SWL leather&silver's BLOG

ウォレット(財布)、マネークリップ、キーケース、名刺入れ、ベルト、メディスンバッグなど、つくり手の魂を宿すレザーアイテム(革製品)を妥協なきハンドメイドでつくり届けるレザーブランドSWL、クラフトマン田島隆治とスタッフ田島いづみがお届けするブログです。


テーマ:
こんばんは!

SWL leather & silver
エスダブルエル

スタッフの田島いづみです。


いい味が出たチャーリーデニムからのぞくのは、
こちらもいい味が出たSWLのハーフウォレット。



2週間前に開催した、熊本ジーンズショップ・チャーリーでの展示会[SWL at CHARLIE]
にお越しくださった、I様の後ろ姿です。

1年前に開催した[SWL at CHARLIE 2016]の時に、オーダーいただいたハーフウォレットと、
I様に、約1年ぶりに再会することができました!

「いつもバックポケットに入れて使ってますよ」と約1年ご愛用くださった
I様のハーフウォレット。

取り出して見せていただいた時、その姿に息を呑みました。



美しい!

革の色艶と全体のフォルムが、すごく美しくて、驚きました。

革製品って使うほどに魅力を増すんだ!という事を、
改めて実感させられる、素晴らしい経年変化です。

どんな風に変化しているのか、
その場で展示していた未使用のハーフウォレットと並べて写真を撮らせていただきました。

左が未使用の展示品、右が I様が約1年使ってくださったハーフウォレットです。



艶が出て色味が深くなり、フォルムもI様に馴染んで変化しています。

バックポケットに入れて使う事によって、革が布地に磨かれ艶が出るんですね。

さらに納品時にSWLからお伝えしているメンテナンスもしていただいているとの事で、
気にかけて大切に使ってくださっている事が伝わってきます。



少し横から見たこの写真で分かるように、

最初はパシッと固さがあり直線的な革ですが、
バックポケットに入れて使う事で、お尻の形に合わせて革がカーブしています。



さらに触ると見た目の変化だけでなく、革の質感も変化している事が分かります。
磨かれてツルツルとしているんです。

これは使い心地もどんどん良くなっているんだろうなと思います。

革は人に馴染んできれる素材なんだという事がよく分かりました。



かく言う私自身も、I様と同じハーフウォレットを使用しているのですが、
使い方や頻度が違うと全然変化の仕方が違うんだなという、改めて実感しました。

私のウォレットも並べてみました。

左が未使用、中央がI様ウォレット、右が私のウォレットです



私はウォレットをいつもバッグの中に入れていて、使用頻度も比較的少ないので、変化も少ないんですよね。

使う人に馴染む素材、革。
これからも育てる事を楽しんでいただけたら嬉しいです。

I様、今年も[SWL at CHARLIE]にお越し下さり、
素晴らしい変化を遂げたウォレットも見せていただき、
ありがとうございました!

I様の他にも、ご愛用下さっているアイテムを、多くの方がお持ち下さいました。
またブログで紹介させていただきたいと思っていますので、お楽しみに★


今日ご紹介したハーフウォレットの詳細・オーダーについてはこちらをご覧ください▼▼▼
☛☛ ハーフウォレットのアイテムページ


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

SWL leather&silver
Ryuji Tashima leather works


WEBSITE [ SWLのホームページ ] ☛☛ http://www.swl-web.com
レザーアイテムの一覧・詳細・ご注文・製作実例・製作秘話などはこちらから

   





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

SWL leather&silverさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント