将棋界の気になるつぶやき






2017年11月20日

第67回NHK杯/2回戦「羽生棋聖-山崎八段を振り返ろう」

テーマ:ブログ

第67回NHK杯将棋トーナメント
決勝トーナメント表

 

 

 

 

今回は昨日放送されました

日曜午前のお楽しみ第67回NHK杯の2回戦

注目の「羽生善治棋聖-山崎隆之八段」の模様を

振り返らせていただきます。。

 

 

 

2手目△8四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲山崎八段: なし

△羽生棋聖: なし

 

先手は山崎八段。

その初手は飛車先を突く▲2六歩から。

対します、羽生棋聖も2手目に同じく飛車先を突く

△8四歩と返して、対局はスタート。。

 

 

 

4手目△8五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲山崎八段: なし

△羽生棋聖: なし

 

次に両者は息を合わせて飛車先を決め

戦型は「相掛かり」となりました。。

 

 

 

9手目▲7六歩。

 

上図での持ち駒

 

▲山崎八段: なし

△羽生棋聖: なし

 

さらに同形模様の進行は続き

角頭を金で受けてから飛車の真横に銀を連結。

 

通常の「相掛かり」では

先手からまず飛車先の歩を交換しますが

本局の山崎八段は飛車先を保留したまま

上図で先に角道を開きます。。

 

すると、次の瞬間。。

 

 

 

10手目△8六歩。

 

上図での持ち駒

 

▲山崎八段: なし

△羽生棋聖: なし

 

最近の流行でもある後手番の羽生棋聖から

飛車先の歩がぶつけられました。。

 

山崎八段はこの一手となる▲同歩と応じて、以下

△同飛に▲3六歩~△5ニ玉~▲3七銀~△3四歩~

▲4六銀~△7四歩をみて、下図19手目▲6九玉と進行。。

 

 

 

19手目▲6九玉。

 

上図での持ち駒

 

▲山崎八段: 歩

△羽生棋聖: 歩

 

8筋で歩の交換が成立すると

山崎八段は飛び出したままの後手の飛車先を

受けることなく、銀を4筋の戦場に繰り出してから

代名詞である「居玉」を速やかに解除しました。。

 

 

 

22手目△9四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲山崎八段: 歩

△羽生棋聖: 歩

 

一方、玉立てて「中住まい」に構えた

羽生棋聖は飛車を浮かせたまま自陣右側に

「美濃囲い」を完成。バランスよく駒を組んでから

上図で9筋の端歩を突き、間合いを計ります。。

 

この手をみて

山崎八段がようやく8筋に歩をあてがうと。。

(23手目▲8六歩)

 

 

 

24手目△7六飛。

 

上図での持ち駒

 

▲山崎八段: なし

△羽生棋聖: 歩2

 

羽生棋聖は、待ってましたと

8筋の浮き飛車でお隣り7筋の横歩を取ります。。

すると、山崎八段もこの手は予想の範囲内と。。

 

 

 

25手目▲2ニ角成。

 

上図での持ち駒

 

▲山崎八段: 角

△羽生棋聖: 歩2

 

ズバリと角交換を敢行。

負担となりそうな角をこのタイミングで捌きました。

 

 

 

34手目△3六歩。

 

上図での持ち駒

 

▲山崎八段: なし

△羽生棋聖: 角、歩3

 

角交換成立後、先に盤上に投入したのは山崎八段。

8二の地点に打ち込み(33手目)、香取りを狙いますが

羽生棋聖は強気に手抜いて3筋の歩を前進させます。

 

 

 

36手目△2五飛。

 

上図での持ち駒

 

▲山崎八段: 香

△羽生棋聖: 角、歩4

 

ならば、と山崎八段が素直に

香車を捕獲し馬を作ると(35手目▲9一角成)

羽生棋聖は握った手番で飛車を2筋へと振り

飛車交換を迫りました。。が、しかし

 

 

 

37手目▲2六香。

 

上図での持ち駒

 

▲山崎八段: なし

△羽生棋聖: 角、歩4

 

いかに力戦派の英雄・山崎八段と言えども

この挑発には乗れませんと、手にしたばかりの香車を

羽生飛車の頭上に突き立て、お引取りを願います。。

 

ここで黙って飛車を逃げているようでは

何をやっているのか分からないと、羽生棋聖は次に。。

 

 

 

38手目△3九角。

 

上図での持ち駒

 

▲山崎八段: なし

△羽生棋聖: 歩4

 

これが狙いの一着

上部をふさいだ山崎飛車のカカトに引っ掛け

手持ちの角を敵陣最下段に投入しました。。

 

この手に対し

山崎八段は飛車を一段上げて逃がします。。

(39手目▲2七飛)

 

 

 

43手目▲1七桂。

 

上図での持ち駒

 

▲山崎八段: なし

△羽生棋聖: 歩4

 

先手の模様を誘導した羽生棋聖は

飛車を元居た7筋に戻し(40手目△7五飛)

力を溜めつつ、次なる仕掛けへ間合いを計ります。。

 

一方、山崎八段が

1筋からの桂馬の活用を目指すと。。

 

 

 

44手目△1七角成。

 

上図での持ち駒

 

▲山崎八段: なし

△羽生棋聖: 桂、歩4

 

羽生棋聖はすかさず角で桂馬を強襲。。

決断の一手から後手陣攻略を開始します。。

 

山崎八段は▲同香(45手目)で角を払い、以下

△2五歩~▲8四角~△2六歩~▲同飛に△3四桂~

▲3六飛~△4六桂~▲同歩~下図54手目△2五飛。。

 

 

 

54手目△2五飛。

 

上図での持ち駒

 

▲山崎八段: 桂、歩2

△羽生棋聖: 銀、香、歩4

 

羽生棋聖はリスク覚悟で攻勢を強めて

あくまでも2筋からの飛車先突破に全てを懸けます。。

 

 

 

60手目△2六飛。

 

上図での持ち駒

 

▲山崎八段: 桂、歩

△羽生棋聖: 銀、香、歩4

 

しかし、上図で両者の飛車がすれ違い

後手の飛車先突破がついに確定しますが。。

 

 

 

63手目▲3九歩。

 

上図での持ち駒

 

▲山崎八段: 桂2

△羽生棋聖: 銀、香、歩4

 

山崎八段は飛車先で桂馬を捕獲してから

満を持して突進し龍となった羽生飛車の王手を

底歩で手堅くブロックし、形勢を握ります。。

 

 

 

66手目△3四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲山崎八段: 桂3

△羽生棋聖: 銀、香、歩4

 

羽生棋聖が「と」金を払って(64手目△3三銀)

握った手番で山崎八段は9一の地点で出番を待った

馬がついに目を覚まし、桂馬を強襲(65手目▲7三馬)

二枚角のラインから羽生玉を厳しく睨みつけます。。

 

この手に対し、羽生棋聖は龍の活用を急がず

3筋に浮いた山崎飛車の頭上に歩を突き立てますが

この手が疑問手となり、次の△7四馬(67手目)から

形勢の針は大きく先手に傾き、勝負あり。。

 

 

羽生棋聖-山崎八段の棋譜はこちら

 

 

【 投了図・87手目▲4七銀打 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲山崎八段: 飛、金

△羽生棋聖: 金、桂、香、歩5

 

上図の局面をみて羽生棋聖、無念の投了。

意欲的な構想は功を奏さず、今期のNHK杯は

2回戦で早々と姿を消しました。。

 

一方、隙の無い指し回しでつけ入る隙を与えず

大の苦手とする羽生棋聖から完勝を飾った山崎八段は

大きな手応えと自信を胸に、3回戦へと駒を進めました。。

 

 

そして、午後には。。

 

天才の証明。。「山崎八段、比類なき初優勝」

 

 

 

 

将棋日本シリーズ/決勝「豊島八段-山崎八段」

 

 

□□□

 

棋王戦挑戦権争いも大詰め。。

 

「本戦決勝は三浦九段-永瀬六段に決定」

 

 

□□□

 

独走か、それとも。。

 

名人挑戦権争いは後半戦へ。。

 

 

 

□□□

 

「PONANZA」引退。。

 

第5回将棋電王トーナメント

「優勝は平成将棋合戦ぽんぽこ」

 

 

 

□□□

 

らしく、美しく。。

 

女流王座戦「加藤女王連勝、タイトル奪取へ王手」

 

 

 

慶春onLINE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年11月20日

JT杯は優勝。。第67回NHK杯/2回戦「山崎八段、羽生棋聖に連勝」

テーマ:ブログ

天才の証明。。「山崎八段、比類なき初優勝」

 

【 投了図・165手目▲8七歩 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲山崎八段: 飛、銀、歩5

△豊島八段: 角2、金2、銀、香、歩4

 

昨日行なわれました大一番

注目の第38回JT杯将棋日本シリーズ/決勝

「豊島将之八段(JT杯覇者)-山崎隆之八段」は

上図165手までで、先手・山崎八段が勝利。

 

大激戦を制し、豊島八段の連覇を阻止した

山崎八段が才能を煌かせ見事初優勝を飾りました。

 

 

第67回NHK杯将棋トーナメント
決勝トーナメント表

 

 

【 投了図・87手目▲4七銀打 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲山崎八段: 飛、金

△羽生棋聖: 金、桂、香、歩5

 

くしくもJT杯/決勝と同日に放送となった

第67回NHK杯将棋トーナメントにも登場した

山崎八段は2回戦を天敵・羽生善治棋聖と戦い

上図87手までで、見事勝利。

 

先月、実に8年ぶりの勝利を飾り

連敗を「10」で止めたばかりの羽生棋聖に対して

山崎八段は得意の「相掛かり」で会心の連勝。。

 

一日で羽生棋聖、豊島八段と

将棋界の中心軸から持ち味発揮で圧巻の連勝を飾り

天才・山崎八段があらためてその偉大な才能と存在を

全国の将棋ファンに証明しました。。

 

 

 

□□□

 

昨日、決戦!

 

将棋日本シリーズ/決勝「豊島八段-山崎八段」

 

 

 

 

□□□

 

佐藤名人は敗者復活戦へ。。

 

「本戦決勝は三浦九段-永瀬六段に決定」

 

 

□□□

 

独走か、それとも。。

 

名人挑戦権争いは後半戦へ。。

 

 

 

□□□

 

「PONANZA」引退。。

 

第5回将棋電王トーナメント

「優勝は平成将棋合戦ぽんぽこ」

 

 

 

□□□

 

らしく、美しく。。

 

女流王座戦「加藤女王連勝、タイトル奪取へ王手」

 

 

 

慶春onLINE

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。