マッサージしてもよくならない | 湘南台のBodycareroomSin

湘南台のBodycareroomSin

骨盤矯正、筋膜リリース、マッサージ、整体は、ボディケアルームSinへ


テーマ:
前回はストレッチについて書きましたが、筋肉のセンサーをうまく使ってストレッチしてみてね、というお話しをしました。

今回は、それとは別に筋肉に起こる現象について書いてみたいと思います。

少し専門的な話になりますが、マッサージしてもよくならなくて困っている方には、ヒントになるかもしれません。



筋肉には、適度な圧を加えると圧電現象が起きます。

ポイント圧電現象(ピエゾ圧電効果)とは

物質に圧を加えると分極が現れる現象のことです。
例えばライターはこの現象を利用して点火しています。
圧電体は水晶やセラミックなどがありますが、コラーゲンでも同様の現象が起きることが確認されています。
身体のコラーゲンは、真皮、筋膜、靱帯、腱、骨、軟骨などに存在しています。


科学的な話しは難しいですが、なんとなく、圧が加わると体に電気が流れて、変化が起きるんだなーと思ってください。ニッコニコ

例えば骨折したときにもこの現象が起きて、凹側は骨組織が形成され、凸側は吸収されて、まっすぐにしてくれるんです。

( すごいですね!おぉ! )



筋肉を包んでいる筋膜も、コラーゲンで構成されているので、ゆがむと電気が発生します。

カチカチになった体は、筋膜の肥厚、癒着、コラーゲン繊維の配列変化などが起きていますので、意図的に圧電現象を発生させることで、これらの正常化を助けることができます。

でも、圧力や方向を間違えると、逆に肥厚するので、グリグリやると逆効果です。

マッサージや指圧で改善しないという方、少しアプローチを変えてみると、いいかもしれませんよニコニコ

【藤沢市湘南台】整体・マッサージ*ボディケアルームSinさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス