唐草&フェザーカービング製作風景 | SWL leather&silver's BLOG

SWL leather&silver's BLOG

ウォレット(財布)、マネークリップ、キーケース、名刺入れ、ベルト、メディスンバッグなど、つくり手の魂を宿すレザーアイテム(革製品)を妥協なきハンドメイドでつくり届けるレザーブランドSWL、クラフトマン田島隆治とスタッフ田島いづみがお届けするブログです。


テーマ:
こんばんは!

SWL leather & silver
エスダブルエル

スタッフの田島いづみです。


今日は、ロングウォレットに唐草とイーグルフェザーをカービング(彫刻)していく過程を

見ていただきたいと思います。


まずは、図案を描いた紙を革の上に置き、上から鉄筆でなぞる方法で、

図案を革に写します。



革に写した図案の輪郭線を、今度は専用ナイフで切り込んでいきます。



次に、専用ナイフで切り込んだ輪郭線の外を、刻印で叩き凹ませ立体感をつけていきます。

様々な種類の刻印を、モールと呼ばれるハンマーのような道具で革に叩きます。



トントントンと優しく繊細に叩く時もあれば、ドンドンと力強く叩く時もあります。

力加減を調整しながら、立体感や質感を革につけることで図柄を表現していくわけです。



このような細かな隙間も叩いて、テクスチャーをつけていきます。



図柄のあちこちを刻印で叩き、最後に専用ナイフによる切り込みで細かな線を刻んで、

カービング作業完了。

繊細さと力強さ、集中力と根気のいる作業工程です。

彫りあがった図柄を今度は染色していきます。

染色でも、図柄が表情豊かにみえるよう明暗をつけたり、表現を加えます。



染料の濃度を調整しながら染めては乾かしを何度も繰り返し、理想の色を目指します。

染めあがったら他のパーツと縫合し、コバ(断面)など細かな部分を仕上げて、完成します。



平坦で肌色だった革に、唐草とフェザーが踊る新たな世界が生まれました。



田島隆治が魂込めて描いた図柄を、魂ごと革に叩きつけ表現するSWLのカービング。

手仕事の力強さと温かさを存分に感じていただける、特別な一品です。



今日ご紹介したロングウォレットの価格や製作実例・オーダーについては
こちらをご覧ください▼▼▼
☛☛ ロングウォレットのアイテムページ



最後までお読みいただき、ありがとうございました。

SWL leather&silver
Ryuji Tashima leather works


WEBSITE [ SWLのホームページ ] ☛☛ http://www.swl-web.com
レザーアイテムの一覧・詳細・ご注文・製作実例・製作秘話などはこちらから

   





SWL leather worksさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント