SWL leather&silver's BLOG

ウォレット(財布)、マネークリップ、キーケース、名刺入れ、ベルト、メディスンバッグなど、つくり手の魂を宿すレザーアイテム(革製品)を妥協なきハンドメイドでつくり届けるレザーブランドSWL、クラフトマン田島隆治とスタッフ田島いづみがお届けするブログです。


テーマ:
こんばんは!

SWL leather & silver
エスダブルエル

スタッフの田島いづみです。


数々のSWLアイテムをご愛用してくれている友人のO氏。

最近体をしぼっているらしく、会うたびに痩せてシュッとしてきているんです。

ウエストもサイズダウンしているとの事で、

愛用してくれているベルトの穴を追加してほしいと頼まれました。

穴を追加で開けさせてもらって、せっかくなので写真も撮らせてもらいました。

こちらが完成したてのO氏のベルト。



そこから3〜4年ほど愛用してもらった現在の姿がこちらです▼



色艶の深みが増し、剣先にほどこされたフェザー&唐草のカービングも馴染んで、

いい顔になっています。

ここまで育ててくれてありがとう、O氏。



そして何よりも変化しているのは、革の質感。

すごく柔らかくなっています。

ただヘニャヘニャではなく、コシがありながらも柔らかな“くったり”とした独特の質感です。

触った感じもしっとりとしていて、肌に馴染む感じがします。



SWLのベルトは、厚さ約4.5mmの「Sベンズレザー」という最高級牛革を使っています。

「Sベンズレザー」は革の繊維が密に詰まった、コシの強さが特徴で、

完成したての時は、パシーッと革が自立するくらい固さのある仕上がりです。

ただガチガチに固いわけではなく、しなやかさもある独特の質感なんですね。

コシの強さとしなやかさをあわせ持った質感が魅力の「Sベンズレザー」は、

使うほどに、コシを保ちながらも、しなやかさがさらに増し、

いい感じに質感が変化してくれるんです。

それを一番実感してもらえるアイテムが、この一枚革のベルトだと思います。

未使用の展示品のベルトと並べてみました▼



パシーッとした未使用品(下)と、いい感じにクッタリ感のあるO氏の愛用品(上)、

写真ではなかなか伝わらないかもしれませんが、

触ってみると全然違いますし、触り心地が断然よくなっています。

使うほどに馴染んでくれる革の魅力を存分に楽しんでもらえるアイテム、
それが一枚革のベルトではないでしょうか。


幅や色、バックルの種類やカスタムの有無、色々選んで

あなたも自分らしい一本をつくってみませんか?

ベルトの詳細やオーダーはこちらからどうぞ▼▼▼

☛☛ オーダーメイドベルトのアイテムページ



最後までお読みいただき、ありがとうございました。

SWL leather&silver
Ryuji Tashima leather works


WEBSITE [ SWLのホームページ ] ☛☛ http://www.swl-web.com
レザーアイテムの一覧・詳細・ご注文・製作実例・製作秘話などはこちらから

   



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

SWL leather&silverさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント