その手で革の個性を感じてみてください | SWL leather&silver's BLOG

SWL leather&silver's BLOG

ウォレット(財布)、マネークリップ、キーケース、名刺入れ、ベルト、メディスンバッグなど、つくり手の魂を宿すレザーアイテム(革製品)を妥協なきハンドメイドでつくり届けるレザーブランドSWL、クラフトマン田島隆治とスタッフ田島いづみがお届けするブログです。


テーマ:
こんばんは

SWL leather & silver
エスダブルエル

スタッフの田島いづみ たしまいづみ です。



この染色の名は、Solitude Brown(ソリチュードブラウン)

「これぞSWLならではの染色だ」という意味を込めて、
SWLの由来となった言葉、Solitude Without Loneliness から名付けました。

エアブラシで染料を吹き付けたような、キレイなグラデーションではなく、
革の表情を活かしながら、少しずつ染料を重ねてぼかし染めを施していく、
クラフトマンが長年試行錯誤を重ねてきた手法です。



革というのは、生き物からいただいた素材なので、必ず個体差があります。
それを隠すように全て均一に仕上げるのではなく、
あえてその個体差を活かし、個性を際立たせた方が面白い。

クラフトマンいわく、
「革の表情を見て、その革がええ感じになるように染めてる」そうです。

染めてはじーっと革を見つめて、
ほんと「お前の個性を輝かせたるからなー」という眼差しなんですよね。



革には、シワや生きていた時に付いた傷、血管が通っていた跡などがあります。

Solitude Brownは、そういった革が本来持っている個性を、
染める前より染めた後の方が、はっきりと感じることができる染色です。

つまりSolitude Brownは、一つとして全く同じ表情の製品が生まれない染色なんですね。



均一でキレイな色の革製品がお好みの方にはお勧めはできませんが、
世界に一つしかないものを持ちたい、革の個性を楽しみたい、
という方におすすめの染色が、Solitude Brownなんです。


新店舗には、Solitude Brownのレザーアイテムも多数並べる予定です。

実物を手にとって、その手で革の個性を感じてみてください。

ぜひ一度お気軽にお立ち寄りくださいね。
こちらでお待ちしております▼▼▼

SWL shop & atelier NEW OPEN

◼︎ オープン:2018年12月16日(日)
◼︎ 所在地:京都市左京区一乗寺払殿町12-17 2F(〒606-8184)
◼︎ 営業日時:金・土・日・月 13:00 - 19:00(定休日:火・水・木)
◼︎ 12月の営業日:カレンダーの赤丸




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

レザーアイテムについての詳細・お問合せ・ご注文は、
SWLホームページをご覧ください。こちらをクリック▼▼▼

SWL leather worksさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント