ちょっと所要(レコーディング)で都内スタジオに数日泊まり込んでいました。

そんで新しく発見・・・!

 

FRACTAL AUDIO SYSTEMS  Axe-Fx Ⅱから使ってるのですが、Ⅱを使ってた時は

 

1、レコーディング用プリセット

2、ライブ用

3、リハ用

 

って、分けていました。

 

なぜかというと、作りこんだ音が十分にそれぞれの環境で機能しなかったためです。

 

特に、レコーディング用と他のプリセット(ライブ、リハ用)の音の違いは結構あって、最初のうちはグローバルセッティングで変更していたのですが、めんどくさくなってプリセットごと変えることにしていましたw

 

しかし、FRACTAL AUDIO SYSTEMS  Axe-Fx IIIは、フルレンジモニターの音(レコーディング用)と、リハやライブで使う音にそれほど大きな差がなく、お気に入りのプリセットはほぼどの現場でも使えるということを発見しました。

 

これはすごいことですよ!

 

なぜこのようなことができるのか?

 

それは性能が良くなったから!(終わり)

 

いやいや!

 

そうではなく、先ほど書いた通り、「アンプの挙動を正確にシミュレーションできるようになったから」だと思っています。

 

そして、リハとライブも共通のプリセットでいけちゃいます!

 

それはアンプの挙動を正確にシミュレーションできるようになったからということと、、、

 

「アウトプットブロック」を好きなところに配置できるようになったから!!」

 

これによって、フルフラットなアンプであるJCからは中音を。

そして外音はラインで。

 

あれ?

パワーアンプシミュレーターは切らなくてもいいの?っていうツッコミがくるかもしれませんが、

実はフルフラットなアンプならそのままで大丈夫、つまりパワーアンプシミュレーターは切らずにそのまま突っ込んで大丈夫なのです!つまりこういうことになります↓※造りこみはまだまだいけそうなので途中ですw

普通にレックで使ってるアンプのセッティングそのまんまで別ルートでキャピネットブロックの手前で分岐してアウトプットブロックを配置することで、そのまんまJCに突っ込んでスッゲーいい音!

そして、外音は家で作りこんだ音でクリアに!!

 

しかも、家で作りこんだ音をそれほど変更しなくても(Ⅱの時には結構グローバル設定で変更していました)、イメージ通りの音で鳴ってくれることがわかりました!!

 

これはほんとすごく便利です!

 

ほんとにとんでもない機材ですね!