仕事と禅 「楽すぎず苦しすぎない」という加減を知る | 赤野コーチの「禅 メンタルトレーニング」 本当の自分の力を発揮する心のキーワード

赤野コーチの「禅 メンタルトレーニング」 本当の自分の力を発揮する心のキーワード

私に出会うと心が許される気持ちがする。 本当に嬉しい言葉をいただきます。
一つの出会いが人生を大きく変える、 そんなコーチでありたいと日々奮闘中!!
これまでの出会いから学んだ 本当の自分の力を発揮するためのキーワードを お伝えしていきます。


テーマ:

仕事と禅についてお伝えしているnoteを更新しました。今回のテーマは「力みをとる方法」です。

 

仕事や趣味を頑張っている人ほど、実は知らず知らずのうちに、力んでいる可能性があります。

 

そして頑張っている人ほど、疲れてしまって休みの日はずっと寝てしまったりします。

 

つい私たちは楽になりすぎて緩みすぎてしまったり、頑張り過ぎて苦しんでいることに気づかなかったりします。

 

力みは頭で考えても分かりません。いかに身体の声を聴くかです。

 

ちなみにヨガはポーズの形を追求することではなく、体がどう感じているのか体と対話することだそうです。

 

私自身、以前はいい坐り方、いい呼吸を目指して、頑張って坐っていました。これは頭で坐禅している状態。身体の声は聞こえてきません。

 

身体の声を聴きながら、楽すぎず苦しすぎないくらいの加減で取り組むか。

 

この「いい加減を感じる力」が仕事でもスポーツでも大事だと思います。

 

詳しくはこちらからどうぞ。

https://note.mu/zen_akano/n/n140210e6e7ad

 

 

 

赤野コーチさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス