SWL leather&silver's BLOG

ウォレット(財布)、マネークリップ、キーケース、名刺入れ、ベルト、メディスンバッグなど、つくり手の魂を宿すレザーアイテム(革製品)を妥協なきハンドメイドでつくり届けるレザーブランドSWL、クラフトマン田島隆治とスタッフ田島いづみがお届けするブログです。


テーマ:
こんばんは!

SWL leather & silver
エスダブルエル

スタッフの田島いづみです。



昨日のブログでは、8月12・13の群馬二人展で初披露となるカービング作品の、

カービング作業をご紹介しました。



カービングがひとまず完成した後は、染色の工程です。

この生成り(肌色)の状態から、染料を入れていきます。

染料の濃度を変えながら、染めては乾かしを繰り返し、

時間をかけて染め重ねていくのですが、

さきほど工房をのぞくと、もうここまで染まっているではありませんか!



実は、昨日の深夜に染めを進めていたようで、

染め始めからの撮影を逃してしまいました!><

それも仕方なくって、、

実はSWL工房では今、オーダーいただいているアイテムの製作と、

群馬二人展で展示する作品や、定番アイテム、販売する革小物など、

これまでに無い数の、様々なアイテムの製作が同時進行していて、

連日、作業が深夜にまでおよんでいるんですね。

現在取り組んでいるオーダーアイテムの中には、

完成形をご紹介するのが楽しみで仕方ないくらい、凝りに凝ったヘビーなものもあり、

膨大な作業量となっているんです。



そして、同時に展示空間のシミュレーションも進めています。

作品・商品のレイアウトやプランを検討し、必要なパネルなどを製作していっています。

その辺も全て自作で持って行きますよ。



今回は会場が広くて、また二人での展示ということで、

全体のプランや人の流れなんかも、よく考える必要があって。

それを想像していると、すごく楽しい展示会になるんじゃないかと、

自分たちでもワクワクしながら進めています。



今日はそんなワクワクとドキドキが入り混じる、

オーダー製作と展示会準備に追われるSWL工房の様子をお伝えしました。

こちらのページに「HANDLER × SWL二人展 in 群馬」の詳細をまとめています。

ぜひ一度ご覧ください。

▼バナーをクリック!▼




最後までお読みいただき、ありがとうございました。


SWL leather&silver
Ryuji Tashima leather works


■ official website ▶︎▶︎▶︎ http://www.swl-web.com

■ 些細なご質問だけでもお気軽にどうぞ お問合せはこちら

■ フォローお待ちしています!
   



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは!

SWL leather & silver
エスダブルエル

スタッフの田島いづみです。


先々週から製作が始まった、カービング(彫刻)のアート大作。

8月12・13の群馬二人展に間に合わせるべく、夜な夜な製作が進んでいます。

まずは何年も構想してきた図案を革に写して、先々週からカービングが始まりました。



そこからひたすら革を叩き、立体感と質感をつけていくその製作過程を、

先週のブログでお伝えしました。

その時は、ここまで進んでいましたね。

輪郭線の外が叩かれ、唐草とイーグルが浮かび上がってきたところまでです。



今日は、そこから先の作業過程をみていきましょう。

今度は輪郭線の内側、唐草自体に立体感をつけていきます。

平らだった葉に立体感がつき、植物らしい柔らかな表情がついてきました。



そして、輪郭線の外をさらに深く叩いていきます。

ボコボコと凹凸が深く、唐草が迫ってくるような迫力が出てきました。



かわって、こちらはイーグル。

これまで平坦だったイーグルが、モッコリ盛り上がっているのが分かりますか?

裏側から革を盛り上げる、パッキングという手法を用いて、

より立体感を出してるそうです!(◎_◎;)



ここから、この盛り上がったイーグルの羽を刻んでいきます。

専用ナイフを使って、一本一本ラインを切り込んでいきます。

感覚は1mmもあいていない、息を飲む緊張感のある作業です。



全ての羽にラインが入り、最後に微調整をして、

長かったカービング作業が、ついに終わりました!

全てが迫ってくるような躍動感ある仕上がりを目にして、私はすごく驚きました。

思わず「すげ〜 すげ〜」って言葉が口からもれてました。



ここからは、染色の作業に入ります。

まだまだ先は長く、この先も根気と緊張感のいる作業が続きます。

実物の迫力に「このままでもええんちゃう?」と思わず言ってしまいましたが、

ここからまた、クラフトマンの表現がこの作品にぶつけられるわけです。

創作って果てしないですね。^^

完成した作品は、8月12・13の群馬二人展 で初お披露目いたします。

来てくださる方も、ブログの前の皆様も、

楽しみにしていてくださいね!





このカービング作品の図案をプリントしたのが「SWL T-shirts 2017」です。

詳細とご注文は、こちらのページをご覧ください▼▼▼

▶︎▶︎ SWL T-shirts 2017 の商品ページ


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

SWL leather&silver
Ryuji Tashima leather works


■ official website ▶︎▶︎▶︎ http://www.swl-web.com

■ 些細なご質問だけでもお気軽にどうぞ お問合せはこちら

■ フォローお待ちしています!
   



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは!

SWL leather & silver
エスダブルエル

スタッフの田島いづみです。


8月12・13の群馬二人展に間に合わせるべく、

夜な夜な、カービング(彫刻)のアート大作の製作が進んでいます。

日中の時間は、主にオーダーいただいているアイテムの製作に費やしていますので、

このカービングの作品に取り掛かるのは、夜遅くになってからです。


オーダー製作も、展示品製作も、かなり切羽詰ってきましたので、

最近は、深夜に革を叩くコンコンという音が工房から聞こえてきます。



先日のブログでは、図案を革に写して、



トレースしたラインを、専用ナイフで刻むところまでお伝えしました。

これだけの大作になると、ここまでも相当な時間がかかります。



ここから、革に刻んだ輪郭線の内外を、

刻印(金属のスタンプ)で叩いて、立体感や質感をつけていきます。

まずは、輪郭線の外を叩いて凹ませていきます。



唐草がモリッと盛り上がってみえますか?

こうして立体感がついていくんですね。



この革を叩いて凹ませたり模様をつける「レザーカービング用の刻印」には、

たくさんの種類があって、それを駆使して立体感や質感をつけていくんですね。

これは、背景に模様をつけるための刻印を叩いているところです▼

ポツポツとした模様が、革に刻まれているのが分かりますでしょうか?

こうして平坦な革に、表情をつけていくのです。



刻印で革を叩くことによって、

立体感をつけたり、質感をつけたりして、

こう見えてほしいという形を実現していくわけです。



革への彫刻は、

中学生の時に図画工作の時間、彫刻刀で彫った木版画とは違って、

素材を削りとるのではなく、凹ませることによって図柄を表現するのが、

また違った面白さだなぁと思って、私は眺めています。



今現在、まだカービングは完成していません。

カービングが完成したら、そこから染色でさらに表情をつけていきます。

どんな仕上がりになるのか、私にも想像がつきません。

クラフトマンの頭の中には、きっと完成のイメージがあるはずです。

そこに向けて、深夜に革を叩き続ける日々が続きます。

「ガンバレ💪クラフトマン!」

オーダー製作と並行しながら、まだまだ果てしない作業になりますが、

何とか8月の展示で見ていただけるよう、頑張ってもらおうと思ってますので、

楽しみにしていてくださいね♪



今日登場しましたカービング作品の図案をプリントしたのが「SWL T-shirts 2017」です。

詳細とご注文は、こちらのページをご覧ください▼▼▼

▶︎▶︎ SWL T-shirts 2017 の商品ページ




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

SWL leather&silver
Ryuji Tashima leather works


■ official website ▶︎▶︎▶︎ http://www.swl-web.com

■ 些細なご質問だけでもお気軽にどうぞ お問合せはこちら

■ フォローお待ちしています!
   



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)