禅とメンタルトレーニング 攻めながら守る 守りながら攻める | 赤野コーチの「禅 メンタルトレーニング」 本当の自分の力を発揮する心のキーワード

赤野コーチの「禅 メンタルトレーニング」 本当の自分の力を発揮する心のキーワード

私に出会うと心が許される気持ちがする。 本当に嬉しい言葉をいただきます。
一つの出会いが人生を大きく変える、 そんなコーチでありたいと日々奮闘中!!
これまでの出会いから学んだ 本当の自分の力を発揮するためのキーワードを お伝えしていきます。

皆さんは、「攻め」と「守り」どちらが好きですか?

 

人には、攻撃型のタイプと守備型のタイプがあります。どちらが良い悪いではなく、それぞれに長所と短所があるので、特徴を詳しく知っておくことがベストなパフォーマンスを出す上で大事になります。

 

ちなみにサッカーでも、攻めることだけに熱中してしまうと、必ず隙ができます。これは、攻めには強いが、守りには弱いというパターンです。また劣勢に立たされた時に、守りだけに入ってしまうと、ただ耐えるだけのプレーになってしまいます。これでは、攻めに転じる準備が出来ていないので、相手に安心感を与えますし、一瞬のチャンスを見逃してしまいます。

 

一方でしなやかな強さとは、攻めている時も常に攻め込まれることを予想してプレーしています。そして逆に、攻め込まれて劣勢に立たされた時も、反攻のチャンスを探しています。そして、相手に隙ができたときに、一気に攻め込むのです。これは、当たり前のようですが、実戦で行うのはなかなか難しい。チームでの意識統一と選手によって意識にかなりバラツキがあるので個別のトレーニングが必要になります。

 

ゴルフのような個人競技でも攻めだけに偏ってしまうと、調子が良いときはいいのですが、必ず隙ができます。守りの意識なき攻めは、ただの無謀な攻めです。どんなに調子が良いときでも、最悪のケースを想定しながら、攻めることができるか。これが大きく崩れないしなやかなプレーです。

 

メンタルトレーニングのコラムを連載中の週刊ゴルフダイジェスト、今回のテーマは「しなやかな心を作るメンタルトレーニング」です。

 

詳しくはこちらから

https://www.zen-mental.com/media/20190212gd/

 

 

 

赤野コーチさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス