お別れの会、そしてDimaの最期の日々について(追記あり) | Добро пожаловать!

Добро пожаловать!

ありがとう、Dima
あなたの歌は永遠です

Dimaのお別れの会は11月27日、モスクワのチャイコフスキー・コンサートホールで行われるようです。

 

※追記

モスクワ時間11:00~(日本時間17:00~)より、ライヴ中継があるようです。下記のリンクよりご覧いただけます。

Tchaikovsky Concert Hall

 

 

その後、彼の遺体は火葬され、1つのカプセルはモスクワのノヴォデヴィチ墓地に、そしてもう1つのカプセルは彼の故郷クラスノヤルスクへ埋葬されるとのことです。(РЕН ТВ

 

 

 

また、Dimaと数々のコンサート、録音で共演した指揮者のコンスタンティン・オルベリアン氏が、Dimaの最期の日々について語った記事が出ました。(コムソモリスカヤ・プラヴダ

 

オルベリアンさんは21日の夜9時にDimaと会っており、お別れを告げることができたようです。

 

そのわずか6時間半後、Dimaの奥様より電話があり、Dimaが旅立ったことを知ったそうです。

 

Dimaのご両親は亡くなる前日に到着され、Dimaとお別れができたとのこと。

 

もうDimaは話すことができなくなっていましたが、親子の間ではコミュニケーションが取れていたようです。

 

長男・長女は数日前にやってきており、夕方には次男・次女もホスピスにやってきて、Dimaは大事な家族に見守られて旅立つことができたようです。

 

亡くなる1週間前にいわゆる危篤状態となって入院、5日前からは会話もできなくなった・・ということのようです。

 

あんなに元気だった人が・・・まだ信じられません。

 

喪失感は日に日に募り、私も毎日泣かない日はないのですが、ご家族は私の10倍も100倍もお辛い。

私なんかが泣いてちゃいけないですよね。

 

でも、もう少し・・・もう少し泣かせてください。

 

なお、Dimaのご家族は癌研究所への寄付をお願いしています。

私も僅かな額ではありますが、寄付をさせていただきました。

 

下のリンクから簡単に寄付できますので、皆様にもぜひご協力をお願いいたします。

 

 

 

 

CANCER RESEARCH UK