シンクロニシティ~意味のある偶然の一致~ 「まるっとゆるす」 わたなべこうの自遊人ブログ

ココロと身体がゆるゆるになるブログです。ココロのセラピストをしながら沖縄で自遊にシンプルライフを愉しんでいます\(^o^)/


テーマ:

今日も、私こうが、

 

いま思うこと、感じることを、

 

つらつらと、書いていきたいなぁ~と思います。

 


「約20年前のこと、私の人生において、最大級の衝撃を覚える事件が起きました。
 

家の電話が鳴ったのは午前3時。嫌々受話器をとると、長男の声が聞こえてきました。
 

「母さん、どうしよう!ロビーが死んじまった!」

18歳の末っ子が銃で撃たれたというのです。
 

目の前が真っ暗になりました。ロビーが死んだ、ですって?

やり場のない、打ちのめされた感覚。—-絶望。

心臓は早鐘のように打ち続けました。
 

その後、息子を殺した若者ショーンは殺人罪で捕まりました。
 
ロビーとは顔見知りで、口論になって撃ってしまったというのです。
 
 
審問会が開かれるまでの3ヶ月間、私はショーンに会うことも話すことも許されませんでした。
 
それは正しい処置だったと思います。
 
 
もし彼に会っていたら、怒りに突き動かされて何をしたかわかりません。

もしかしたら、思わず相手の首を絞めていたかもしれません。
 
 
ようやくやってきた審問会の日、私は初めてショーンを目にしました。
 
彼を一目見たとたん、私の身体を煮えたぎるような怒りが駆け抜けました。
 

「なぜあんなことしたの!」
 

評決はその場で下り、予想通り20年から50年の刑が言い渡されました。
 
 
審問会が終わると、判事は「ショーンに会わせるので部屋へ来るように」と言いました。
 
職員の後ろについて判事室への廊下を歩くとき、心臓の鼓動が一歩ごとに速くなるのがわかるのです。
 
 
ようやく息子の命を奪った人間に会うのだ。
 
ずっとこの時を待っていたのだ、私の気持ちをぶつけるときを。
 
あの男にどんな罵詈雑言を浴びせてやろうか。怒りと憎しみでいっぱいで、私にはそれしか考えられませんでした。
 

ボディ・チェックを受け、小さな鏡板張りのオフィスへ通された時に見たものは、部屋の隅に立っているショーンでした。
 
それはオレンジ色の囚人服を着て、手足を縛られ、頭をうなだれたまま身体を震わせて泣きじゃくっている20歳の男の子でした。
 
彼は1人のさびしい青年でした。
 
親も友達も、支えてくれる人もいない独ぼっちの男の子、どこかにいる別の母親の息子なのです。
 

私は職員に、ショーンに近づいていいかと尋ねました。
 
ショーンはそれを聞くと目を上げて、涙に濡れた幼さの残る顔をこちらに向けました。


「ショーン、そばに行ってもいい?」

ショーンがうなずいたので、私は職員にうながされ、ショーンのそばまで進みました。
 

次に私がとった行動に、私自身も含めてその場にいた全員が驚いたのです。
 
私はショーンの身体に両腕を回し、彼を抱きしめました。ショーンは私の肩に顔をうずめてきました。
 
誰かに抱きしめてもらうことなど初めてだったのかもしれません。
 
私の怒りと憎しみは、この瞬間にスーッと離れていきました。
 

「ねえ、ショーン、あなたを許すわ」

ショーンは驚いたような顔を上げ、私の目を見つめました。

「ロビーが天国ではなく刑務所に行くのだったなら、私はもっと辛かったと思うの。あなたのために毎日祈っているわ」

私はショーンに手紙を書いて欲しいと頼み、職員に付き添われて部屋を出ました。
 

どんな評決が下ろうと、もう私の息子ロビーは帰ってこないのです。
 
ただ、もう1人の青年の人生が、刑によって奪い取られただけなのです。私の行為を理解できないという人もいます。
 
 
しかし、私はけっしてショーンの罪を見逃したのではありません。「許す」とはそういうことではないと思うのです。

あのとき彼を許したことで、私は心の奥に渦巻いていた憎しみと復讐心から逃れることができました。
 
自由になり、心の平安を取り戻し、生きる力を得て、ロビーの死を受け入れることさえできるようになったのです。

憎しみはどこかで断ち切らなければ新たな憎しみを生むだけでしょう。

私の憎しみは、私で終わりにするのが一番だと、そう思うのです。」

 
 
マーシー・シャイモフ著『[脳にいいこと」だけをやりなさい!」の中から、
 
『メアリーの物語「本当の自由を手に入れるということ」』という一部分を抜粋しました。

 

 

 

私の今生では、こんな衝撃的なことが起こっていませんので、

 

いまのところ、人を許せないというようなことはありませんが、



人を許すことって、


実は、自分のココロを解放して自由にするためのものなのですよね。

 

 

 

ただ自分の子供が殺されたとしたら、


メアリーのようにできるかは自信がありませんが……。

 

 

 

人を許すのも、自分を許すのも、

 

ゆ~るく自遊に生きるためには大切なことですね(●´З`●)ゝ

 

 


 

ブログを読んでいただいてありがとうございます。

 

嬉しいです♡感謝いたします。

 

みなさんに愛溢れる出来事が雪崩のごとく起きます。

 

 

下記のランキングをポチッとクリックしていただくと嬉しいです♪ブログを書く励みになります!

ゆるします\(^o^)/

 

と声に出して、ポチポチしてください。

 

ポチッとクリック↓

ポチッとクリック↓

 

大阪梅田スピ婚講座 満席

2月18日日曜日13時~(5時間くらい)

 

名古屋千種スピ婚講座 

3月21日水曜日(春分の日)13時~(5時間くらい)

 

福岡天神スピ婚講座 

4月15日日曜日13時~(5時間くらい)

 

(ソウルメイトとの出愛から結魂までをサポートする少人数制恋愛講座)

 

ポチッと下記をクリックしてね↓

 

スピ婚講座情報

 

個人セッション申し込み受付けしております\(^o^)/

ポチッと下記をクリックしてね↓

個人セッション情報

個人セッション感想

お申込み・お問合わせはこちらから

KouLinホームページ\(^o^)/

 

ポチッと下記をクリックしてね↓

 
KouLinのホームページです

moon soulの記事です
 

ふたつが1つになるソウルメイトジュエリー「moon soul」

2018年「Be Let's ワーク&セミナー」未定です\(^o^)/

 
ポチッと下記をクリックしてね↓
 

Be Let's ワーク&セミナー情報

 

Be Let's ワーク&セミナー感想


お申込み・お問合わせはこちらから

 

リブログ・シェア・転載・転送はご自遊にどうぞ!みんなにHappyが広がりますように(*⌒3⌒*)

いいね!した人  |  リブログ(6)

こうさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります