昨晩行われたトークイベント

 

中国抗日ドラマ読本出版記念

抗日ドラマスペシャル

ft.西谷格 ルポ中国「潜入バイト」日記

 

Powerd by 新宿『Naked loft』

 

 

蓋を開けてみれば、前日までの予想を大きく上回る数のお客様にお越しいただけましたビックリマークありがとうございました!!

 

また有難いことに、僕のインタビューのネタ元作品『孤島飛鷹』の中から、僕のシーンふたつ(アクションドーテー編w)を他の作品に先駆けて紹介していただいたんですが、その時のお客様の軽いどよめきと笑いの反応がとても心地良く、お陰様で3時間と言う初めての長丁場も最後までリラックスして楽しむ事が出来ました音譜

 

これは別ver.

ドーテー忍者嫉妬に狂う編w

 

今回個人的に嬉しかったことがふたつ。

 

1

このイベントを僕はネット上の色んな所で告知しました。イベント情報サイトとジモ〇ィは勿論鉄板ですが、ASKAファンクラブ『Fellows』内に設置された僕個人のページに、告知と言うよりは日記ですね、いついつこう言うイベントに出ま~す、緊張してま~す、良かったら来てね~♪・・みたいな軽いノリで。

 

来てくれたんです!びっくりハッ

近隣友人宅からの帰り道の「ついで」だと。

いや、ついでって、2.500円ですよ!?

 

ホント嬉しかったなぁ~照れ

今の僕がすっかり無くしてしまった他人との『絆』が、ASKAと言うひとりのアーティストを通じて新たに繋がってたビックリマーク

 

「じゃ次はライブ会場で」

SPEEDの唄じゃないけど、“次の約束があるから生きていけるよ”

・・にも似た感慨を幾久しく味わったなぁラブラブ

 

2

日本国際貿易促進協会の編集部の方に声を掛けていただきました。協会が発行している新聞でも本の紹介をしていただいてますが、同じ紙面で連載コラムを書いているのが、中国で女優として活動している鈴木美妃さん。中国では彼女にかなりのお世話を掛けました(^^;)

 

 

件の「孤島飛鷹」では、共演者でありながら僕の翻訳台本を作ってくれた恩人が彼女なのです。帰国後ぷっつり途絶えてた縁ですが、間接的にせよまた繋がってくれたような気がして、これもホント嬉しかったなぁ。

 

左から、ニポポ(トンガリキッズ)さん、岩田宇伯(中国抗日ドラマ読本)さん、西谷格(ルポ中国「潜入バイト」日記)さん、沙人(ドーテー忍者w)、(ネイキッドロフト)さん

 

皆様方との御縁に心より感謝ビックリマーク

SEE YA!!パー

 

まだまだ絶賛発売中ハート