将棋界の気になるつぶやき






2017年11月05日

第30期竜王戦7番勝負/第3局「渡辺竜王、完勝で今シリーズ初勝利」

テーマ:ブログ

第30期竜王戦中継サイト
中継ブログ

 

 

通算12期目の防衛を目指す渡辺明竜王に

「永世七冠」達成の懸かる羽生善治棋聖が挑戦する

将棋界「冬の本場所」第30期竜王戦7番勝負。

 

ここまで2局を消化し、羽生棋聖が圧巻の2連勝。

シリーズの流れが決まりかねない正念場の第3局が

昨日より、群馬県前橋市「臨江閣」にて開幕。。

 

 

 

竜王戦/第3局・柔らかいプレビュー

 

 

第3局の先手は羽生棋聖。

その初手は角道を開く▲7六歩から。。

対します、渡辺竜王は2手目に飛車先を突く

△8四歩と返し、対局はスタート。。

 

早々と居飛車を明示し

戦型の選択権を先手に委ねた後手に対して

羽生棋聖の作戦が明らかとなる、次の3手目は。。

 

 

 

3手目▲5六歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: なし

△渡辺竜王: なし

 

代えて▲6八銀からの「矢倉」、▲2六歩からの「角換わり」が

それぞれ有力に思われましたが、羽生棋聖の3手目は▲5六歩。。

中央5筋の歩を突いて意表の振り飛車投入を示唆しました。。

 

 

 

5手目▲6ニ銀。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: なし

△渡辺竜王: なし

 

羽生棋聖の3手目をみて

渡辺竜王は手を止め、しばし手を止め気息を整えると

12分の考慮の末、△6ニ銀(4手目)と返します。。

 

すると、羽生棋聖は4分の考慮で飛車に手をかけ

歩を突いた5筋へと振り、「中飛車」を投入しました。。

 

 

 

22手目△1ニ香。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: なし

△渡辺竜王: なし

 

渡辺竜王が角道を開くと(8手目△3四歩)

羽生棋聖は天王山5筋の位を取り角道をストップ。。

(9手目▲5五歩)

 

次に両者は息を合わせて自陣の駒組みに取り掛かり

上図の局面で、渡辺竜王は1筋の香車を繰り上げ

振り飛車の天敵「穴熊」を明示しました。。

 

 

 

24手目△1一玉。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: なし

△渡辺竜王: なし

 

次に羽生棋聖が3筋の歩を突くと(23手目▲3六歩)

渡辺竜王はケレン味なく、「穴熊」に玉を潜り込ませます。。

 

すると、次の瞬間。。

 

 

 

25手目▲3五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: なし

△渡辺竜王: なし

 

羽生棋聖はそのまま3筋の歩を突き合わせ

囲いが完成する前に、先に仕掛けを開始しました。。

 

 

 

33手目▲2八銀。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 歩

△渡辺竜王: 歩

 

3筋で歩の交換が成立すると

羽生棋聖も「穴熊」を掘り、その中へ玉を納めると

銀のハッチを閉めて囲いを完成させます。。

 

上図から次に

渡辺竜王が右の銀を4筋に繰り上げると。。

(34手目△4ニ銀右)

 

 

 

35手目▲3四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: なし

△渡辺竜王: 歩

 

手番を握った羽生棋聖は銀を浮かせた3筋で

後手の角頭を歩で叩き、再び攻勢に出ました。。

 

 

 

47手目▲5四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 歩

△渡辺竜王: 銀、歩3

 

渡辺竜王も応戦し、いざ開戦となると

開幕から気迫溢れる指し回しで勝利への執念を漲らせる

羽生棋聖は後手の飛車先を受けることなく、角道を開き

決戦も辞さずの意志を盤上に強く表明します。。

 

この手に対し、渡辺竜王は。。

 

 

 

48手目△5七銀。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 歩

△渡辺竜王: 歩3

 

54分の長考の後

羽生飛車に引っ掛けて銀を打ち込んだ、上図の局面で

羽生棋聖が次の手を封じて一日目は終了となりました。。

 

 

「いきなりの決戦ムード。。封じ手は羽生棋聖」

 

 

一夜が明け

迎えた本日、決着の二日目。

 

 

 

49手目▲4三歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: なし

△渡辺竜王: 歩3

 

注目の羽生棋聖の「封じ手」は▲4三歩。

まずは本命の一手から二日目はスタートしました。。

 

 

 

51手目▲5三歩成。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 歩

△渡辺竜王: 歩4

 

渡辺竜王は13分の考慮で△同銀と応じると

羽生棋聖は44分の長考の末、5筋の歩を成り込み

一歩も引く気はないと、攻め合いを求めます。。

 

この手をみて、渡辺竜王は

質駒の飛車をここで取り込み(52手目△4六銀成)、以下

▲同金~△4ニ歩~▲4三「と」金~△同歩に▲4ニ歩~

△同金をみて、下図59手目▲2ニ角成と進行。。

 

 

 

59手目▲2ニ角成。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 角、銀2

△渡辺竜王: 飛、歩5

 

飛車を手にしたところで受けに回った

後手に対して、羽生棋聖は一気にアクセル全開。。

取れるだけの駒を取り、上図で角交換を敢行しました。。

 

渡辺竜王が飛び込んできた角を

ノータイムで銀で払うと(60手目△2ニ同銀)。。

 

 

 

61手目▲7五角。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 銀

△渡辺竜王: 飛、角、歩5

 

羽生棋聖もノータイムで

手にしたばかりの角を7筋に投入し

渡辺飛車のこめかみにあて、一見バラバラに配置された

金との連係で攻めだけでなく、守りにも利かせます。。

 

 

 

64手目△3三金。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 銀

△渡辺竜王: 飛、歩5

 

一方の渡辺竜王は

先手の包囲網をかいくぐるように9筋の片隅へ

「遠見の角」を投入(62手目△9ニ角)。。

 

次に羽生棋聖が手持ちの銀を

自陣打ち込んだのをみて(63手目▲4七銀)

離れ駒の金を囲いに連結し、先手に手番を渡し

したたかに飛車・角交換をうながしました。。

 

 

 

65手目▲6四角。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 飛、銀

△渡辺竜王: 飛、歩5

 

ここで指し手が難しくなった羽生棋聖は

角で飛車を捕獲し、大駒の交換を敢行すると。。

 

 

 

67手目▲5一飛。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 銀

△渡辺竜王: 飛、角、歩5

 

手にした飛車を素通しの5筋から敵陣に投入。

形を決めた上図の局面で、午前の対局は終了となり

お昼休憩突入となりました。。

 

【 お昼のメニュー 】

 

羽生棋聖: 上州黒毛和牛幕の内弁当

渡辺竜王: 鴨せいろ

 

 

 

68手目△8三角打。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 銀

△渡辺竜王: 飛、歩5

 

午後の対局開始の一手で

渡辺竜王も飛車との交換で手にした角を

自陣8筋に投入し、二枚の角を重ねます。。

 

 

 

72手目△3四金。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 銀

△渡辺竜王: 飛、歩5

 

しかし、渡辺竜王はすぐには攻勢に転じず。。

自陣に龍を作り、守りを固める羽生棋聖を横目に

ジッと間合いを計ります。。

 

一方、龍を中心に金銀を連結させた

羽生棋聖は手番を握った上図から、次に。。

 

 

 

73手目▲7ニ銀。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: なし

△渡辺竜王: 飛、歩5

 

最後の持ち駒となった銀を敵陣8筋に投入。

攻め合いを実現するべく、後手の攻めを催促しました。。

 

この手をみて、渡辺竜王は

20分の考慮で読みをしっかりと入れ直してから。。

 

 

 

74手目△5七歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: なし

△渡辺竜王: 飛、歩4

 

先手の龍の頭上を叩き

満を持して、攻撃開始を告げました。。

 

羽生棋聖は▲同金(75手目)でこの歩を払い、以下

△4五歩~▲3六金~△5ニ飛に▲9一銀成をみて

下図80手目△5七飛成と進行。。

 

 

 

80手目△5七飛成。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 香、歩

△渡辺竜王: 金、歩4

 

渡辺竜王は先手の陣形を軽く乱してから

中央に設置した飛車を躊躇なく敵陣に突進。。

次に羽生棋聖の▲同龍(81手目)をみて。。

 

 

 

82手目△4七角成。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 飛、香、歩

△渡辺竜王: 金、銀、歩4

 

今度はノータイムで角が突進。。

溜めるだけ溜めた力を一気に放出させて

先手陣へと襲い掛かります。。

 

竜王戦/第3局の棋譜中継はこちら

 

 

【 投了図・108手目△3一同銀 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 飛、銀2、香

△渡辺竜王: 金2、桂、歩4

 

厚みのある後手の攻撃に対し

羽生棋聖は懸命の粘りで勝利への執念をみせますが

上図の局面をみて万策尽き果て、無念の投了。。

 

終局時刻は午後5時7分。

渡辺竜王が持ち味を存分に発揮し、後手番で待望の

今シリーズ初勝利を飾りました。

 

 

 

 

□□□

 

昨日の2大カードの所感と結果。。

 

棋王戦/決勝に三浦九段。。羽生棋聖の封じ手は

 

 

 

□□□

 

藤井四段は順位戦開幕無傷の6連勝。。

 

藤井聡太四段-脇謙二八段


現在9連勝中。。藤井四段登場

 

 

 

 

 藤井四段今期成績一覧

 

 

 

藤井四段前期成績一覧

藤井四段激戦譜(炎の七番勝負など)

 

 

 

□□□

 

竜王戦/第2局・一日目の所感

 

狙いの対局。。羽生棋聖の切り返しは

 

竜王戦/第2局の舞台は岩手。。

 

本日、第30期竜王戦/第2局開幕

  

 

羽生棋聖今期成績一覧 

 

□□□

 

竜王戦/第1局は羽生棋聖が先勝

 

宿命の対決は大差から

 

竜王戦/第1局・一日目の所感。。

 

セルリアンな掛け合い

 

いざ、「冬の本場所」竜王戦へ

 

頂上決戦、ついに開幕。。

 

 

 

慶春onLINE

 

 

 

 

AD

慶春さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

リブログ(1)

リブログ一覧を見る

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。