「マイウェイ 12000キロの真実」感想 | 新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~

新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~

 映画レビューだったり、ヲタ話しだったリをゆるく更新。
(ウェブリブログに引っ越しました。こちらはリンク置き場となっております)


テーマ:
$新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~
 「シュリ」「ブラザーフッド」カン・ジェギュ監督、オダギリジョー×チャン・ドンゴン主演。太平洋戦争時、日本、ソ連、ドイツ3着の軍服を着て生き延びた、二人の男の数奇な運命を描く。

 ちなみに「真実」と言いつつ、実際記録に残っているのは日本人一人であり、韓国人の幼なじみは創作なんだとか。
 韓国映画で日本人が主役ではマズいと思ったのだろうが。まあ、作品が面白ければ、それに越した事はないのだが。

 さておき。
 過激なアクションと人間描写に定評のある監督だけに、作品のテーマと映像表現の相性は抜群。爆煙血飛沫乱れ飛び、人の命が紙切れのように散っていく戦場と、捕虜を家畜以下として扱う非道が日常的に繰り広げられる捕虜収容所の、凄惨極まりない戦火の状況が情け容赦なく、執拗に、徹底的に描かれる。

 主人公の一人、長谷川を演じるオダギリジョーが、また実にいい仕事。
 序盤の嫌味ったらしいエリートマラソンランナーから一転、皇国に我が身を奉げる帝国軍人、かと思えば後半、己の過ちを悔い改め、友人を祖国へ送り届けようと決意する一日本男児と、一人の男が体感と経験によって変貌していく様を、見事に演じきっている。
 巷では、どこぞの若手SAL俳優を「和製ジョニー・デップ」「カメレオン俳優」などと呼んでいるそうだが、冗談ではない。今現在、日本人俳優でもっともその称号にふさわしいのは、彼をおいて他にないと断言する。

 チャン・ドンゴンもまた、囚人部隊として奴隷以下の扱いを受けながら、最後まで己を捨てず、生きるために戦い抜いた元マラソン選手を好演。
 普通の映画ならマイナスポイントになるはずの、彼を含む韓国人キャストの片言の日本語も、当時日本の統治下にあった朝鮮人が母国語をムリヤリ禁止されていた時代背景を鑑みると、むしろ説得力を帯びて良い。
 正直、彼といえば「アナタガ~シュキデース!!」のCMぐらいしか思いつかないのだが、そういえばほとんど彼の出演作を観ていないと、最近になって気づいた(基本的に、韓国映画はあまり観ないので…)。
 とりあえず、代表的なモノだけでも今度借りてみよう。
 

 一見、なぜここまでする必要があるのかと訝りたくなるほど、残酷無比な場面が延々と続き、人によっては嫌悪すら憶えるシーンも多数登場する本作だが、思うにこれは、戦争という人類最低最悪の行為に対し反面教師的な具体例として、ここまで描ききる事がどうしても必要不可欠であったのではないかと、勝手に推測する。
 韓国人捕虜達への虐待を繰り返す、山本太郎演じる帝国軍人をはじめとした登場人物の多く、特に各国軍人達の悪逆非道な態度も、時代の流れに翻弄されるがままに、「こういうご時勢だから、このぐらいは許されるだろう」の積み重ねが集団の中で日常化し、いつしか善悪の判断基準を麻痺させ、ついにはそれぞれの内にある生き残る事への渇望と、望郷の想いをも飲み込んで、人格すらも破壊してしまった結果と言えなくもない。
 無論、それで説明がついたとして、彼らの行為が承認されるわけはないのだが、自他ともに人が人である事を忘却し、地の底の底に落ちた状態こそが、本作で描かれている惨状そのものであり、つまるところ「こういう事が二度と起こらないように、みんなで努力していこうぜ。差異を認め合って、仲良くしていこうぜ」という、監督からの慈愛に満ちたラブ&ピースメッセージだと、拡大解釈してみる。

 かつてお互い殺し合うほど憎しみ合っていた主人公二人が、幼い頃を思い浮かべながら走るラストシーンなどは、まさしくその象徴といえる。


 史実との若干の際はこの際さておき、随分と韓国贔屓…というより、日本を完全に悪者として描いているのは、歴史的考察からすれば仕方のない事。とはいえ、コレを観た向こうの人々が「やっぱり日本人は悪い連中ニダ!!我々の敵だニダ!!」では、元も子もない。
 ものすごく俗な言い方だが、逆に自分達がそういう扱いを受けるのを覚悟した上で、本作への参加を快諾し、あまつさえ国内上映に踏み切った日本人スタッフ及び出演陣の心意気を、どうか汲み取っていただきたい。
 上記のとおり、それこそ監督が本作に込めた本願ではないかと思うのだが、いかがだろうか。


 …もっとも我が国の国民に、果たして愛国心だの誇りだのがどの程度残っているのか、甚だ疑問だが。なにせ多くの日本国民は、いまや自分の生まれ育った土地の未来より、目先の食い扶持の方が大事なのだから。
 なあ、どこぞの市長さんよ。

 閑話休題。 

 こういう良作を共同で製作できるのだから、やはり日韓双方が大人になり、お互いを認め合う間柄にならなければと、改めて思った。まあぶっちゃけて言うと、だいたいのケンカの原因は、向こうの意味不明な上から目線と、不条理な因縁なのだが(笑)。
 
 戦争映画好き、韓国映画好き、もちろんオダジョーチャン・ドンゴンのファンも、きっと大満足の一本。2時間半以上と長尺ではあるけども、クリオネの化け物や、下関でチンピラが殴りあうより、よっぽど観る価値のある作品。



 そんなわけで、小生の、この映画に対する評価は…、

 ☆☆☆★★+++

 星3つプラス3つ!!




 きっと、長谷川のパパに化けた魔空監獄獄長アシュラーダが、二人が戦うように仕向けたんだよ(違)。
 助けてギャバン!!(だから違)


(またしても違)


(笑)




ブラザーフッド スタンダード・エディション [DVD]/チャン・ドンゴン,ウォンビン,イ・ウンジュ

¥2,500
Amazon.co.jp

シュリ [DVD]/キム・ユンジン,ハン・ソッキュ

¥3,129
Amazon.co.jp




仮面ライダークウガ 特別篇 [DVD]/特撮(映像)

¥7,140
Amazon.co.jp

ハッピータイガー (MGコミック)/小林 源文

¥924
Amazon.co.jp



 よろしければ、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

100SHIKIさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス