どシンプルな2つ目の札入れ | SWL leather&silver's BLOG

SWL leather&silver's BLOG

ウォレット(財布)、マネークリップ、キーケース、名刺入れ、ベルト、メディスンバッグなど、つくり手の魂を宿すレザーアイテム(革製品)を妥協なきハンドメイドでつくり届けるレザーブランドSWL、クラフトマン田島隆治とスタッフ田島いづみがお届けするブログです。

こんばんは

SWL leather & silver
エスダブルエル

スタッフの田島いづみ たしまいづみ です。

3年半ほど前に、こちらの二つ折りの札入れをつくらせていただいたM様から、
新たなオーダーのご依頼をいただきました。



「以前つくっていただいた札入れ、すごく気に入って使っていますよ。

お店でお支払いの時に出すと、それどこのですか?ってよく聞かれるんです。
特に高級なお店に行くとよく言われます。

オーダーメイドで作ってもらったんです。と言うと、
パッと見て量産品ではない、良いものだと分かりますって言ってくださるんですよね。」


という、とても嬉しいご報告と一緒に、
次は長いタイプの札入れをつくってほしい、という新たなオーダーでした。

カードポケットが付いてたら入れてしまうから、
お札を入れるところしかない、
お札しか入らないものを製作してほしい、

というご希望でした。

定番では用意していない形のものでしたので、
このような試作で検討し、型紙からつくるフルオーダーで製作させていただきました。



完成した お札を入れるところしかない札入れ がこちらです。



今回は、手染めブラックの革をブラックの縫い糸で仕立てた
オールブラックでつくらせていただきました。

この凛とした佇まい。
すごくスリムなフォルムですが、存在感と高級感を感じさせます。



開いた姿も、かなりシュッとしています。
凹凸のない平らな面も、上質な革の表情が目を楽しませてくれます。



この通り、お札を入れるポケットだけの潔いつくりです。

このようなつくりの札入れは、シンプル過ぎてあまり売っていないでしょうね。
自分に合ったつくりを実現できるのも、量産品にはないオーダーメイドの醍醐味です。



さらにオーダーメイドの一点モノの証として、ネーム彫りを。



佇む姿が美しく力強い、見惚れてしまうような一品に仕上がりました。



手にとってくださったM様からは、こんなご感想をいただきました。

「とてもシンプルでいいですね。
長く長く使えます。
きっと次世代まで持ちますよ。
ありがとうございました。」


喜んでいただけて良かったです!
2つの札入れを使い分ける楽しさを味わいながら、
M様らしく育てていただけたら嬉しいです。

M様、ありがとうございました。


この札入れについてはフルオーダーのアイテムになりますので、
詳細はお問い合わせください:問い合わせフォーム

札入れに近い定番アイテムとしては、ロングウォレット(長財布)もあります。
こちらをベースに、小銭入れを取り止めたりすることもできます▼▼▼
☛☛ ロングウォレットのアイテムページ


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

レザーアイテムについての詳細・お問合せ・ご注文は、
SWLホームページをご覧ください。こちらをクリック▼▼▼

SWL leather&silverさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント