第82代「後鳥羽天皇」・第84代「順徳天皇」大原陵(おおはらのみささぎ) | 尚吾の「人生七転び八起き」

尚吾の「人生七転び八起き」

座右の銘「人生七転び八起き」の如く、日々のさまざまな出来事を書き込んでいきます。

日々バレーボールと体の鍛錬、休日は、秘仏の拝観、社寺仏閣巡りを楽しみ、美味しいお店に出没しています。(*^_^*)

11月30日、休日は京都に車

天皇陵巡りです。残っている天皇陵12人ヵ所を回ります。


【大原陵】

第82代、後鳥羽天皇


【大原陵】

第84代、順徳天皇


【後山國陵】

第102代、後花園天皇


【田邑陵】

第55代、文徳天皇


【嵯峨山上陵】

第52代、嵯峨天皇


【蓮華峯寺陵】

第91代、後宇多天皇


【大内山陵】

第59代、宇多天皇


【円乗寺陵】

第69代、後朱雀天皇


【円教寺陵】

第70代、後冷泉天皇


【円宗寺陵】

第71代、後三条天皇


【円融寺北陵】

第66第、一条天皇

 

【後円教寺陵】

第73代、堀川天皇




最初に来たのは右京区


大原「三千院」


駐車場は遠くに止めると¥300 でしたが、少し奥まで行って無人の¥500に駐車。


セルフでお支払いです¥


車を止めて50m程歩いて行くと「¥400」の駐車場が有りました。 アリャ~、そんなバカな ( ;∀;)


たかが¥100、されど¥100。紅葉を見て心を静めましよう!



三千院の石標



時計9:30、人通りは少なめです。



拝観はしませんが記念撮影




三千院を通り過ぎて橋を渡った右側。


天皇陵の入り口。

土日は鉄柵が閉まっているようです。


宮内庁の制札板

 


後鳥羽天皇 大原陵

(ごとばてんのう おおはらのみささぎ)


順徳天皇 大原陵

(じゅんとくてんのう おおはらのみささぎ)


誰も居無いので静かです。ここの天皇陵も奇麗に手入れされています。


使われている形跡は有りませんが手水も設置されています。



参道も清掃が行き届いています。


奥の杉木立がイイ感じ音譜


御陵には2人の天皇が祀られています。


後鳥羽天皇、陵形右矢印石造十三重塔

順徳天皇 陵形右矢印円丘





第82代、後鳥羽天皇右矢印参考

(在位:1183年9月8日〈寿永2年8月20日〉- 1198年2月18日〈建久9年1月11日〉)


1221年日本史上初の朝廷と武家政権の間で起きた武力による争い「承久の乱 」で鎌倉幕府執権の北条義時に対して討伐の兵を挙げたが破れ、隠岐に流された。島根県隠岐郡海士町には隠岐海士町陵(おきあまちょうのみささぎ)と通称される火葬塚がある。

 明治6年、明治天皇の命により、大阪の水無瀬神宮に合祀された。


第84代、順徳天皇右矢印参考

(在位:1210年12月12日〈承元4年11月25日〉- 1221年5月13日〈承久3年4月20日〉)


後鳥羽天皇の第三皇子、1221年日本史上初の朝廷と武家政権の間で起きた武力による争い「承久の乱 」でやぶれ佐渡に配流された。

後鳥羽天皇と同じくの大阪の水無瀬神宮で、祭神として祀られている。


御陵内の右に石造十三重塔 が建立されています。

 

御陵の隣に見えるお堂の屋根、門が有るので関連が有るのかとちょっと気になります。





御陵を出て奥の方まで散策


先ほど屋根が見えていたお堂


法華堂


後鳥羽天皇御冥福の為建立


本尊、普賢菩薩・・・、







法華堂の前にある「実光院」




2015年に訪問

右矢印実光院の不断桜


秋~冬に咲く不断桜桜



一番奥には「勝林院」(未訪問です)


勝林院の前を左に行くと



宝泉院右矢印HP


夜のライトアップも有るようです。

 

過去3回訪問しました。


・額縁庭園

・伏見城移築の血天井

・樹齢700年の五葉の松

お抹茶をいただきながらゆっくり拝観できます。


来た道を引き返します。


大原は何度来ても良い所です音譜




ボチボチと団体の観光客が増えて来ました。

お土産屋さんの前では呼び込みも盛んにおこなわれていました。


駐車場に戻ると、止めた駐車場の向かいに平日は無料の駐車場が有りました!((+_+))


御陵印は、4月6日に「月輪陵墓管区事務所」にて頂きました。


次は、約30㎞の山越えです。

第102代、後花園天皇の【後山國陵】を目指しますビックリマーク