将棋界の気になるつぶやき






2017年11月06日

攻守に貫禄。。第43期棋王戦・本戦/準決勝「三浦九段-黒沢五段を振り返ろう」

テーマ:ブログ

第42期棋王戦中継サイト
第43期挑戦者決定トーナメント表

 

 

 

 

今回は一昨日の土曜日(4日)に行なわれました

第43期棋王戦・挑戦者決定トーナメント/準決勝

注目の「三浦弘行九段-黒沢怜生五段」の模様を

振り返らせていただきます。

 

 

 

2手目△3四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲黒沢五段: なし

△三浦九段: なし

 

先手は黒沢五段。

その初手は角道を開く▲7六歩から。

対します、三浦九段も2手目に同じく角道を開く

△3四歩と返して、対局はスタート。。

 

 

 

4手目△4ニ玉。

 

上図での持ち駒

 

▲黒沢五段: なし

△三浦九段: なし

 

続く3手目に

黒沢五段は1筋の端歩を突き(3手目▲1六歩)

一手パスして、後手の作戦を尋ねます。。

 

この手をみて、三浦九段が

居玉を解除し、玉を4筋に移動させると。。

 

 

 

5手目▲5六歩。

 

上図での持ち駒

 

▲黒沢五段: なし

△三浦九段: なし

 

黒沢五段は中央5筋の歩を突いて

振り飛車投入を示唆しました。。

 

 

 

11手目▲3八玉。

 

上図での持ち駒

 

▲黒沢五段: なし

△渡辺竜王: なし

 

三浦九段が玉を3筋に寄せると(6手目△3ニ玉)

黒沢五段は飛車に手をかけ、歩を突いた5筋へと振り

くしくも同日に開幕した竜王戦/第3局の羽生棋聖と同じく

先手で「中飛車」を投入しました(7手目▲5八飛)。。

 

飛車のポジションが決まったところで

黒沢五段も居玉を解除し、玉の囲いを目指します。。

 

 

 

20手目△1ニ香。

 

上図での持ち駒

 

▲黒沢五段: なし

△三浦九段: なし

 

黒沢五段は「片美濃囲い」を完成。

一方の三浦九段は上図で9筋の香車を繰り上げ

振り飛車の天敵「穴熊」を明示しました。。

 

 

 

35手目▲7六飛。

 

上図での持ち駒

 

▲黒沢五段: なし

△三浦九段: なし

 

三浦九段は右の銀を6筋の三段目に繰り上げ

攻撃の形作りを見据えつつ、玉を「穴熊」に納めると

銀のハッチを閉め、金をバランスよく囲いに連結します。

 

その間に、7筋と1筋の位を確保し

流れによっては「銀冠」への組み替えも視野に入れる

黒沢五段は、三浦九段が飛車先を決めたのをみて

飛車を浮かせて角頭をケアしました。。

 

が、しかし。。

 

 

 

38手目△4四銀。

 

上図での持ち駒

 

▲黒沢五段: 歩

△三浦九段: なし

 

三浦九段は構うことなく

飛車先の歩を突き合せると(36手目△8六歩)

黒沢五段の▲同歩をみて、銀を戦場へと繰り出します。。

 

この手に対し

黒沢五段が6筋の歩を突き出し(39手目▲6六歩)

角道を止めて銀の繰り出しを受けた、次の瞬間。。

 

 

 

40手目△4五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲黒沢五段: 歩

△三浦九段: なし

 

三浦九段は4筋の歩を突き出し

淡々と、いや虎視眈々と仕掛けを開始しました。。

 

黒沢五段はこの歩を▲同桂(41手目)で払い、以下

△2四角~▲7九角~△3五歩~▲同歩~△同角に

▲4七金をみて、下図48手目△4四歩と進行。。

 

 

 

48手目△4四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲黒沢五段: 歩3

△三浦九段: なし

 

三浦九段は角を戦場に浮かせながら

グイグイと攻勢を強めていきますが、しかし

黒沢五段も先手で受けてばかりじゃ面白くないと

桂頭に歩を突き立てられた上図から、次に。。

 

 

 

49手目▲5五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲黒沢五段: 歩3

△三浦九段: なし

 

5筋の歩を突き出して

三浦銀の頭上を叩き、反撃を開始します。。

 

 

 

62手目△4一銀。

 

上図での持ち駒

 

▲黒沢五段: 歩3

△三浦九段: 桂

 

すると、三浦九段は確実に桂馬を捕獲してから

戦場に構えた角と銀を自陣最下段まで引き戻して

機敏に間合いを計り、次の攻勢の機会を待ちます。

 

 

 

68手目△8七桂。

 

上図での持ち駒

 

▲黒沢五段: 歩3

△三浦九段: なし

 

それぞれ二枚の金銀を連結した上に

角をも取り込み、つけ入る隙の無い強固な要塞へと

三浦九段は「穴熊」をリフォーム。。

 

一方、「銀冠」に組み替えるも

桂馬を削られいま一つ迫力の出ない黒沢五段が

角の上下で手番を後手に渡して、上図の局面で

三浦九段は敵陣8筋に嫌らしく桂馬を投入します。。

 

 

 

79手目▲1三歩。

 

上図での持ち駒

 

▲黒沢五段: 歩2

△渡辺竜王: 香、歩

 

三浦九段はそのまま香車を捕獲すると

ジワリと駒を前に出し、開戦前に圧力を加えます。。

 

何とか流れを変えたい

黒沢五段は1筋の端から食らいつき、いざ

終盤戦の幕が開きました。。

 

 

 

100手目△3六香。

 

上図での持ち駒

 

▲黒沢五段: 銀、歩2

△三浦九段: 角、歩5

 

すると、黒沢五段の端攻めを凌いだ

三浦九段が手持ちの香車でコビンの開いた

3筋から厳しく反撃開始。。

 

 

【 投了図・112手目△4六角 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲黒沢五段: 飛、金、銀2、香、歩

△三浦九段: 飛、金、歩6

 

黒沢五段は攻め合いに全てを懸けますが

すでに読み切りの三浦九段は、キッチリと

先手玉を討ち取り、見事勝利を飾りました。。

 

若き精鋭に貫禄をみせつけた

三浦九段は本戦/決勝進出を決めました。。

 

 

□□□

 

年明けのタイトル挑戦権争いも大詰めへ。。

 

棋王戦/決勝に三浦九段

 

 

 

□□□

 

藤井四段は順位戦開幕無傷の6連勝。。

 

藤井聡太四段-脇謙二八段


現在9連勝中。。藤井四段登場

 

 

 

 

 藤井四段今期成績一覧

 

 

 

藤井四段前期成績一覧

藤井四段激戦譜(炎の七番勝負など)

 

□□□

 

竜王戦/第2局・一日目の所感

 

狙いの対局。。羽生棋聖の切り返しは

 

竜王戦/第2局の舞台は岩手。。

 

本日、第30期竜王戦/第2局開幕

  

 

羽生棋聖今期成績一覧 

 

□□□

 

竜王戦/第1局は羽生棋聖が先勝

 

宿命の対決は大差から

 

竜王戦/第1局・一日目の所感。。

 

セルリアンな掛け合い

 

いざ、「冬の本場所」竜王戦へ

 

頂上決戦、ついに開幕。。

 

 

 

慶春onLINE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

慶春さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。