禅とメンタルトレーニング 勝負勘をみがく | 赤野コーチの「禅 メンタルトレーニング」 本当の自分の力を発揮する心のキーワード

赤野コーチの「禅 メンタルトレーニング」 本当の自分の力を発揮する心のキーワード

私に出会うと心が許される気持ちがする。 本当に嬉しい言葉をいただきます。
一つの出会いが人生を大きく変える、 そんなコーチでありたいと日々奮闘中!!
これまでの出会いから学んだ 本当の自分の力を発揮するためのキーワードを お伝えしていきます。

ビジネスでもスポーツでも「勝負勘」は大事です。

 

勝負勘というのは、勝負どころを見極める力ともいえます。

 

すべてに全力でやっていては、心も身体ももちませんし、結果的に散漫になっていきます。

 

能力が高い選手が試合で負けたときに、「運がなかった」というコメントをしているのを聞くことがあります。本人も勝つ力があるのになぜ勝てないのか分からないのだと思います。しかし、一つ一つのプレーを見ていると、あれこれと手を出して、結局勝負どころを逃してしまっているのです。持っている能力をいかに使うか。これも実力のうちです。
 

歴史をみても、どんなに大きな軍勢を持ってしても、力が分散しては勝てません。逆にいえば、上手く相手の力を分散できれば、勝てるのです。

 

ここぞという瞬間を見極めて、そこに勝負を懸けるか。

 

ゴルフにおいては、長い距離を打つときは、勝負を懸けない方が上手くいきます。それは、大きなクラブほど全力を傾けると、力んでしまい、結果的にクラブが振り切れなくなるのです。しかし、多くのゴルファーがドライバーの魔力にはまってしまい、打たされるのです。

 

そして、アプローチやパッティングなど小さなクラブほど勝負を懸けるときです。しかし、短い距離ほど勝負を懸けるのが怖くなります。先のことを考えると、打ち切れなくなるのです。

 

いかに、誘惑や魔力を断ち切り、勝負できるか。

 

まずは、勝負どころを意識することからはじめてみましょう。試行錯誤している中で、あなたらしいプレーのメリハリが生まれてきます。

 

コラムを連載中の週刊ゴルフダイジェスト、今週のテーマは「勝負の懸けどころ」です。

https://www.zen-mental.com/media/20190528gd/