SWL leather&silver's BLOG

ウォレット(財布)、マネークリップ、キーケース、名刺入れ、ベルト、メディスンバッグなど、つくり手の魂を宿すレザーアイテム(革製品)を妥協なきハンドメイドでつくり届けるレザーブランドSWL、クラフトマン田島隆治とスタッフ田島いづみがお届けするブログです。


テーマ:
こんばんは!

SWL leather & silver
エスダブルエル

スタッフの田島いづみです。


まだあれは桜の花が残っていた4月の中旬、

SWL工房で、ハンドラー中島氏による刺繍イベントを開催しました。

そのイベントにお越しくださった、数々のSWLアイテムをご愛用いただいているA様、

その場でトートバッグをオーダーしてくださったんですね。

ただ現在受注しているトートバッグではなく、

その前に発表した旧モデルのバッグがどうしても欲しいんです!と。

そのご要望にお応えし、旧モデルのトートバッグを納品させていただきました。

こちらです!



今のモデルと、基本的なつくりは同じです。

本体には、柔らかさと重厚感の絶妙なバランスが魅力の革「エルバマット」、

持ち手と底には、厚みと強度のある「Sベンズレザー」、

この2種類の革を組み合わせ、使い心地の良さと丈夫さを兼ね備えたトートバッグです。



この旧モデルは、バッグの口の革も切りっぱなしで、

シルバーコンチョに鹿革紐を巻きつけて留める、今よりも無骨なデザインです。



今のモデルは、布地の内装が付いていますが、

こちらは内装無しのシンプルなつくりです。



内装がない分、今よりも少し大きめのサイズになっていて、存在感があります!

このバッグを見てクラフトマン、やっぱり大きなトートバッグもつくりたいなぁと、

現在のモデルに加えて、さらにドカッとした贅沢なビッグトートを模索し始めています。



受け取ってくださったA様、

「先日納品して頂いた『シンプルで無骨なトートバッグ』、

見て触ってしてすごく満足しています(^^)v。

これから毎日使うことになるので、色合いや手触りがどんな風に変化するのか楽しんでいきたいです。

9月某日に、勤め先で私自身の節目を迎えることもあり、そのタイミングでこのトートバッグに詰め込んで、出勤していきたいと考えています。なので、タイミングもバッチリで、今思えば、納品までの時間も必要な期間だったと感じています。

これから大切に使っていきます。」


と喜んでくださいました。

これからの時を一緒に重ねて、A様らしい色に育ててやってください。

そしてまたその姿に再会できたら嬉しいです!

ありがとうございました。





現行モデルのトートバッグの詳細とオーダーはこちらのページをご覧ください。

☛☛ トートバッグのアイテムページ




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

SWL leather&silver
Ryuji Tashima leather works


WEBSITE [ SWLのホームページ ] ☛☛ http://www.swl-web.com
レザーアイテムの一覧・詳細・ご注文・製作実例・製作秘話などはこちらから

   





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

SWL leather&silverさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント