目△8八角成。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: なし

△佐藤九段: 角

 

佐藤九段は1分の少考の後

「一手損角換わり」を敢行します。。

 

 

 

8手目△3三銀。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 角

△佐藤九段: 角

 

角交換成立後

佐藤九段は3三の地点に銀を繰り上げると

次に、羽生竜王が居玉を解除したのをみて。。

(9手目▲6八玉)

 

 

 

10手目△2ニ飛。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 角

△佐藤九段: 角

 

佐藤九段はノータイムで飛車を2筋へと振り

永遠のライバル・羽生竜王との159回目の対局は

「康光流ダイレクト向かい飛車」で勝負します。。

 

 

 

14手目△7四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 角

△佐藤九段: 角

 

角を交換し、飛車のポジションも決まると

両者は玉の囲いを目指しますが、上図で佐藤九段は

将来的に玉を8二の地点に構えた時にラインが重なる

7筋の歩を挑発的に突き、用意の作戦を示唆します。。

 

 

 

19手目▲8六歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 角

△佐藤九段: 角

 

意欲的な駒組みを進める後手に対して

羽生竜王は注意深く出方をうかがいながら

8筋の歩を突き「銀冠」を指向した上図の局面で

午前の対局は終了となり、お昼休憩に突入。。

 

【 お昼のオーダー 】

 

羽生竜王: 五目チャーハン

佐藤九段: ちらし寿司(並)

 

 

 

21手目▲8七銀。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 角

△佐藤九段: 角

 

午後の対局開始の一手で

佐藤九段が午前と合わせて51分の長考の後

玉の横腹に金を上げて引き締めると(20手目△5ニ金左)

羽生竜王は銀を立て、囲いの準備に取りかかります。。

 

 

 

26手目△4四銀。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 角

△佐藤九段: 角

 

羽生竜王は7七の地点を空けて「銀冠」を完成。

一方、玉を6二の地点に留めたままの佐藤九段が

上図で銀を戦場に繰り出すと。。

 

 

 

27手目▲5六銀。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 角

△佐藤九段: 角

 

羽生竜王は角の打ちこみを警戒し右金を残したまま

銀を5筋の戦場へと繰り出し、隙の無い駒組みを継続。。

指し手の難しくなってきた佐藤九段が18分の考慮の後

玉を7筋へと移動したのをみて(28手目△7一玉)。。

 

 

 

29手目▲4五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 角

△佐藤九段: 角

 

羽生竜王は21分の考慮の後

4筋の歩を突き出し、後手の銀を追い払います。。

 

この手に対し、佐藤九段はすぐに

銀を自陣に引き戻し(30手目△3三銀)、以下

▲6六歩~△4四歩~▲同歩~△同銀~▲4八飛に

下図36手目△4三歩と進行。。

 

 

 

36手目△4三歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 角、歩

△佐藤九段: 角

 

佐藤九段は一拍置いてから

4筋で歩交換を成立させ、再び銀を繰り出します。

羽生竜王が機敏に飛車を4筋に合わせ銀取りを狙うも

佐藤九段は銀を引かずに歩を施し、4筋を収めました。。

 

この手をみて、羽生竜王は次に。。

 

 

 

37手目▲4五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 角

△佐藤九段: 角

 

「銀を戦場には張らせないぞ!」と

再び佐藤銀の頭上を歩で叩きます。。

 

この手に対し、佐藤九段がここは我慢と

銀をまたしても3筋に引き下げたのをみて。。

(38手目△3三銀)

 

 

 

39手目▲2八飛。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 角

△佐藤九段: 角

 

羽生竜王はノータイムで

飛車を元居た2八の地点に戻しました。。

 

すると、次の瞬間。。

 

 

40手目△4四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 角

△佐藤九段: 角

 

「黙って言いなりにはならないぞ!」と

同じくノータイムで4筋の歩をぶつけます。。

 

羽生竜王は▲同歩(41t目)と応じて、以下

△同銀~▲4五歩に△3五銀~▲5五角~△3三角~

▲同角~下図48手目△同桂と進行。。

 

 

 

48手目△3三同桂。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 角

△佐藤九段: 角、歩

 

佐藤九段は「千日手」模様を自ら打破して

強く前に出した銀に溢れる闘志を投影します。。

 

後手が前に出たところをカウンターで叩きたい

羽生竜王が打ち込んだ角に角を合わせて消しつつ

佐藤九段が桂馬を跳ねた上図の局面で、夜戦に備えて

40分間の夕食休憩に突入となりました。。

 

【 夕食のオーダー 】

 

両者ともに「チキンカツ定食」

 

両者の意地と気迫、そして読みが盤上にほとばしる

見応え十二分のさすがの大熱戦に。。ただ現局面では

4筋の位が大きく、次に▲4八飛や▲5五角が味良さ気な

先手がややリードといった印象を受けますが。。

 

しかし、勝利への道にはまだまだ一山も二山も。。

夕食休憩明けからの終盤戦から目が離せません。

 

 

□□□

 

本日は神童・藤井四段も登場

 

対するは“コーヤン流”中田七段

 

 

 

 

 

 

神童の同期・大橋四段も要注目。

 

藤井四段は同期の前に黒星発進

 

 

 

 

 

□□□

 

昨日決着!

王将戦/第1局終局直後の感想

 

思わぬ大差のスタートも。。

 

王将戦/第1局・一日目の所感と封じ手予想

 

急所の長考。。

 


□□□

 

羽生竜王、祝・国民栄誉賞受賞決定。

 

指し初め式。。公式戦取組が再開

 

 

 

 

□□□

  

羽生永世七冠、かく語りき

 

 

 

永世七冠達成の興奮はさめず。。

 

世紀の瞬間、その余韻

 

 

  

□□□

 

前人未到空前絶後の偉業達成!

 

羽生永世七冠、いまなお進化の途中で

 

 

竜王戦/第5局・一日目の所感。。

 

風は先手に。。

 

 

世紀の決戦、舞台は鹿児島。。

 

竜王戦/第5局開幕前夜

Behind the game

 

 

将棋の代名詞・羽生棋聖の現在地

 

過去の衝撃、未来への衝撃

 

 

【速報版】「羽生棋聖、圧勝」

羽生棋聖今期成績一覧

 

□□□

 

前哨戦の先に見据えるものは。。

 

点はすでに線上に。。

 

 

□□□

 

羽生棋聖、悲願の竜王奪取に王手!

竜王戦/第4局終局直後の感想

 

一方的な、この余韻。。


竜王戦/第4局・一日目の所感。。

 

デザインはシンクロするか。。

 

 

 

 

第4局の舞台は新潟

 

竜王戦/第4局開幕

 

 

慶春onLINE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

慶春さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス