【リペア】不死鳥のように蘇りました | SWL leather&silver's BLOG

SWL leather&silver's BLOG

ウォレット(財布)、マネークリップ、キーケース、名刺入れ、ベルト、メディスンバッグなど、つくり手の魂を宿すレザーアイテム(革製品)を妥協なきハンドメイドでつくり届けるレザーブランドSWL、クラフトマン田島隆治とスタッフ田島いづみがお届けするブログです。


テーマ:
こんばんは

SWL leather & silver
エスダブルエル

スタッフの田島いづみ たしまいづみ です。

こちらは、約2年前につくらせていただいた
K様ご愛用のメディスンバッグです。



このメディスンバッグについて、K様からこんなご連絡がありました。

Q.「先日ベンチに座っていて立ち上がったらベンチの板の間にメディスンバッグのコンチョを留める鹿紐が挟まっていたらしく、5センチくらいブチっと切れてしまいました・・・
修理して頂くことは可能でしょうか?」


SWLの製品は、すべて私たちの手で修理可能なつくりになっています。

メディスンバッグももちろん修理させていただきますとお答えし、
SWLまでメディスンバッグをお送りいただきました。

そして、コンチョに巻いて蓋を留めるための鹿革紐を、
新しいものに取り替えさせていただきました。



今回修理させていただいた、約2年ご愛用くださったK様のメディスンバッグは、
完成直後よりも風格が増していました。

せっかくなのでオイルメインテナンスもさせていただき、
写真を撮らせていただきましたのでご覧ください。



手染めならではの濃淡のある色合いに、
革に付いた傷などが加わり、より豊かで面白みのある表情に育っています。



背面は、メディスンバッグを腰に装着した時に摩擦がある部分の色が変化し、
味わい深いいい雰囲気です。



内側にはドラゴンのカービングを彫らせていただいています。

表に比べて、経年変化はゆっくりです。
部分によって異なる変化の仕方も、面白いものです。



修理が完了したメディスンバッグを受け取ってくださったK様、

「不死鳥のように蘇り、
腰元に存在感たっぷりで飾ってくれています。

ありがとうございました!」


と、喜んでいただけました。

これからも末長くご愛用いただき、
どんどんK様色に育てていただけたら嬉しいです。

またその変化を見せていただける日を楽しみにしています。

K様、ありがとうございました。



あなたがお使いのレザーアイテムはいかがでしょうか?
私たちは、自分たちの製作した製品の事をいつも気にかけています。

SWLで製作させていただいたアイテムは、
以下のアフターメンテナンスをさせていただいています。

・補修(断面の磨き直し、色入れ etc)
・修理(縫い直し、部品の交換 etc)
・改造(パーツの追加・変更、ベルト穴の追加 etc)

気になっていることがありましたら、お気軽にご相談ください。
詳細やお問合せはこちらからどうぞ ↓ ↓ ↓

アフターメンテナンスのページ


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

レザーアイテムについての詳細・お問合せ・ご注文は、
SWLホームページをご覧ください。こちらをクリック▼▼▼

SWL leather & silverさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント