2007-06-10 16:02:41

年金未納問題

テーマ:在日韓国人の結婚生活

母の時代には最初からは年金が無かったと思います。

時代が変わっていく中で年金をはじめほとんど日本人と変わらない

待遇を受けられるようになりました。


最近年金未納が問題になっています。

以前の問題とはまったく違う自らの未納ではなく

社保庁のの入力ミスで!


ちなみに私たちの年代は関係ないと確認しました。

別件の問い合わせの際にお伺いしたのです。

(社保庁の電話がパンクしては本当に困っている人に迷惑がかかると

いけないのでその件での問い合わせはしませんでした。)


その別件のお話


昨年引越しをしてから郵便物は転送され我が家に届き

その都度必要に応じて住所変更をしていました。


しかしお役所関係は引越しと同時に区役所で各々変更をしました。

健康保険や年金などです。


でも今年になって送られてきた年金の納付案内は夫が変更後の住所

私は以前の住所で転送で送られてきました。


【この違いは!?】


さして気にも留めていませんでした。

届けたときに「手帳の苗字は自分で書き換えてください」などと

言われていたからです。

住所も変更されていないけどまあどってことないでしょ…と。


しかしながら最近になっての未納問題はパートさんによる入力ミス等だとか…。

この時代のことではないけれど自分の住所変更も届けているにもかかわらず先方が受け止めていないのでは!?

と思い直し確認することにしました。

来年は転送されてこないことになってしまうからです。



理由が判明しました。


役所に転居届けがされれば住民票が変わることになりそれと共に

年金の方も住所が変更されることになります。


【住民票】


これがポイントでした。


私たち在日韓国人(外国人)は住民票がありません。

それと体裁が同じような【登録原票】があります←(正式名称ではありません)

これで住民票の代わりとなるわけで普段の生活はなんら困ることはありません。


だけど住民票がないということがあだにななったのか

結局、社保庁への連絡がうまくいっておらず私は住所の変更をしていないことになりました。


実際には戸籍課へきちんと届け出たことで本来年金の方へも

連絡が行くことになっており私のミスではないことが分かりました。


結果、私は変更届を提出することに。

先方も余分な手間を取らせたことに恐縮していました。

本当なら書かなくてよい書類を書くことになったわけですから。


こんな時ちょっとだけ思います。

【この郵送代、この紙代・・・】

たいしたことではないと思います。

多大な建設費をかけ建てた無駄な施設なんかと比べれば

ぜんぜんたいしたことないと思います。


だけどそのお金、年金にして欲しいいんです。


今回の件、絶対的に先方が犯したミスだとは思います。

だけどできることは個人で協力できたらと思ってしまいます。

全部先方任せにしていたら、どんどん税金が使われてしまうから。

とても理不尽なことですが…。


先に、この未納については私たちの年代は関係なさそうだと書きました。

確認したからです。


ちょっと不思議でした。

いつからいつまでの人、ということがメディアで言われていなかったからです。


本当に困っている人が解決できるよう、時代的に関係のなさそうな

人たちは確認などの電話を控えることができたらと思います。




ちなみに私の苗字の変更の方はやっぱり自分で書き換えるそうです。



AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

KIMさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

12 ■ひょんさんこんにちわ

年金手帳のこと、心配ですね。
統一されている、と言われても今の状況からはにわかに信じることはできませんね。
それに履歴が違っている…となればまさしく…。
本当に何を信じていいのか分からなくなります。

近々社会保険事務所に…とのことですが、来年かその近辺に全加入者に通知を送付することになったはずです。納付の状況かそういうものだったと思います。
心配はあるでしょうが年金を受け取るのは普通に考えればまだ先なので(遺族年金、障害者年金もありますので)その通知を受け取ってからでも遅くはないのかなあという気もします。
もちろん早く分かった方がすっきりしますよね。

いずれにしても安部総理のいう『最後の一人まで』を本当に遂行して欲しいものです。

11 ■年金手帳・・・

実は、私、年金手帳が三冊あるんですよ。
昔、厚生年金番号と国民年金番号が分かれていた時代。その頃から私は年金を払っていたわけですが、基礎年金番号に統一され、それまでオレンジ色だった年金手帳が青色になりました。
基礎年金番号に統一後も、オレンジの年金手帳のまま(基礎年金番号記載済み)だったのですが、主人と結婚し扶養の手続きで提出したときに青色の年金手帳になりました。が、オレンジ色のも返却されました。
それからしばらくして、また青色の年金手帳が送付されてきました。
青色の2冊の年金手帳に記載されている支払い履歴が違っています。(一冊のほうが短くなっている)
その時点で、おかしいなと思い電話確認をした覚えがありますが、電話口に出たおばさんは「何冊あってもこちらの記録は統一されているので大丈夫よ」と言っていましたので、当時は「そっか。大丈夫ならいいか」と思ったのです。
しかし、もしかしたらまずいかもしれませんね。
近々、社会保険事務所に出向かなければと思っています。

10 ■kangさんはじめまして

よろしくお願いしますm(__)m
私には二人兄がいますがどちらも通称名で生活しています。
とはいっても長兄は結婚後帰化したので今はそれが本名ですが。
なので友達からは本名で…と聞くと
「そういう風に二つの名前をきちんと認識しているのだなぁ」と思いました。
私など本名で呼ばれたら気がつかないかもしれません。

9 ■マーチさんこんにちわ

お役に立てば幸いですが私の知識などまだまだ浅いものです。
ただ、以前生保販売をしていたので全くそういうことにかかわりを持たない方よりは知っていることもあるかとは思います。

もしまた「へぇ~」なんて思うようなことがあればブログでお知らせしたいと思います(^_^)

8 ■はじめまして

はじめましてこんにちわ
私も(男)在日韓国人です。
普段は通名を使っていますが、役所や免許では本名を使わなくてはいけないのでめんどうですね。仕事がら通名を使わなくてはいけないのですが、友人達には在日韓国人と本名を言ってあるので友人には本名で言われますよ。

では失礼いたします

7 ■けろちゃんこんにちわ

データの操作…というわけではなく仕事を怠っており後で処理したという感じですね(^_^;)
犯罪でなくて良かったです。
払ってないお金が年金に反映するはずがありませんからね。
でも今では認めてもらえそうな通帳の記録など、当時は社保庁のミスなどと考えていなかったからでしょうか、認められないのは辛いものです。
でも間違っていることに声を上げてぶつかっていくことは大切だと改めて思いました。

6 ■そうなんです!

こんばんは〜けろちゃんです。そうなんです。実は私もコメント残して平気かなと思ったのですが、こういうことなんです。年金の為の支払い開始のお知らせ?みたいなものが、よくはわからないのですが、当時の一部の在日の人たちに、通知がなかったそうで、彼らのうち一部はなんというか日本語にたけていない一世の方々もおられたらしいです。そこにどうも共産党がからんだ、とかで、今度は支払いをするようにとの通知がまた遅れてきたとかなんとか。そのあたりの事情は、他県の年金担当のおじさんは承知していたようでした。私の感じでは、何件も該当があったのだと思います。そして、問題はそれを、言い方は難しいのですが、「手違い」ととるか「差別」ととるか、だったみたいです。主人の周りの人は、「差別」ととっていました。それで、義母は、一括でお金を支払っていたのです。(通知のこなかった支払い開始相当日からの逆算で)ところが、年金の支給額には反映されていなかったのです。これは、多分事務のミスです。でも、ここに住民票がない、云々もでてきて、ややこしくなってきました。そこで、妊婦の私が登場した訳でした。ややこしくて、ごめんなさい。説明不足でしたね。変な話、ばあちゃんは、(姑)一括支払いの証明に通帳を持っていたけれど、それは証明にはならなかったのです。今と同じですね。向こうの記載、証明がいるらしいのです。でも、そんなものはない。(というしね)。そこで、事情を話しに行きましたが、これが、2日ほどはけんもほろろでした。3日目に叫んだ訳です。そうしたら、電話がきた…正直言って、びっくりしました。そんなに簡単に、証明をしないで、変えちゃうんだ。ということですね。証明をすることを放棄していたのでは、と思えます。私の主観ですが、このようにして、データの改ざんは多分に職員が「調べるのがめんどくさい」などの理由で行われていたと思います。

5 ■こんにちは

なるほど~。勉強になります。
年金にしても税金にしても知らないことって多いですよね。
こういった社会のしくみというものも、しっかり身につけていきたいものです。

さすが、KIMさんの心がけはすばらしいです!
今困ってる人の妨げにならないようにしなくてはいけませんね。
また解りましたら色々教えてくださいね!

4 ■マーチさんこんにちわ

ご無沙汰しています

私たちの年代は関係ないとは思いますが先日TVで43歳の女性が払ったはずの年金が未納になっていたようでした。
支払い場所が転居した上に本来払うはずではない場所で納付するよう言われたとか。

なので「ずさん」であった何かが自分にもあった時
もしかしたらという可能性はあるかもしれません。

私が聞いたのは台帳からコンピュータに移行する時期の
確か昭和40年代のどこからか50年代のどこかくらいまで
にすでに支払い義務のあった人というのが今回問題になっているということ。

国に納めるお金についてはよく理解していない人は多いかと思います。

年末調整や確定申告の還付金も単純に「お金がもらえる」と考えている人もいるようです。

窓口で納めた税金が払いすぎの場合過剰分を返還すると一生懸命説明していた職員さんがいました。

お客さんは年配の女性だったでしょうか。
その方は入っている保険や年金、健康保険を申告すればその分の何%かがもらえると思っていたようです。
なかなか難しいですが覚えていくしかありませんね(^_^)

まだ年金受給でない年代の人にももしかしたらの可能性はあるかもしれませんが
さし当たっては受け取れるはずのものが受け取れなかった人たちを優先し
後になって私も確認をしてみようかと思います。

3 ■年金受給

年金問題大変なことになっていますよね。
若い世代には関係のない問題というのは、全然知りませんでした。
社保庁もなんとも要領の悪い仕事ブリですね・・・

年金の受給って日本人でも確か自分から届出しなくてはいけなかったと思いますが・・・
在日の方が年金額が低いというのは、昔(S57年まで)は加入義務がなかったので年金を納めてなかったからじゃないでしょうか?そんな簡単に額が変わるっていうのも変な話ですね。。。

今の若い世代は、在日韓国人であれ日本に住所があれば(外国人・日本人共に20歳以上60歳未満の者は)国民年金に加入する義務がありますので日本人と変わりないはずだと思いますが、こういったこともお役所がしっかりしてくれないと、色々と疑いたくなってきます(´_`。)

2 ■けろちゃんこんにちわ

年金の考え方は人によって違っているような気がします。
本来どういうものかということと個々がどう思っているかということと…。

本来は今払っている人たちの年金は現在の受給者がもらっているということなんでしょうね。
もちろん支払い実績に応じて。
なので私は自分の払った額が自身に戻るという考え方はしていません。
母がもらっているので義務として支払っている感じで、もし将来支払い相当額が受給できなければ悲しくはありますが仕方ないものとあきらめるでしょう。

願わくは納めているお金が正当に無駄なく受給者に支払われて欲しいものです。

けろちゃんのお話!ホントうそみたいですね(゜o゜)
私がこの話を本当かうそかを見極めることはできませんが
よく考えると犯罪では!?
もちろんお役所の。
コメント残しておいて大丈夫でしょうか(^_^;)

1 ■年金ですね

実は実は、年金てよくわかってないんですが、在日のばあちゃんたち(うちの姑)の世代の時は、なんでもお知らせがこなかったんですか? と本人と主人は言っておりまして、まあ、そのあと、共産党が言ってくれた?とかなんとか。ところが、けっこう時間がたってから手続きにいったから、かなり額が低かったんですよね。それで、約10年前に妊娠中の大きなお腹で(笑)某市役所に乗り込んで「年金が少ないのは本人のせいじゃないと思いまーす!!」「在日韓国人に年金をくださいよう!」となぜか私が叫びにいったら……くれた! うそみたいですが、金額があがりました。結局、あとで電話をもらったのですが、「パソコンを操作したから誰にも言わないで」だって。今考えると複雑。でも、結局そういうことみたいでした。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。