禅とメンタルトレーニング しぶとい心を作る10%の粘り | 赤野コーチの「禅 メンタルトレーニング」 本当の自分の力を発揮する心のキーワード

赤野コーチの「禅 メンタルトレーニング」 本当の自分の力を発揮する心のキーワード

私に出会うと心が許される気持ちがする。 本当に嬉しい言葉をいただきます。
一つの出会いが人生を大きく変える、 そんなコーチでありたいと日々奮闘中!!
これまでの出会いから学んだ 本当の自分の力を発揮するためのキーワードを お伝えしていきます。

ゴルフダイジェストのコラムも今回で100回目。これまで2年にわたって連載してきましたが、月に4本の原稿を書き続けるのは、楽しかったです。最初は、本当に書き続けられるのか不安(多分、編集者さんはもっと不安)でしたが、いろいろなアイデアが湧き続けてくるものだと、我ながら驚いています。書くことで、自分の経験を整理できますし、理論も深掘り出来ました。書くことが好きなんですね。

 

当初は、ひとまず100回で連載終了の予定でしたが、先日編集者から「書けるところまで書いてください」と有難いお言葉をいただきました。少しは読者のお役に立てているということでしょうか。

 

ネタをひねり出すのに、苦労は増してはいますが、面白いものですね。この2年間でも自分の理論が進化?変化?しています。コラムを書き続けることが、自分にとってのメンタルトレーニングであり、成長の記録のようなものです。このような機会を与えていただけるのは本当に幸せですね。

 

私の場合、すべて自分自身の経験がもとになっています。経験しないことは書けないのです。なので、これからもいろいろな経験を重ねる中で、アイデアを生み出していければと思っています。

 

週刊ゴルフダイジェスト、これまで2回にわたって「3S」のメンタルトレーニングをお伝えしていますが、今回は3つ目のS,「しぶとい心」です。

 

100か0というデジタルな判定からはしぶとさは生まれません。100点を求める心は、失敗したときの諦めが早い。そうではなく、いかに粘るか。そのために、10%の粘りという観点から諦めない心についてお伝えしています。

 

10%粘るためにどれだけの工夫を重ねていくか。それが結果的に自分でも驚く結果に繋がっていくのです。

 

ゴルフでも100をきれる実力があったとして、10%諦めれば110です。完璧なショットやパッティングを目指すよりも、どれだけ1つ1つのプレーを「しぶとく」出来るかに焦点を当てる方が、結果的にスコアはあがります。

https://www.zen-mental.com/media/20190305gd/

 

 

赤野コーチさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ