将棋界の気になるつぶやき






2017年11月14日

第67期王将戦挑戦者決定リーグ/6回戦「豊島八段-糸谷八段を振り返ろう」

テーマ:ブログ

第66期王将戦 – 毎日新聞
第67期挑戦者決定リーグ対戦表

 

 

 

 

今回は昨日行なわれました

第67期王将戦挑戦者決定リーグ戦の大一番

「豊島将之八段-糸谷哲郎八段」の6回戦の模様を

振り返らせていただきます。。

 

 

 

2手目△3四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲豊島八段: なし

△糸谷八段: なし

 

先手は豊島八段。

本局に勝利すれば最終戦の結果を待たずに

独走で王将戦挑戦権獲得が決まる大一番の

初手は角道を開く▲7六歩から。。

 

対します、糸谷八段も2手目に同じく

角道を開く△3四歩と返し、対局はスタート。。

 

 

 

5手目▲2五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲豊島八段: なし

△糸谷八段: なし

 

続く3手目に、飛車先の歩を突き

居飛車を明示した豊島八段に対して

糸谷八段は追随せずに4手目△3ニ金と返し

戦型に含みを持たせます。。

 

この手をみて、豊島八段は

飛車先を決めて後手に△3三角の受けを強要。

まずは「角換わり」調の出だしとなりました。。

 

 

 

9手目▲6六歩。

 

上図での持ち駒

 

▲豊島八段: なし

△糸谷八段: なし

 

しかし、飛車先を保留する後手に対し

豊島八段は上図で自ら角道を止め角交換を拒否。

序盤から戦型を巡る駆け引きが繰り広げられます。。

 

 

 

21手目▲6九玉。

 

上図での持ち駒

 

▲豊島八段: なし

△糸谷八段: なし

 

銀を5筋の戦場に繰り出した糸谷八段が

先に居玉を解除すると(20手目△4一玉)

「雁木」模様に駒組みを進める豊島八段も

玉に手をかけ6筋に寄せました。。

 

すると、次の瞬間。。

 

 

 

22手目△6ニ飛。

 

上図での持ち駒

 

▲豊島八段: なし

△糸谷八段: なし

 

糸谷八段は飛車に手をかけ、6筋へ。

後手急戦の代表格「右四間飛車」に構えました。

 

 

 

33手目▲3七桂。

 

上図での持ち駒

 

▲豊島八段: なし

△糸谷八段: なし

 

豊島八段は6七の地点に銀ではなく金を繰り上げ

居角のまま「矢倉」に駒を組むと、上図で桂馬を跳躍。。

攻撃的で迫力のある模様を描き出します。。

 

次に、糸谷八段が

桂馬の跳躍に備え4筋の歩を突いたのをみて。。

(34手目△4四歩)

 

 

 

35手目▲5五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲豊島八段: なし

△糸谷八段: なし

 

豊島八段は5筋の位に歩を突き出し

天王山から仕掛けを開始します。。

 

糸谷八段は強く△同銀(36手目)と応じて、以下

▲4五歩~△4三銀~▲4四歩~△5四銀~▲7五歩~

△同歩に▲4三歩成~△同金~▲7四歩をみて

下図46手目△8五桂と進行。。

 

 

 

46手目△8五桂。

 

上図での持ち駒

 

▲豊島八段: なし

△糸谷八段: 歩3

 

テンポ良く歩を突き捨てて

畳み掛ける先手の攻勢を凌ぎながら

糸谷八段はヒラリと桂馬を8筋の好所に跳躍。。

形勢を保ちつつ、反撃のチャンスを待ちます。

 

 

 

60手目△3五金。

 

上図での持ち駒

 

▲豊島八段: なし

△糸谷八段: 歩6

 

飛車先から突っかかる先手に対して

糸谷八段は金を開き、飛車の成り込みを誘うと。。

(61手目▲2三飛成)

 

 

 

62手目△2ニ飛。

 

上図での持ち駒

 

▲豊島八段: 歩

△糸谷八段: 歩6

 

すかさず、4筋に居た飛車を

2筋に回して自陣での飛車交換を求めました。。

 

 

 

68手目△3九飛。

 

上図での持ち駒

 

▲豊島八段: 歩2

△糸谷八段: 歩6

 

玉で龍を払い

飛車交換を成立させた(64手目△2ニ同玉)

糸谷八段は、豊島八段に再び龍の成り込みを許すも

上図で敵陣に飛車を打ち込み、王手・桂取り。。

 

ここまで受けに回った怪童が

ついに腕を捲くり、反撃の狼煙を上げました。。

 

 

 

78手目△7四桂。

 

上図での持ち駒

 

▲豊島八段: 銀、桂、歩2

△糸谷八段: 銀、歩4

 

ここまでの鬱憤を晴らすかのように

グイグイと手が伸びる糸谷八段の攻撃を前に

さすがの豊島八段も防戦一方に追い込まれます。。

 

上図から次に

狙われた龍を7七の地点に引き下げると。。

 

 

 

81手目▲7七同龍。

 

上図での持ち駒

 

▲豊島八段: 銀、桂、歩2

△糸谷八段: 飛、銀、歩4

 

糸谷八段は躊躇なく

二度目の飛車交換を選択し、勢いを加速します。。

 

 

 

91手目▲2三銀。

 

上図での持ち駒

 

▲豊島八段: 飛、歩2

△糸谷八段: 飛、銀、桂、歩2

 

後手の猛攻を何とかかい潜り

手番を握った豊島八段は、後手玉の頭上から

露骨に食いつき、勝利への執念を燃やしますが。。

 

 

【 投了図・104手目△7八銀 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲豊島八段: 角、歩

△糸谷八段: 飛、金、銀、桂、歩3

 

先手の渾身の寄せを凌いだ

糸谷八段が握った手番で豊島玉の頭上へ

銀を叩き込んだ、上図の局面をみて豊島八段は

万策尽き果て、無念の投了を告げました。。

 

この結果

リーグ戦開幕から無傷の4連勝と独走態勢だった

豊島八段についに初黒星がつき、優勝はお預けに。。

あらためて最終戦に地力優勝を目指します。。

 

宿命のライバルから値千金の白星を飾った

糸谷八段は3勝2敗となり、プレーオフ進出への

望みを繋ぎました。。

 

 

 

ライバルに一矢。。

 

王将戦挑決「糸谷八段豪腕炸裂」

 

 

 

□□□

 

「PONANZA」引退。。

 

第5回将棋電王トーナメント

「優勝は平成将棋合戦ぽんぽこ」

 

 

 

 

 

□□□

 

らしく、美しく。。

 

女流王座戦「加藤女王連勝、タイトル奪取へ王手」

 

 

 

□□□

 

独走か、それとも。。

 

名人挑戦権争いは後半戦へ。。

 

 

 

棋王戦挑戦権争いも大詰め。。

 

棋王戦/決勝に三浦九段

 

 

慶春onLINE

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

慶春さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。