手をかけて手をかけて | SWL leather&silver's BLOG

SWL leather&silver's BLOG

ウォレット(財布)、マネークリップ、キーケース、名刺入れ、ベルト、メディスンバッグなど、つくり手の魂を宿すレザーアイテム(革製品)を妥協なきハンドメイドでつくり届けるレザーブランドSWL、クラフトマン田島隆治とスタッフ田島いづみがお届けするブログです。


テーマ:
こんばんは

SWL leather & silver
エスダブルエル

スタッフの田島いづみ たしまいづみ です。

昨日一昨日と2日間にわたってご紹介した
TK barber shopさん開店祝いとしてのオーダーいただいた、こちらのマネートレイ。


店主のT様からも「店のイメージに合ったアンティークな風合いに色目、
ロゴのカービングがマッチしてものすごくカッコイイ!!」
と喜んでいただけたように、
この革の表情が生きた雰囲気のある色合いが、人を惹きつける魅力となっています。

この色合いはクラフトマンが「表情豊かな作品をつくりたい」という想いで、
試行錯誤を重ね、生み出したSWL独自の染色技法で染めています。

染料の濃度を変えながら染めては乾かしを何度も繰り返し、丁寧に染め上げます。

今回のこちらのトレイの場合は、全体が深いブラウンまで染まってきたら、
さらに、そこから縁を暗くぼかすように染めていきます▼


SWLではこれを「ぼかし染め」と呼んでおり、
マネートレイの場合は、ロゴカービングがより魅力的に見えるように、
ぼかし染めで表情を加えています。

納得いくまで染料を重ねて、理想の色味に仕上げていきます。


▲染め上がったマネートレイの表の革に、上で見えている薄めの革を裏貼りします。

ここから違うトレイの写真なのですが、
両面貼り合わせた革のコバ(裁断面)を整えて板状になった革を、水に浸します。



水に浸して水分を含ませた革を、下の写真のように手で少しずつ曲げていきます。
機械でガシャンではなく、手の感覚だけで徐々にトレイの形にしていきます。



水を含んだ状態で形をつけた後、しっかり自然乾燥させて水分が抜けると、
もう元の形には戻らないんです。
これは、革の可塑性という特性を活かした製作手法なんですね。

乾燥させてトレイの形になった革は、またまたコバ(裁断面)を整えていきます。
目の荒いヤスリで形を整え、目の細かなヤスリで表面を整え、色を入れて、磨きます。
美しいコバに仕上がるまで、それを何度も繰り返します。



こんな風に、とことん時間と手間を惜しまず、手をかけて、
上質な革を、手仕事ならではの美しさと力強さを持った製品に仕上げていきます。
それがSWLの仕事です。



革という命をいただいた素材だから、
またオーダーして下さる方、使ってくださる方に喜んでもらいたいから、
長く愛用してもらいたいから、、、

そんな理由で今日も妥協なき手仕事に取り組んでいます。



今日ご紹介したマネートレイについて、
この他の製作実入れや詳細、ご注文はこちらのページをご覧ください。
☛☛ マネートレイ(キャッシュトレイ)


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

レザーアイテムについての詳細・お問合せ・ご注文は、
SWLホームページをご覧ください。こちらをクリック▼▼▼

SWL leather & silverさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント