将棋界の気になるつぶやき






2018年08月16日

160局目の顔合わせ。。第68期王将戦・二次予選/2回戦「羽生竜王-佐藤九段を振り返ろう」

テーマ:ブログ

第67期王将戦 – 毎日新聞

第68期二次予選トーナメント表

 

 

今回は昨日行なわれた黄金カード

第68期王将戦・二次予選/2回戦を舞台に実現した

「羽生善治竜王-佐藤康光九段」の模様を振り返ります。。

 

 

 

2手目△3四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲佐藤九段: なし

△羽生竜王: なし

 

先手は佐藤九段。

その初手は角道を開く▲7六歩から。。

対します、羽生竜王も2手目に同じく角道を開く

△3四歩と返し、対局はスタート。。

 

続く3手目に、佐藤九段が6筋の歩を突き

開いたばかりの角道を止めると。。

 

 

 

4手目△3ニ飛。

 

上図での持ち駒

 

▲佐藤九段: なし

△羽生竜王: なし

 

羽生竜王は飛車に手をかけ、3筋へと振り

意表の「三間飛車」を投入しました。。

 

 

 

7手目▲8八飛。

 

上図での持ち駒

 

▲佐藤九段: なし

△羽生竜王: なし

 

羽生竜王が飛車先3筋の歩を突き越すと

佐藤九段も飛車を8筋へと振り、「向かい飛車」投入。。

両者の公式戦160回目の対戦は「相振り飛車」となりました。

 

 

 

17手目▲8四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲佐藤九段: なし

△羽生竜王: なし

 

互いに飛車のポジションが決まると

羽生竜王は素早く居玉を解除し、振り飛車の相棒である

「美濃囲い」に玉を納めてから、飛車先の歩を突き合わせます。。

(16手目△3六歩)

 

一方、居玉のままの佐藤九段は

突き合わされた3筋の歩を取り込むことなく

自らの飛車先8筋で歩を突き合わせました。。

 

羽生竜王が△同歩(18手目)と応じると、以下

▲同飛に△8三歩~▲8五飛~△3七歩成~▲同銀~

△3四飛~▲7八銀~△1四歩~▲3五歩~△3一飛~

▲3六銀をみて、下図30手目△4四歩と進行。。

 

 

 

30手目△4四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲佐藤九段: 歩

△羽生竜王: 歩

 

互いに飛車先で歩を交換した後

佐藤九段が4筋の位を銀で確保すれば

羽生竜王は4筋の歩の歩を突いて角道を止め

盤上は落ち着きを取り戻します。。

 

 

 

38手目△8ニ玉。

 

上図での持ち駒

 

▲佐藤九段: 歩

△羽生竜王: 歩

 

じっくりとした駒組みが続き

羽生竜王は上図で「本美濃囲い」の中へと

玉の入城を完了させますが。。

 

 

 

42手目△7ニ金。

 

上図での持ち駒

 

▲佐藤九段: 歩

△羽生竜王: 歩

 

歩を突いた6筋へ金ではなく銀を繰り上げると

玉の横に金を連結させ、「美濃囲い」をリフォーム。。

斜めに連なる二枚の金銀が玉を守ります。。

 

 

 

46手目△5五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲佐藤九段: 歩

△羽生竜王: 歩

 

居玉のまま駒組みを進めた佐藤九段が

玉を4筋に繰り上げから(43手目▲4八玉)

飛車を自陣最下段へと引き下げた、次の瞬間

羽生竜王は5筋の歩を突き合わせ、仕掛けを開始。。

 

 

 

51手目▲4六角。

 

上図での持ち駒

 

▲佐藤九段: 歩3

△羽生竜王: 歩2

 

すると佐藤九段は、前に出た後手の角に

上図で自らの角を合わせて角交換を要求。。

 

羽生竜王はこれに応じて、直後に角交換が成立。

いよいよ戦いの火ぶたが切って落とされました。。

 

 

 

62手目△8四角。

 

上図での持ち駒

 

▲佐藤九段: 銀、歩

△羽生竜王: 歩7

 

角交換成立直後

両者は細かく模様を調整してから

手持ちの角を投入し、攻撃の起点に据えます。。

 

 

76手目△6ニ金左。

 

上図での持ち駒

 

▲佐藤九段: 銀、歩

△羽生竜王: 歩7

 

佐藤九段は後手の角を標的に攻め上がりますが

羽生竜王は丁寧な対応で、つけ入る隙を与えまません。。

 

 

 

89手目▲6三歩。

 

上図での持ち駒

 

▲佐藤九段: 歩

△羽生竜王: 歩5

 

それでも、佐藤九段の攻め手は止まらず

分厚い攻撃態勢を築き、後手玉へと迫りますが。。

 

しかし、上図から次に。。

 

 

 

90手目△6四角。

 

上図での持ち駒

 

▲佐藤九段: 歩

△羽生竜王: 銀、歩5

 

ここまで受けに回った羽生竜王は

金取りに構うことなく、角を迫り出し銀を捕獲。。

このタイミングでついに、反撃の狼煙を上げました。。

 

 

 

94手目△7五銀打。

 

上図での持ち駒

 

▲佐藤九段: 金、歩

△羽生竜王: 歩6

 

佐藤九段は金を捕獲してから(6二歩成)

玉を引き下げ、受けに回ると(93手目▲3九玉)

羽生竜王は手持ちの銀を先手角の先に投入。。

 

佐藤九段は角を8筋に引き下げ(95手目▲8八角)

以下、△6六歩~▲7六歩~△同銀~▲6六角~△4六角~

▲4九飛に△4五歩~▲5三金~△6五銀引~▲4三金をみて

下図106手目△1九角成と進行。。

 

 

 

106手目△1九角成。

 

上図での持ち駒

 

▲佐藤九段: 銀、歩

△羽生竜王: 桂、香、歩6

 

再び両者は角を起点に間合いを詰め合いますが

羽生竜王は上図の局面で、飛車取りに構うことなく

角を敵陣に飛び込ませ、勝負に出ました。。

 

すると。。

 

「羽生竜王-佐藤九段」の棋譜はこちら

 

 

【 投了図・128手目△6八飛成 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲佐藤九段: 飛、角、銀、歩

△羽生竜王: 金、香、歩6

 

そのまま鋭く寄せに入った羽生竜王の前に

佐藤九段は為す術を失い、上図の局面をみて

無念の投了を告げました。。

 

長年の盟友にして、永遠のライバルである佐藤九段から

見事な勝利を飾った羽生竜王は決勝リーグ入りをかけて

二次予選/決勝へと駒を進めました。。

 

 

 

□□□

 

サイトもぼちぼち更新中。。

 

今泉四段今期成績一覧

中澤女流初段今期成績一覧

 

□□□

 

お盆は近場でのんびり。。

 

余韻、心地よく。。

 

 

 

 

□□□

 

いよいよ開店。。即レギュラー化希望

「千和子」と書いて「ちかこ」とお読みします。。

 

祝開店☆スナックちかこ

 

 

 

□□□ 
 

 

揃い踏みも明暗。。

 

叡王戦に藤井七段、そして里見女流四冠登場

 

 

 
 

□□□

 

今月24日には藤井七段と公式戦で激突。。

 

心機一転。。里見女流四冠、再加速

 

 

 

 

慶春onLINE

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2018年08月16日

第68期王将戦・二次予選/2回戦「羽生竜王、相振り飛車で佐藤九段を撃破」

テーマ:ブログ

第67期王将戦 – 毎日新聞

第68期二次予選トーナメント表

 

【 投了図・128手目△6八飛成 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲佐藤九段: 飛、角、銀、歩

△羽生竜王: 金、香、歩6

 

昨日、実現致しました

第68期王将戦・二次予選/2回戦の注目カード

「羽生善治竜王-佐藤康光九段」の一戦は

上図128手までで、後手・羽生竜王が勝利。

 

 

 

51手目▲4六角。

 

上図での持ち駒

 

▲佐藤九段: 歩3

△羽生竜王: 歩2

 

戦型は「相振り飛車」

力戦模様の駒組みから、迎えた上図の局面で

佐藤九段が角交換を要求し、戦いの幕が開きます。。

 

【 投了図・128手目△6八飛成 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲佐藤九段: 飛、角、銀、歩

△羽生竜王: 金、香、歩6

 

 

押したり引いたり、見応え十分の攻防から

いち早く、先手玉の頭上を抑えた羽生竜王が

終盤戦を制し、見事勝利を飾りました。。

 

 

□□□

 

サイトもぼちぼち更新中。。

 

今泉四段今期成績一覧

中澤女流初段今期成績一覧

 

□□□

 

お盆は近場でのんびり。。

 

余韻、心地よく。。

 

 

 

 

□□□

 

いよいよ開店。。即レギュラー化希望

「千和子」と書いて「ちかこ」とお読みします。。

 

祝開店☆スナックちかこ

 

 

 

□□□ 
 

 

揃い踏みも明暗。。

 

叡王戦に藤井七段、そして里見女流四冠登場

 

 

 
 

□□□

 

今月24日には藤井七段と公式戦で激突。。

 

心機一転。。里見女流四冠、再加速

 

 

 

 

慶春onLINE

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。