SWL leather&silver's BLOG

ウォレット(財布)、マネークリップ、キーケース、名刺入れ、ベルト、メディスンバッグなど、つくり手の魂を宿すレザーアイテム(革製品)を妥協なきハンドメイドでつくり届けるレザーブランドSWL、クラフトマン田島隆治とスタッフ田島いづみがお届けするブログです。


テーマ:
こんばんは

SWL leather & silver
エスダブルエル

クラフトマンの田島隆治(たしまりゅうじ) です。

昨日からの続きで、本日はI氏がオーダーしてくれたトートバッグの全貌をお届けしたいと
思います★





毎日仕事で持ち歩く資料が多いI氏のために、マチを定番より20mm広くしました。
(左がI氏オーダー品、右が定番)





そしてバッグの口を留めるシルバーコンチョを、直径33mmのものから15mmのものに変更。



I氏愛用のすべてのアイテムに彫らせてもらった「Prego」
今回はレザータグをつくってそれに彫り込み、ハンドルからぶら下げることにしました。





裏面にはSWLのロゴ刻印。



夏場には白シャツを着て外に出ることも多く、その時の色移りが気になるということで、
オプションの肩当ても付けてさせてもらいました。



10月がI氏の誕生月だったので、それまでになんとか間に合うよう製作し、誕生日になった瞬間に箱を開けたいとリクエストをもらったので、前日に届くよう発送させていただきました★

そして、無事に44歳を迎えたI氏が、自身のフェイスブックにこのような記事をUPしてくれてたので、紹介させていただきます。

「私がオーダーしたスペシャルなSWLのトートバッグが、
酒場で話し合い、打合せを重ね、長い月日をかけ、やっと私の手元に来てくれました。
44年間けっこう頑張った(賛否両論あり)自分への誕生日プレゼントです!

これまで彼が造った、財布、小銭入、名刺入、ベルト、キーケース、ブレスレットを愛用していますが、デザインは一級建築士を保有する彼のデザインだけあって、機能的でシンプル、無骨だが洗練され超カッコいい、革は最高級品質、仕事も丁寧、使うほどに肌に馴染み、手染で温もりも感じられる。

何より造り手の意地と心意気を感じられる革製品です!

語弊を承知で言わせてもらうと、そのへんのハイブランドとはレベルが違います(断言)。

そして今回、スペシャルなトートバッグをオーダーしたわけです。
ビジネスでもオフでも使います。棺桶まで使うつもりです。

ありがとう、クラフトマン田島!
また飲もうぜ」




いやぁ、ありがたいです。m(_ _)m

I氏、44年間お疲れ様!オレは賛に一票入れるぜ!^ ^


昨日ブログに書いた「飲み打ち」をした次の日。私が「頭痛てぇ、、」と昼まで寝てた頃、
朝一で現場に行ってたというI氏。

常に日本中を飛び回っているハードワーカーっぷりには頭が下がります。

そんなI氏がこのように言ってくれて、たくさんのSWLアイテムを愛用してくれてるのは、
本当に嬉しいことですし、これらのアイテムがI氏のタフな相棒として、今後どのように
変化していくのかも楽しみです。

I氏、いつもありがとう!

くれぐれも身体を大事に、これからも頑張ってなー!また飲もうぜ★



明日は昨日のブログにさかのぼり、この写真の「飲み打ち」での別のお話を♪


今日ご紹介したトートバッグの詳細・オーダーについてはこちらをご覧ください▼▼▼
☛☛ トートバッグのアイテムページ


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

SWL leather&silver
Ryuji Tashima leather works


WEBSITE [ SWLのホームページ ] ☛☛ http://www.swl-web.com
レザーアイテムの一覧・詳細・ご注文・製作実例・製作秘話などはこちらから

   





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

SWL leather&silverさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント