第65期王座戦5番勝負/第2局「いざ終盤戦へ、羽生王座の成算は。。」 | 柔らかい手~個人的将棋ブログ

第65期王座戦5番勝負/第2局「いざ終盤戦へ、羽生王座の成算は。。」

第65期王座戦中継サイト
中継ブログ

 

 

6連覇を目指す羽生善治王座に

関東のプリンス・中村太地六段が挑戦する

将棋界秋の陣・第65期王座戦5番勝負。

 

9月5日に行なわれた開幕戦を

中村六段が大逆転で制して迎えた注目の第2局が

本日、大阪府大阪市「ウェスティンホテル大阪」にて

その幕を開きました。。

 

 

 

王座戦/第2局・柔らかいプレビュー

 

 

先手は羽生王座。

落とすとカド番に立たされる急所の本局

初手は飛車先を突く▲2六歩から。。

 

 

 

2手目△8四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生王座: なし

△中村六段: なし

 

対します、中村六段も2手目に

同じく飛車先を突く△8四歩と返して

対局はスタート。。

 

 

 

4手目△8五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生王座: なし

△中村六段: なし

 

次に両者は息を合わせて飛車先を決め

戦型は「相掛かり」となりました。。

 

 

 

12手目△1四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生王座: なし

△中村六段: なし

 

中村六段は先手の指し手に追随。。

同形模様の進行から、両サイドの端歩を受け合い

両者は呼吸を合わせつつ慎重に間合いを計ります。。

 

通常、「相掛かり」は先手からまず

飛車先の歩を切りに出ますが、本局の羽生王座は

上図から、次に。。

 

 

 

13手目▲6八玉。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生王座: なし

△中村六段: なし

 

9分の考慮の後

飛車先には手をかけず、先に居玉を解除。。

6八の地点に構えました。。

 

この手に対し、中村六段は。。

 

 

 

14手目△8六歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生王座: なし

△中村六段: なし

 

33分、時間を費やし気息を整えてから

自らの飛車先8筋で歩を突き合わせます。。

 

羽生王座は▲同歩(15手目)と応じ

以下、△同飛~△8七歩(17手目)をみて。。

 

 

 

18手目△8四飛。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生王座: なし

△中村六段: 歩

 

飛車先の歩を切り、一歩を手持ちにした

中村六段は飛車を8四の地点に浮かせて構えると。。

 

 

 

20手目△5ニ玉。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生王座: なし

△中村六段: 歩

 

羽生王座が3筋の歩を突いたのをみて

スッと玉を立て、「中住まい」に構えました。。

いまだ飛車先の仕掛けを保留する羽生王座は

15分の考慮の末、上図から次に。。

 

 

 

21手目▲7六歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生王座: なし

△中村六段: 歩

 

このタイミングで先に角道を開きます。。

がしかし、この手に中村六段が即座に反応。。

 

 

 

23手目▲7七金。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生王座: なし

△中村六段: 歩

 

8四の地点に浮かせた飛車を

すかさず7筋へと移動させ(22手目△7四飛)

先手の浮いた7六歩を機敏に狙います。。

 

この手を予想していたのか

羽生王座はノータイムで金で繰り上げ歩を守り

結果的に開いたばかりの角道が再び止まりました。。

 

すると

 

 

 

24手目△8四飛。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生王座: なし

△中村六段: 歩

 

先手の角道を塞いだことで満足したように

中村六段はノータイムで飛車を8筋へ戻しました。。

 

 

 

30手目△7三桂。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生王座: なし

△中村六段: 歩

 

中村六段は角道を開いてから(26手目△3四歩)

7筋の歩を突くと、空いた7三のスペースに桂馬を跳躍。。

着々と攻撃態勢を整えて行きます。。

 

一方、飛車先を決めたまま駒組みを進める

羽生王座は、上図から次に。。

 

 

 

31手目▲7八金。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生王座: なし

△中村六段: 歩

 

1分の少考でサッと金を引き下げ

満を持して、再び角道を通しました。。

 

にわかに緊張の高まる、この局面で

午前の対局は終了となり、お昼休憩に突入。。

 

【 お昼のメニュー 】

 

羽生王座: 天ざるうどん、紅茶(ホット)

中村六段: オムライス、グレープフルーツジュース

 

 

 

32手目△6ニ金。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生王座: なし

△中村六段: 歩

 

午後の対局開始の一手で

中村六段が6筋の金を二段目に上げ

来るべき開戦に向け、自陣の上部を厚くします。。

 

すると、次の瞬間。。

 

 

 

33手目▲2四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生王座: なし

△中村六段: 歩

 

羽生王座は、ついに

飛車先の歩を突き合わせました。。

 

中村六段は△同歩(34手目)と応じて、以下

▲同飛~△2三歩~▲2八飛に△6四歩~▲5六銀~

△6五歩~▲4五歩~△6三銀をみて、下図43手目

▲4八飛と進行。。

 

 

 

43手目▲4八飛。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生王座: 歩

△中村六段: 歩

 

飛車先で歩を交換した羽生王座は

右の銀を5筋に繰り出し「腰掛銀」に構えると

自陣に引き戻した飛車を4筋へと振り直しました。。

 

静から動へ。。

急速に模様を動かす先手に対して

中村六段が次に5筋の歩を突くと(44手目△5四歩)。。

 

 

 

45手目▲2ニ角成。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生ニ冠: 角、歩

△中村六段: 歩

 

羽生王座は間髪入れずに角交換を敢行。。

開戦へ向けて、さらに勢いを加速します。。

 

 

 

50手目△6四角。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生ニ冠: 歩

△中村六段: 歩

 

角交換成立後

羽生王座は手にした角をすぐさま盤上に投入。。

4六の地点に据え基点とします。。

 

中村六段は上図で角を合わせ、交換を打診。。

すると、羽生王座はこの申し出を受け入れて

二度目の角交換が成立しますが。。

 

 

 

53手目▲4六角。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生王座: 歩

△中村六段: 角、歩

 

二度目の角交換成立直後に

羽生王座は再び4七の地点へ角を再投入。。

今度はこの角を中村六段がすぐに消す手段はなく

先手は角を基点に据えたまま、駒組みが進行します。。

 

 

 

61手目▲6六銀。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生王座: 歩

△中村六段: 角、歩2

 

羽生王座はさっそく

角の利きを活かして6筋の位を確保しますが

ここで手番の中村六段は。。

 

 

 

62手目△9五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生王座: 歩

△中村六段: 角、歩2

 

7分の考慮の後、9筋の歩を突き合わせ

端から反撃の狼煙を上げました。。

 

羽生王座は▲同歩(63手目)と応じ、以下

△9七歩~▲7七銀~△4一玉~▲3七桂~△9五香に

▲2ニ歩~△同金をみて、下図71手目▲4四歩と進行。。

 

 

 

71手目▲4四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生王座: 歩

△中村六段: 角、歩3

 

ギリギリのところで間合いを計ってから

中村六段が歩を垂らした9筋で香車を走らせると

羽生王座はすかさず反撃、敵陣2筋を叩いてから

駒音高く、角頭の4筋の歩を突き合わせました。。

 

この局面で

夜戦に備えて夕食休憩に突入。。

 

【 夕食のオーダー 】

 

羽生王座

 

クラブハウスサンドウィッチ、オレンジジュース

 

中村六段

 

ホテル特製野菜カレーライス、ウーロン茶

 

 

王座戦/第2局の棋譜中継はこちら

 

 

しかし、次に△4四同歩で

果たして先手に継続手があるのか。。

むしろ9筋を押さえた後手の方が現局面では

形勢を握っているように感じれますが。。

 

夕食休憩明けからの終盤戦へ。。

熱気と不穏が交錯します。。

 

 

速報版はこちら

 

 

□□□

 

王座戦/第2局は大阪決戦

 

王座戦/第2局開幕前夜。。

 

直前のA級/4回戦は痛恨の黒星。。

 

魔物は拭えずも。。

 

 

羽生ニ冠今期成績一覧

 

□□□

 

竜王戦の舞台で

7年ぶりに頂上決戦が実現

 

いわくの頂上決戦。。竜王に思うこと

 

【速報版】「羽生ニ冠、挑戦権獲得!」

 

 

□□□

 

女流将棋界も頂上決戦実現

 

女流王座戦挑戦者は加藤女王に決定

 

 

□□□

 

神童・藤井四段、15歳の夏は。。

 

純粋さと時代の狭間で

 

 

藤井四段今期成績一覧

藤井四段前期成績一覧

藤井四段激戦譜(炎の七番勝負など)

 

慶春onLINE