将棋界の気になるつぶやき






2017年05月15日

冷静沈着。。第67回NHK杯/1回戦「千田六段-藤井四段を振り返ろう」

テーマ:ブログ

第67回NHK杯将棋トーナメント

決勝トーナメント表

 

 

 

 

今回は昨日行なわれました

第67回NHK杯将棋トーナメント注目の1回戦

「千田翔太六段-藤井聡太四段」の模様を

振り返らせていただきます。。

 

 

 

2手目△8四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲千田六段: なし

△藤井四段: なし

 

先手は千田六段。

その初手は角道を開ける▲7六歩でも

飛車先を突く▲2六歩でもなく、不急の▲3八金。。

 

序盤をソフトとともに研究する

千田六段らしいトリッキーな初手に対して

生粋の居飛車党・藤井四段の2手目は普段通りに

飛車先を突く△8四歩と返し、対局はスタート。。

 

 

 

8手目△3四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲千田六段: なし

△藤井四段: なし

 

続く3手目に千田六段が角道を開くと

そのまま「角換わり」の定跡手順へと進行。。

 

上図で角道を開いた藤井四段は

千田六段の次の手、▲8八銀(9手目)をみて。。

 

 

 

10手目△7七角成。

 

上図での持ち駒

 

▲千田六段: なし

△藤井四段: 角

 

手順通りに角交換を敢行。

手損のない「ノーマル角換わり」となりました。

 

 

 

21手目▲4七銀。

 

上図での持ち駒

 

▲千田六段: 角

△藤井四段: 角

 

角交換成立後は先手、後手ともに

右銀のポジショニングが争点となりますが

ここで繊細な駆け引きが繰り広げられることが

本当に多くなった今日この頃。。

 

その序盤研究の最先端を行く両者の対局は

意外にも、「ノーマル角交換」の常套手段である

「相腰掛銀」を目指す進行となりました。。

 

 

 

34手目△8一飛。

 

上図での持ち駒

 

▲千田六段: 角

△藤井四段: 角

 

しかし、簡単には銀を戦場には繰り出さず

互いに相手を見やりながらの慎重な駒組みとなり

両側の端歩を突き合ってから藤井四段は最新形の

「△4ニ玉+6ニ金+8一飛」型に構えました。

 

後手の陣形をみて

この駒組みを流行らせた張本人・千田六段が

銀を5筋に繰り出すと(35手目▲5六銀)。。

 

 

 

36手目△5四銀。

 

上図での持ち駒

 

▲千田六段: 角

△藤井四段: 角

 

藤井四段も追随し、戦型は

おなじみ「角換わり相腰掛銀」となりました。。

 

 

 

39手目▲4五銀。

 

上図での持ち駒

 

▲千田六段: 角

△藤井四段: 角

 

先に仕掛けたのは、千田六段。

互いに玉を自陣最下段に落としてから

「腰掛銀」をぶつけました。。

 

 

藤井四段は同銀をは応じずに

狙われた銀を一先ず自陣に引き下げると。。

(40手目△6三銀)

 

 

 

41手目▲2五桂。

 

上図での持ち駒

 

▲千田六段: 角

△藤井四段: 角

 

千田六段は右の桂馬を跳躍して追撃。。

藤井四段はここも銀を下げて(42手目△2ニ銀)

以下、▲3四銀~△4ニ玉~▲5六角~△5四歩に

下図47手目▲1五歩と進行。。

 

 

 

47手目▲1五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲千田六段: 歩

△藤井四段: 角

 

千田六段は嵩にかかって攻勢を強め

角を打ち込み形を決めてから、端攻めを開始。。

受けに回った藤井四段の△同歩(48手目)をみて

次に7筋の歩を突き合せると(49手目▲7五歩)。。

 

 

 

50手目△4一角。

 

上図での持ち駒

 

▲千田六段: 歩

△藤井四段: 歩

 

藤井四段は自陣最下段に角を投入。。

先手が標的とする7四の地点に駒を足します。。

 

攻める展開のうちに何とか押し込みたい

千田六段は続けて9筋の端歩を突き合せますが。。

(51手目▲9五歩)

 

 

 

52手目△5五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲千田六段: 歩

△藤井四段: 歩

 

ここまで丁寧に受けに回った

藤井四段は突き合わされた9筋の歩を手抜き

5筋に居座る先手の角の頭上を叩き、ついに

このタイミングで反撃を開始します。。

 

 

 

63手目▲8三角成。

 

上図での持ち駒

 

▲千田六段: 歩3

△藤井四段: 歩3

 

戦場で歩を突き捨てあってから

千田六段は藤井飛車をどかせた8筋へ

角が飛び込み馬を作ります。。

 

一方の藤井四段は

冷静に桂馬を捕獲し(64手目△2五歩)

来るべきチャンスに力を溜めます。。

 

 

 

76手目△6五銀。

 

上図での持ち駒

 

▲千田六段: 歩3

△藤井四段: 歩4

 

後手の浮き飛車を標的に

千田六段は模様を動かしますが

しかし、主導権を握るには至らず。。

 

逆に先手の馬を端に追いやった

藤井四段がジワジワと前への圧力を強め

均衡を保った形勢の針が徐々に後手へと

傾いて行きます。。

 

 

「千田六段-藤井四段」の棋譜はこちら

 

 

【 投了図・90手目△1六同飛 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲千田六段: 金、桂、歩2

△藤井四段: 角、桂、香2、歩6

 

 

ソフトばりに斬新な序盤戦術が売りの

千田六段は反面、構想が空中分解すると

中・終盤の粘りを欠く傾向をよく指摘されますが

本局も粘りなく、上図の局面で無念の投了。。

 

攻守にメリハリを利かせ

しっかりと強さをみせつけた藤井四段が

初出場のNHK杯で見事、完勝を飾り

1回戦を突破しました。。

 

 

藤井四段の2回戦の相手は

今期より電撃的にフリークラス転出を発表した

十八世永世名人資格保持者・森内俊之九段。

何とも楽しみなカードが実現いたします。。

 

 

藤井四段今期成績一覧

藤井四段激闘譜(炎の七番勝負等)

 

 

□□□

 

 

本日は羽生三冠が公式戦に!

 

お待ちかね。。羽生三冠登場

 

羽生三冠今期成績一覧

 

 

 

 

□□□

 

【 冤罪事件時系列 】

 

三浦九段、不正疑惑を読む

 

年明けからの動き

 

告発の果てに

 

 

署名活動報告

 

アニーと仲間たち

 

 

慶春onLINE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

慶春さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。