SWL leather&silver's BLOG

ウォレット(財布)、マネークリップ、キーケース、名刺入れ、ベルト、メディスンバッグなど、つくり手の魂を宿すレザーアイテム(革製品)を妥協なきハンドメイドでつくり届けるレザーブランドSWL、クラフトマン田島隆治とスタッフ田島いづみがお届けするブログです。


テーマ:
こんばんは!

SWL leather & silver
エスダブルエル

スタッフの田島いづみです。


久々にオーダーアイテムのご紹介です。

今年の春に発表したばかりのこちらの「レザーポーチ S・M」に、

初めてカスタムをほどこしたものをつくらせていただきました。



埼玉県のM様からのオーダーは、

通帳3冊と印鑑2本を持ち歩くためのケースをつくってほしい、というものでした。

そこでちょうど良い大きさのレザーポーチSをベースに打合せを進めました。

「自分の働きが入っている通帳を大事にしたいと思い

愛着のわく、ずっと持っていたいものが欲しいんです」
と、

イニシャルなどを入れるカスタムを打合せていたちょうどその時期に、

M様の飼ってらした家族同然のウサギさんが亡くなられてしまって、、

思い出にウサギのカービングを追加してほしいという話になりました。



実は、M様とは先日二人展を一緒に開催したHANDLERさんを通じて知り合い、

ウサギのシルエッとイニシャルをHANDLERさんが刺繍したSWLエコバッグに、

SWLレザーバッジを付けたものをご愛用くださっているんです。

M様が送ってくださった写真▼



お揃い感がでるように、このHANDLERさんが刺繍されたウサギのシルエットを、

ポーチにもカービングさせてもらう事にしました。

ただポーチに使っている革・エルバマットにはカービングをほどこす事ができないので、

通常使っている革・Sベンズレザーに、カービングをほどこしたものを、

カードポケットとしてポーチに付けるつくりで製作することに。

そして完成したポーチ(通帳ケース)がこちらです▼



思い出のウサギに、M様と娘さんのイニシャルを添えて。

家族が一体となった温かい感じがします♪

同じ革に見えますが、ポケットの部分は本体のエルバマットにできるだけ近い色になるよう、

カービング後に手染めしたSベンズレザーです。



他のつくりは定番レザーポーチと同じ。

Sサイズは少し余裕をもって通帳を収納するには、ちょうどいいサイズなんです。

シンプルなつくりに、重厚感のあるTALONジッパーがアクセントに。



さらに、M様からファスナーにフェザーを付けてほしいというリクエストが。

M様、以前にインコも飼ってらして、ウサギと娘さんとインコと仲良しだったんだそうです。

イーグルの羽がモチーフとは理解した上で、インコも一緒にいられるようにと、

インコを想い起こさせるフェザーのリクエストだったのです。



こうして完成した、M様の家族やお仕事に対するたっくさんの想いが詰まった

温かな雰囲気と存在感のある、通帳ケースとしてのレザーポーチ。

実はM様のご希望で、群馬の二人展の会場で直接お渡しさせてもらうことに。

お会いするのも、お渡しするのも楽しみに、群馬へポーチを連れて向かいました。



明日は、群馬二人展の会場でM様にお渡しした時のことを書きますね。

お楽しみに!



本日ご紹介したレザーポーチについて、
詳細とオーダーは、こちらのページをご覧ください
☛☛ レザーポーチ の商品ページ



最後までお読みいただき、ありがとうございました。

SWL leather&silver
Ryuji Tashima leather works


SWLWEB [ SWLのホームページ ] ☛☛ http://www.swl-web.com
レザーアイテムの一覧・詳細・ご注文・製作実例・製作秘話などはこちらから

   





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

SWL leather&silverさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント