惚れ惚れするほど美しい楽譜入れ | SWL leather&silver's BLOG

SWL leather&silver's BLOG

ウォレット(財布)、マネークリップ、キーケース、名刺入れ、ベルト、メディスンバッグなど、つくり手の魂を宿すレザーアイテム(革製品)を妥協なきハンドメイドでつくり届けるレザーブランドSWL、クラフトマン田島隆治とスタッフ田島いづみがお届けするブログです。

こんばんは

SWL leather & silver
エスダブルエル

スタッフの田島いづみ たしまいづみ です。

今日ご紹介するのは、昨年夏の群馬展示会で、F様からオーダーいただいた一品。
展示会の後メールで何度もやり取りさせていただき、進めたフルオーダー品です。

フルオーダーとは、SWL定番アイテムに無いものを製作すること。
定番アイテムをカスタムする通常のオーダーとは違い、
試作をつくり型紙をおこすところから始めます。

今回F様からご依頼いただいたのは、楽譜入れ
女声合唱団に所属されているF様が、楽譜を持ち歩くためのケースです。

まずは試作から▼


そして、こちらが完成した楽譜入れです▼


A4サイズの楽譜がすっぽりと入るケースです。
染色は赤みがある女性らしいブラウン。

F様にお会いした時の印象から、一番お似合いになるだろうと思う色を、
おすすめさせていただきました。



アンティークの木製家具のような上品で深みのある優しい色味。
それがF様のイメージにぴったりだと思いました。

革の表情が活きた色味に染まっていて、
写真を撮りながら、とても美しいなぁと惚れ惚れしてしまいました。



フタはホックボタンでパチンと留まっており、



フタを開けると、シンプルに1ポケット。
マチが付いていて、何冊もの楽譜を入れることができます。



そして、F様からのリクエストで角に彫らせていただいたのは、ガーベラ。



ブラウンの優しい色との組み合わせがまるで木彫のようで、美しい仕上がりです。
ずーっと見ていられるような、色の濃淡と凹凸にまたも惚れ惚れしちゃいました。



開けたところにはネーム彫りを。
このネームにはF様の想いやストーリーが詰まっているんです。

そのストーリーと受け取ってくださったF様のご感想は、
明日のブログでご紹介したいと思います。お楽しみに!



楽譜入れについてはフルオーダーのアイテムになりますので、
詳細はお問い合わせください:問い合わせフォーム


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

レザーアイテムについての詳細・お問合せ・ご注文は、
SWLホームページをご覧ください。こちらをクリック▼▼▼

SWL leather&silverさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント