家族をそっと見守るフェザー | SWL leather works BLOG

SWL leather works BLOG

【次の世代まで愛用したいタフで美しいハンドメイドレザー】を製作している京都一乗寺にあるSWL(エスダブルエル)の日々を綴ったブログです。財布、キーケース、名刺入れ、ベルト、バッグなどを、厳選した革と妥協なきハンドメイドで形にしています。


テーマ:
こんばんは!

SWL leather & silver《 Ryuji Tashima leatherworks》
エスダブルエル

スタッフの田島いづみです。


先日納品させていただいたこちらのレザートレイ、

フェザーカービングの横に、文字が刻まれていますが、

何を彫らせていただいたかというと、、



オーダーしてくださったM様一家のお名前です。

お父さんとお母さんと、5人のお子様達のお名前が刻まれています。

リクエストで、ハートマークも彫らせていただきました。



愛情で結ばれた家族を、フェザーが守ってくれている

そんな雰囲気に仕上がりました。

実際に、そういった想いや願いを込めて彫らせていただきました。



この田島隆治のフェザーカービングは、

イーグルフェザー(鷲の羽根)をモチーフとしています。

地球上で最も高く飛べる生き物である鷲の羽根は、

ネイティブアメリカンの人々の間で、尊ばれ、自由や勇気の象徴とされてきました。

このフェザーを彫り込んだアイテムを手にした人が、

冒険心を持って、人生を楽しむための御守りになるように、

ひとつひとつ心を込めて、フェザーを彫っています。


このフェザーが、M様一家をそっと見守る存在であってほしいと願います。



手にしてくださったM様からは、こんなご感想をいただきました。


「たった今届きました!ドキドキしながら拝見。

素晴らしいではないですか!

どの角度から見てもカッコ良すぎます。

田島さんの丁寧な仕事に感動しました ^_^

大事に大事に使わせていただきます。」



すごく励みになるお言葉に嬉しくって、二人で小躍りしちゃいました。^^

この他にも多数、フェザーカービングをほどこしたアイテムをオーダーし、

完成を待ってくださっているM様。

また魂込めてフェザーを彫らせていただきます!

M様、ありがとうございました。





今日ご紹介した「レザートレイ」について、
詳細やご注文はアイテムページをご覧ください。

>> オーダーメイドのレザートレイ

お店のマネートレイとして、お家で使うトレイとして、
世界に一つだけのオーダーメイドのレザートレイ。

贈り物にも好評です!




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

SWL leather&silver
Ryuji Tashima leather works


ホームページはこちらから ▶︎▶︎▶︎ http://www.swl-web.com



▶︎ 些細なご質問だけでもお気軽にどうぞ お問合せはこちら

▶︎ フォローお待ちしています!   




SWL leather worksさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント