Top of Interlaken

インターラーケンからHarder Kulm/ハーダー・クルム(1322m)へアップ

 

時計15時頃

たくさんの人が同じ目的でケーブルカーケーブルカー乗り場へ急ぐDASH!

 

 

ケーブルカー標高差755m約10分で結ぶケーブルカー。

 

2008年に100周年を迎えたHarderbahn/ハーダーバーンの記念のカウベルが

飾ってある。

 

 

上り、最後部(写真で人が座っているあたり)に座ってみる。

秋色に染まった木々の間をドンドン上っていくアップ

 

トンネルを抜けると、Jungfrau Park目

 

そして木々の幕が開かれると・・・

ユングフラウらが顔を出し(座っている位置の右手)、ブリエンツ湖アーレ川ニコニコ

 

 

ケーブルカーの中では、上を見上げると、雲や木々のカーテンも音譜

 

ひらめき電球インターラーケンといえば、アジアからの観光客が多い観光スポットビックリマーク

 

車内のアナウンスはドイツ語から始まり、数か国語でのアナウンスがあり、

中国語のあと、最後に日本語が流れるチョキ

 

 

下山するとき、

ハーダー・クルム駅の乗り場付近の掲示板には手書きの日本語の文字を発見チョキ

(上からドイツ語、フランス語、英語、日本語)

 

昨日は、日本人カップルを一組見かけたが、中国からの観光客がたくさん訪れていた。

 

続く

 


今回の内容は面白かったチョキラブラブと思われたら・・・
ヨーゼフわんわんアルプホルン音符クリック一票ビックリマーク

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
上矢印応援クリックよろしくね下矢印

 


💙

 

 

 

📷2017.10.05
ひらめき電球ハーダーバーン情報.

メモ今回の旅ルート

 

 

 

AD