禅とメンタルトレーニング 大坂なおみ選手の「インナーピース」 | 赤野コーチの「禅 メンタルトレーニング」 本当の自分の力を発揮する心のキーワード

赤野コーチの「禅 メンタルトレーニング」 本当の自分の力を発揮する心のキーワード

私に出会うと心が許される気持ちがする。 本当に嬉しい言葉をいただきます。
一つの出会いが人生を大きく変える、 そんなコーチでありたいと日々奮闘中!!
これまでの出会いから学んだ 本当の自分の力を発揮するためのキーワードを お伝えしていきます。

スポーツは身体のアート言えます。アスリートは身体のアーティスト。

 

先日テニスの全豪オープンで優勝した大坂なおみ選手が試合で見せるあの大胆かつ勇気あるプレーは、彼女の持つイマジネーションを身体でダイナミックに表現しているといえます。

 

大坂選手は会見で、「インナーピース」という表現をしていました。これは直訳すると「心の平和」、「平常心」とも言えます。心が穏やかなときにベストなプレーができるそうです。相手との戦いの中で、いかに心のバランスを保つか。

 

勝負には、2つの視点があります。

 

相手に勝つという視点と、自分が納得いくプレーをするという視点です。

 

ちなみに人の心のエネルギーには2つの矢印があります。外側に向けたエネルギーと内側に向いたエネルギーです。

 

ちなみに、相手に勝つという気持ちのとき、心の矢印は外側に向いています。一方で自分が納得いくプレーをしたいという気持ちのとき、矢印は内側に向いています。

 

外向きのエネルギーと内向きのエネルギーを上手く活用するポイントは、バランスです。どちらが「良い、悪い」ではなく、自分の持っている自然なエネルギーを知ること。自分らしいエネルギーでプレーしているとき、心の底から自信、好奇心、パワーが溢れだしてきます。

 

心の矢印のバランスが崩れたとき、インナーピースも崩れます。


今週のゴルフダイジェストでは「心の矢印」というテーマでお伝えしています。どんなに苦しく追い込まれた状態でも「インナーピース」を持てるかどうか。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

https://www.zen-mental.com/media/20190219gd/

 

 

赤野コーチさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス