SWL leather&silver's BLOG

ウォレット(財布)、マネークリップ、キーケース、名刺入れ、ベルト、メディスンバッグなど、つくり手の魂を宿すレザーアイテム(革製品)を妥協なきハンドメイドでつくり届けるレザーブランドSWL、クラフトマン田島隆治とスタッフ田島いづみがお届けするブログです。


テーマ:
こんばんは

SWL leather & silver
エスダブルエル

スタッフの田島いづみ たしまいづみ です。


今日は、レザーアイテムの雰囲気を決めていると言っても過言ではない、

「縫い糸」についてお話しします。

こちらは、ハーフウォレットを縫っているところです。



このように、SWLでは《手縫い》といって、

機械を使わずに、糸と針だけで革を縫い合わせています。

糸の両端を針にセットし、その2本の針を縫い穴の両サイドから通して、

8の字を描くように縫っていきます。

SWLで使っている縫い糸は、この「シニュー」という糸です。



シニューは、手縫いでしか縫う事のできない、すごく強靭な糸です。

シニューって聞き馴染みのない言葉ですが、英語で「sinew」、腱(けん)という意味です。

昔、革を縫うのに使われていた動物の腱(けん)を人工的に化繊で再現したものです。

このシニュー、実は、髪の毛よりも細い糸の集合で成り立っています。

この集合を割き、太さを調整して使うんです。

割くのに手間がかかったり、縫い目が整いにくかったりと、扱いやすい糸ではないのですが、

丈夫さはもちろん、シニューの縫い目のもつ独特な雰囲気に惚れ込み、

SWLでは、ずっとシニューで革を縫い続けてきました。



たかが縫い糸、されど縫い糸、

どんな縫い糸を使うかによって、レザーアイテム全体の印象が違ってきます。

縫い糸のセレクトが、レザーブランドの個性の一つになっているんですね。

SWLが使っているシニューは、動物の腱に似せてつくられている事から、

ネイティブな雰囲気というか、ワイルドでタフな雰囲気というか、

その縫い目が、レザーアイテム全体に独特の雰囲気を与えてます。

それがSWLのレザーアイテムの個性の一つになっていると思います。

こんなシンプルなウォレットも、上品になり過ぎないタフな雰囲気を感じます。

また量産品にはない、手仕事の力強さも感じてもらえると思います。



そして、レザーアイテムを使っていくと、

シニューの縫い目の表情は、変わっていきます。

革と共に、シニューの経年変化も楽しむ事ができるんです。

それもシニューの大きな魅力です。



いかがでしたか?

一度、お使いの革製品の縫い目にも注目してみてください。

そこにレザーブランドの個性が表れていて、比べてみると面白いかもしれません。

SWLでは、手縫いだけでなく、手染め・手彫りなど

手仕事にこだわってレザーアイテムを製作しています。

その製作手法についてまとめたページがありますので、

興味のある方はこちらからご覧ください▼▼▼

☛☛ SWLの製作手法


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

SWL leather&silver
Ryuji Tashima leather works


WEBSITE [ SWLのホームページ ] ☛☛ http://www.swl-web.com
レザーアイテムの一覧・詳細・ご注文・製作実例などはこちらから

   



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「SWLのレザーアイテムを手にする3つのメニュー」

1: カスタムオーダー

2: フルオーダー

3: オンラインストア


3つ目の、「オンラインストア」についてご説明しますね。



オンラインストアでは


2015年5月にオープンして、3ヶ月と少し経った「SWLのオンラインストア」

クラフトマン田島隆治による、ハンドメイドのレザーアイテムが
便利なショッピングカートでご購入いただけます。




「カスタムオーダー」や「フルオーダー」は、オーダーの混み具合により異なりますが
一ヶ月~数ヶ月、お手元に届くまでお待ちいただくことがあります。


それに対して、「オンラインストア」で販売しているアイテムは

すぐにお手元にお届けすることができます!

現品を販売しているものについては、お支払いから3日以内に発送。
受注生産のアイテムについては、お支払いから7日以内に発送させていただいております。
(日曜日はのぞきます)



どんなアイテムがあるの?


受注生産でおつくりしているシリーズは2つ。

◆ お好きな言葉を刻んでおつくりする「SWLのレザートレイ」


◆ 細かなサイズ設定でおつくりする「SWLのブレスレット」


どちらも、SWLの 受注生産ならではアイテム として人気です♪



現品の販売としては、こんなアイテムがあります。

クラフトマン隆治の「新作の一点モノ」「スペシャルプライスの一点モノ」

こちらは、今後大充実の予定です★



その他にも、「SWL-Tシャツ」や「SWLのメンテナンスセット」も好評です!






最後までお読みいただき、ありがとうございました。


手裏剣「SWLってこういう者です」「はじめまして」のご挨拶はこちら

手裏剣 SWLのレザーアイテムを手にする「3つのメニュー」はこちら

手裏剣 些細なご質問だけでもお気軽にどうぞ お問合せはこちら

手裏剣 ここでしか手に入らないスペシャルアイテムたちSWL online storeはこちら

手裏剣 フォローお待ちしています!
  

手裏剣 応援クリックよろしくお願いします!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「SWLのレザーアイテムを手にする3つのメニュー」

1: カスタムオーダー

2: フルオーダー

3: オンラインストア


この中の「フルオーダー」について、ご説明しますね。



フルオーダーとは


こちらは、SWLのご用意している「基本の形」のラインナップです▼

カスタムオーダーの基になる、アイテムたちです。




「この中に無いアイテムや形のものはつくれないの?」

いいえ、ご相談いただけますよ!


SWLでは、「基本の形」のラインナップに無いものでも、
一からつくらせていただいております。

それを、フルオーダーといいます。



製作実例


これまで、こんなご要望をもとに唯一無二なフルオーダーアイテムをおつくりしてきました。


「今使っている財布が気に入っていて、同じような形のものをSWLなりにつくってほしい!」


「こんな形のお札入れがほしいんだけど、どこにも売っていないからつくってほしい♪」


「印鑑ケースを贈りたいけど、安っぽいのはいやだから、SWLにお願いできないかしら。」


「仕事で使っている特殊な定規が入るペンケースをつくってもらえないか?」



などなど、、


そんな、これまでに製作させていただいたフルオーダーアイテムの
一部をホームページに掲載しております。 >>フルオーダー製作実例





フルオーダーのご相談


「こんなものはつくれる?」

「実例集に載っている◯◯を、こんな感じに変更してほしいんだけど、いくらになるかな?」



などなど、、まずはお気軽にご相談ください。

SWLなりのご提案と、参考見積りをお送りします。

そこから製作内容をつめていき、確定しましたら、
ご入金→製作→納品となります。

製作内容確定までは、ご注文とはみなさず料金は一切発生いたしませんので、
安心してご相談下さいね♪


フルオーダーについて
より詳しいことは、SWLのホームページへ▼



最後までお読みいただき、ありがとうございました。


手裏剣「SWLってこういう者です」「はじめまして」のご挨拶はこちら

手裏剣 SWLのレザーアイテムを手にする「3つのメニュー」はこちら

手裏剣 些細なご質問だけでもお気軽にどうぞ お問合せはこちら

手裏剣 ここでしか手に入らないスペシャルアイテムたちSWL online storeはこちら

手裏剣 フォローお待ちしています!
  

手裏剣 応援クリックよろしくお願いします!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)