書きたいことを思いついたまでであります。

以下、文のつながりとか分かりやすさとか
全く気にせず推敲もしていない文章です。

暇なときにお読みください。




突然ですが、皆さまは明治神宮のおみくじをお引きになったことがあるでしょうか。


僕は昨年、すなわち2017年の1月1日に 

初詣をするために明治神宮を訪れました。


明治神宮のおみくじは吉凶評価ではなく

神からのお告げ(御製=ぎょせい)がおみくじとして授けられます。

そこにですね


ならび行く人にはよしやおくるとも

ただしき道をふみなたがへそ


と告げられていました。意味は


もし、隣に並んでいく人に遅れたとしても

正しい道を踏み外してはなりません。

となります。

並んでいく人、がどういう人なのかは人それぞれでしょう。お任せします。

当時の僕は

「今年から受験勉強始まるし成績伸びなくて不安でも自分を信じてやれってことか」

とまあごく普通の思考に至り

成績が伸びなくて不安になったことはありませんでしたが

こうして予備校に通う毎日を送っています。

敢えて言いますが僕は無宗教です。
別に無宗教であることが何だとも思っていませんが、日本人は宗教に敏感な国民性なので。







言いたいことはそのことではなくて


駿台に慣れて、クラスの中で仲がいい集団に

少し異性に関心が出始めます。

悪くはありません。

浪人生だとはいえ本質的には
10代の男の集まりですから、むしろ正常です。


ですが度が過ぎるのはどうなのでしょうか。










まあ客観的に見たことを言ってしまえば

遅くまで勉強した疲れが出て感情的になっているだけであります。

それでもちょっと度が過ぎたというか

異性のことを一切抜きにしてもこのところ

少し調子に乗って気が大きくなってたんじゃないかなあ、と思い 

他の人がどう思ってるのか気にしてしまい

今日の帰りの電車で心が揺れていました。
いつものあの平然な感じではないというか。

話がちょっと抽象的で

何のことだかサッパリ理解できない文章になっていることは知っています。







悩んだときに一番頼りになるのは友達です。

家族も頼りになりますが、恥ずかしさが先に出てしまい話せないことが多いのです。

単刀直入に言えば、その帰りの電車で

場所は違えど同じく浪人している仲間に会ったのです。

しかも、なぜか3人も。

話の内容は割愛しますが、互いの近況を話し

どの授業が楽しいだとか自習室がどうだとか

他愛もない話をしていたんです。


次なにを言うかは想像がつくと思いますが

悩んでたことがどっかいきました。

ウソのようでした。
駐輪場を出ながらふと気づいたんです。



そしてこういうことを考え始めます。

「あれなんで今日3人も友達に会ったの?」





真っ先にもう亡くなったおじいちゃんのことを思い出しました。

無理のあるこじつけに見えるでしょ?
分かってます。

それでもいいんです。道をそれていた僕に

立て直すキッカケをくれたんじゃないか。



その次に明治神宮のあの言葉が浮かびます。

ああこういうことなんだ、と。

僕の周りには理1に普通に受かっていった同い年の友達が複数います。

みんなで受かろうぜ!とか普通に言ってましたよ。懐かしー。

並び行く人には遅れてしまったけど

正しい道を踏み外さないようにな、と

思いました。

昨年引いたおみくじが今年になって自分に返ってきましたね。

気づかせてもらえてよかったです、本当に。

昨年のおみくじの内容覚えておくのもいいんじゃないの、と思いますね。





余談ですが、今年湯島天神で引いたおみくじ

こんなものでした。




AD